【CAとの体験談】井川遥似、巨乳客室乗務員の元カレの悩み相談にのったお返しとしてパイズリを要求《前編》


前の会社に勤務していた約2年前までの体験です。

私は竜と言います。

当時25歳でした。

私は掘りが深く、阿部寛さんに似ているとよく言われます。

お相手

Yさん

当時28歳でした。

国際線の客室乗務員さんです。



芸能人で誰に似てるかといえば難しいですが、尾野真千子さんと井川遥さんを足して2で割って、キリッとさせたような綺麗な方で、仕事では社交的ですが、プライベートだとワイワイと盛り上げ役な騒がしい方です。

スタイルは素晴らしく、全体的に細身ですが、胸だけは大きかったです。

冬場は、ニットを着用している事が多いので膨らみが強調されていて、目の保養でした。

Yさんと出会ったのは、私共の会社の商品を客室乗務員の方々に宣伝するという企画で、数人の客室乗務員の方々にサンプルを使って頂く事になり、その中にいらしたので知り合いました。

企画の内容はあまり話せません。

初めてお会いした時もニットを着用していたので、思わず見とれました。

その時に、Yさんをはじめその場にいた方全員が私共の製品を気に入ってくださったので、名刺を渡して定期的に連絡を取っていました。

もちろん業務の範囲内です。

その後、サンプルの回収に伺った際にYさんがアンケート等を纏めて渡して下さいました。

その時、Yさんに今度合コンしましょうと持ち掛けた所、Yさんも同期を集めてくださるとの事で、ラインを交換しました。

私はYさん狙いだったので、その時は嬉しかったのですが、連絡を取っているとYさんには彼氏がいました。

Yさんは私の下心等は知らないので、同期を集めて下って、約2ヶ月後に4対4で合コンを行いました。

こちら側は私の同僚です。

Yさん達よりは年上の独身の先輩を呼びました。

向こう側はレベルが高く、先輩方も気分良く盛り上げて下さいまして、合コンは成功だったと言えます。

そのメンバーの中でお付き合いした人はいませんでしたが、友達になったので、合コンが終わってからも、飲み会やハイキング、バーベキュー、祭、先輩の家で宅飲み、温泉旅行等、グループで遊びに行く事が多かったです。

Yさんやそれ以外の女性人も宅飲みの時は無防備な事が多く、胸元がルーズでブラや谷間が丸見えだったり、ブラが透けていたり、ミニスカートでお姉さん座りをしてパンツ丸見え状態な事も多々ありました。

酔っている時にお尻を触る何て事もあり、4人のお尻を触った事があります。

私だけではなく、先輩達も触っていますが、お尻に関してはYさんよりもフワフワで素晴らしいお尻の持ち主がおりました。

その方はお尻に自信を持っていたので、何度も触らせてくださいましたw

また、バツゲームで、女性4人から私だけチンチンを触られた事がありますw

勃起させられました。

4人ともお酒が好きで、酔っ払うと砕けて何でもありでしたw

恥ずかしい思いもしましたが、そんな事があって、正直に言うと私は全員をズリネタにしていました。

特にYさんがズリネタでしたが、次いでお尻の方、その他の順で皆美人だったのでズリネタにしていました。

悔しかった事は、私がチンチンを触られるというバツゲームを受けた後に、Yさんの胸を先輩が数秒間触るというバツゲームがあり、先輩が嬉しそうにしていたニヤケ顔は憎悪を感じました。

こんなに砕けていて楽しかったグループが崩壊したわけではありませんが、時間と共に集まりが悪くなり、先輩の異動もあって、2年でほとんど集まらなくなりました。

ラインのグループもほとんどトークは無い状態でした。

私も、グループはそんなものだと割り切って忘れかけていある日、Yさんからラインが来ました。

私に相談したい事があるという事で、2人で飲みに行きたいという話で、行って来ました。

私はその時27歳で、Yさんは30歳です。

店は特に予約しなかったのですが、私の会社の近くまで来てくださったので、会社近くの華の舞に行きました。

2人席の対面でテーブルで、乾杯したらいきなり相談でした。

Yさんの相談とは、元彼です。

知らなかったんですが、一年前に別れていて、フラれてしまったようでした。

散々愚痴を言って、未練があるのが見え見えです。

華の舞で4時間しゃべっても話足りなかったらしく、Yさんから「今日オールしない?」っと言われました。

喋りたいならカラオケじゃないと思ったので、「ここから近いんで、俺の部屋で喋りますか?」っと提案しました。

Yさんは「いいの?」っと聞いてきたので、「いいですよ。」っと私のマンションに来ました。

マンションの一階で缶を買って行きました。

私の部屋で、テレビを流しながら缶を開けてからも、何がいけなかったのかと元彼の話は続きました。

時折、昔グループで遊んでいた時の話題も挟みましたが、圧倒的に元彼の話が長かったです。

誰かに話を聞いて欲しいんでしょうね。

お酒もかなり飲んで、Yさんは壁にもたれてお姉さん座りで、ベージュのパンスト越しにパンツ丸見え状態でした。

私は下着は黒というのがセクシーで最も好きです。

話は聞いて相づちを打っていましたが、ずっとパンツを見ていました。

話が途切れた所で、シャワーを浴びる事になり、私から先に浴びて、Yさんは後からシャワーを浴びました。

バスタオルと、秋だったので着替えには下はグレーのスエット、上は白のプリント長袖Tシャツを貸しました。

予定通り、黒いブラが透けていました。

シャワーから出て、午前2時までお喋りして、寝る事になりました。

Yさんは床で寝ようとしていましたが、「寒いから一緒にベッドで寝ましょう。」っとセミダブルのベッドに2人で寝ました。

布団を被っても直ぐに眠りにはつかず、「今日は泊めてまで貰ってごめんね。」っといった話をしていました。

私も「楽しかったですよ。」っと返していました。

Yさんは「この仮はいつか返す。」っと言っておられたので、私は「何で返すんですか?」っと尋ねると「何がいい?」っと質問に質問で返されました。

私は前から気になっていたYさんの胸を触りたいと言おうと思いました。

私は「あるにはあるんですけど。」っと言おう言おうとしていましたが、口に出して良いのかとためらいました。

そんな私に、Yさんは「私に出来る事なら何でも言って。」っと後押しして来ました。

私は「轢きませんか?」っと念押しすると、Yさんは「えー。何?」っと何度も聞いてくるので、私は気まずくなった時の不安を払拭し、「胸を触らせて欲しいです。」っと言いました。

今まで紳士的装いをしていたのが、この時に崩れてしまいました。

すると、「あ、やっぱりエッチな事だw」っと途中で察していたそうです。

「竜ちゃんのエッチィーw」っと言われました。

しかし、Yさんは「触っていいよw」っと触らせてくれました。

Yさんがこっちを向いていたので、正面からTシャツとブラ越しに鷲掴みにして、揉みました。

本当に大きく、身体は細いのに胸だけはたわわに実っていました。

私はYさんの胸を触っている最中に「前から気になってたんですけど、Yさんって胸大きいですよね?」っと訪ねました。
Yさんは「私、以外と大きいのw」っと自覚していました。

私が「何カップなんですか?」っと訪ねると、Yさんは「Gカップw」っと言いました。

大きいはずだと思いましたし、夢中になって触りました。

予想以上に巨乳だったために、力んで私の胸を揉む力が強くなってしまって、「やんっ。強く揉まないで。優しくしてっ。」っと注意されました。

私が服の中に手を入れ、ブラ越しに触ると「ブラ外そうか?」っとYさんが言ってきました。

私は「後で外したいです。」っと外す楽しみを残しました。

Yさんは「エッチィw」っとだけ言って、私に胸を触られ続けました。

ブラを外す際には、Yさんに背中を向けて貰い、ホックを外し、外したら脇から手を入れて、後ろから胸を揉みました。

直接触ると、マショマロのように心地良い弾力で、強く揉んだら元の形に戻ろうとする力が少し感じられました。

この状態で、Yさんの初体験や経験人数など普段聞きにくい話を聞きました。

初体験は高3で、経験人数は4人でした。

また、この4人のチンチンは谷間に挟んだ事があるのも聞きました。

未練のある元彼もその中に入ります。

元彼は皆、Yさんが挟んで上下に胸を動かすと、自分からも動かして来て、射精するそうです。

私も「俺にも後でしてくださいよ。」っと予約しました。

Yさんは「いいけど、今日、すごくエッチだね。」っと言ってきました。

私は、どれだけ興奮しているのかを認識させるためにYさんにズボン越しにチンチンを触って貰いました。

Yさんは「こんなおばさんに興奮してるの?w」っとちょっぴり嬉しそうでした。

また、「前に竜ちゃんのオチンチン触った時もカチカチだったよねw」っと恥ずかしい過去を引っ張り出して、「触られるの好きなの?w」っと言いながらチンチンをいやらしい手付きで触り、反転してズボン越しにしごいて来ました。

まさかYさんとエッチ出来るんじゃないかと期待を募らせ、Yさんを抱き寄せてキスをしました。

数回軽くキスをしたら、舌を絡ませるキスをしました。

Yさんのスエットパンツの中に手を入れ、パンツの上からアソコをなぞると「アンッ。」っとキスをしている最中に声が漏れ、パンツは濡れていました。

私が「濡れてます?」っと訪ねると「胸触られ過ぎて濡れちゃった。」っと恥ずかしそうに目線をそらして、ちょっぴり可愛いかったです。

可愛いかったので「可愛いですね。」っと再度ディープキスをし、アソコを触り続けました。

パンツの中に手を入れ、アソコを指でグリグリと刺激すると「アンッ。アンッ。アンッ。」っと声が漏れていき、キスを止めると「アアンッ。アンッ。気持ちいいっ。」っと喘いでいました。

私はアソコを徹底的に刺激し、Yさんの長袖Tシャツを捲り上げて乳首を舐めていました。

しばらくこれを続けていると「ダメェっ。おかしくなっちゃうっ。ダメェっ。アアンッアアンッ。」っとYさんは逝ってしまいました。

Yさんは「はあ。はあ。はあ。気持ち良すぎたよ。頭がおかしくなりそうだった。はあ。はあ。」っと肩で息をしていました。

私が「Yさんだけ気持ち良くなって。」っと「ここに入れたいです。」っと言うとYさんは「いいよ。入れてぇ。」っとエッチさせてくれる事になりました。

ズボンとトランクスを脱ぎ捨て、Yさんのスエットパンツとパンツを脱がせ、アソコに入れました。

Yさんのアソコがかなり濡れていたのと、チンチンがカチカチだったのですーっと入りました。

入れたと同時に「アアンッ。大きいっ。大きいっ。」っと声を出して私のチンチンで感じていました。

美人揃いの仲間内の中でも、一番好みだったYさんとエッチが出来るなんて夢のようでした。

Yさんのアソコにチンチンを抜き差ししていると「気持ちいいっ。」っと声を出してくれたり「やだっ。ダメェっ。」っと声を出して感じてくれて、Yさんとエッチが出来るだけで幸せでした。

抜き差しの速度を上げると「アアンッ。アアンッ。もっとっ。もっとっ。」っとYさんから激しくする事を求めてきたので、無我夢中で抜き差ししました。

初めてYさんとエッチするので、もっとエッチしてこの興奮を味わっていたかったんですが、Yさんとエッチする事に興奮を抑えられずに、早くも逝きたくなってしまいました。

エッチ中に目の前で胸がブルンブルンと暴れているのも視覚的に興奮しました。

あれは見ているだけで、気持ち良いです。

私は一度抜き差しを止めて静止すると、Yさんが「なっ。何で?」っと止めないでという目で私を見ていました。

私が「逝きそうなんでw」っと言うと、Yさんは「逝っていいから思いっきりやってぇ。」っとせがんできたので、高速で抜き差しを繰り返し、「逝く。逝く。Yさん。もうっ。もうっ。」っと限界までエッチしました。

Yさんは「アアンッ。アアンッ。もっとしてぇ。アアンッ。いいっ。」っと感じていて、ギリギリでチンチンを抜くとYさんの股に精子を出しました。

こんなに気持ち良いエッチは初めてでした。

私がティッシュで精子を拭っていると「気持ち良かった。」っとYさんも満更では無いようで、チンチンをフェラで綺麗にしてくれました。

フェラされて、また勃起してしまい、Yさんに「元気だねw」っと言われました。

そして、再度エッチになり、正常位で入れて抜き差しし、バックで後ろから抜き差しし、騎乗位でYさんが動いて抜き差し、最後に正常位に戻って抜き差ししました。

一度エッチした後でしたので、今度は長くエッチ出来ましたが、とうとう逝きそうになり、「はあ。はあ。思いっきり抜き差しして、逝っていいですか?」っと訪ねました。

Yさんも「アアンッ。アンッ。いいっ。いいっ。」っと答えたので、最後はフィニッシュに向けて全力で抜き差しをしました。

私のチンチンが奥まで入るのに合わせて、「パチンッ。パチンッ。パチンッ。」っと打ちつける音が鳴り響き、Yさんの豊満な胸が揺れていました。

Yさんの乳首を目でおいながら、夢中で抜き差しをしていると、チンチンに精子がこみ上げてきました。

逝く直前でチンチンを抜き、Yさんの口にチンチンを入れて精子を出しました。

Yさんもチンチンを吸って精子を絞り出してくれたのが気持ち良かったです。

Yさんは精子をティッシュに精子を吐き出して、2人とも力尽きて寝ました。

翌朝は私が先に起きて、Yさんの胸を触っているとYさんも目を覚まして、エッチになりました。

特に昨夜と変わりは無く、正常位で2回エッチしました。

朝勃ちもあり、チンチンが大きくなっていたので、Yさんからは「昨日より気持ち良かったね。」っと言ってくれました。

エッチした後でしたが、私はYさんの事が昔から気になっていたので、自分の気持ちを伝えました。

Yさんからの返事は、考えさせて欲しいとの事で、次会う時にまで返事をすると言われました。

そして、Yさんとは昼までキスを繰り返し、胸を触り、帰るまでにもう一度エッチをしました。

Yさんは帰り、次に会うのが楽しみでした。

次に会うまでが長く感じられ、Yさんから次に会えるのは約2週間後と言われました。

2週間の間、Yさんとはかなりエッチな内容のライントークをするようになり、Yさんと会うまでにライントークの内容がオカズでした。

【CAとの体験談】井川遥似、巨乳客室乗務員の元カレの悩み相談にのったお返しとしてパイズリを要求《後編》へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!