【隣の人妻との体験談】ベランダから見える奥さんのパンチラでオナっているのがバレていた…結果wwwww


私は28歳のバツイチです。新築の家を建て2年で離婚。

隣には46歳の奥様が住んでいます。清楚な感じで結構美人です。

主人は単身赴任で海外に行っているようで子供はもう独立しています。

何時もベランダにはレースの付いたパンティーと真っ白なスリップが干してありました。

奥さんを見ると何時も下着を想像してしまいます。



私の部屋からベランダは斜め45度方向になりたまたま有給休暇で家でのんびりしているとベランダでスリッパの足音が聞こえ何気なく見上げると奥さんが洗濯物を干しておりました。

なんとスカートの中が丸見えでひらひらのフレアスカートの中が風に揺られてスリップのレースが見えておりました。

こちらにおしりを向け屈んだ瞬間真っ白なパンティーが丸見えになり思わず眺めてしまいました。

そのとき奥さんが突然こちらを向き目があった瞬間、何もなかったかのように「おはようございます」と声をかけてきてました。

その場はそれで終わり私は耐えきれずに自己処理をしてしまいました。

それからは休みの日は奥さんが洗濯物を干すのを狙って隠れて何時も見ておりました。

スリップ、パンティーも三枚をローテーションしているようでレースの柄も知り尽くしました。

ある日ゴミを捨てに行く途中で奥さんにお会いし「もしよかったらお茶でもどうですか」と誘われ自宅にお邪魔することになりました。

台所でお茶を入れる後ろ姿には白いブラウスからスリップのレースが透けておりました。

見ただけでスリップのレースが頭に浮かんできます。

今日はどのパンティーを履いているかと想像すると私のアソコが堅くなるのがわかりました。

奥さんは、私に「離婚して一人で寂しいでしょ」

「以前にベランダでの私の姿を見て自己処理しているのを実は見てしまったの。あれからあなたが気になり私もその姿を想像しながらやってしまったわ」

と言ってお茶を持って来て私の横に座りました。

奥さんは私のアソコを見つめ右手で優しく私の堅くなったものを触り始めました。

「あら、もう堅くなってるのね、こんなおばさんでも魅力を感じてくれるのね。」と言ってお互いキスを始めました。

我に戻り、「奥さん、ご主人さん....」

というと「お互い離婚の裁判中で心配ないわよ」と言ってさらに深いキスになりました。

私が奥さんのブラウスのボタンを一つずつ外していくとたっぷりのレースの付いた白いスリップと白いブラジャーが見えてきました。

「ごめん、これキャミでなくおばさんが履くスリップ」と言って恥ずかしがっておりましたが、「前妻も時々履いておりましたので」と言うと、私の前で奥さんは、スカートを降ろしました。

スリップのレースが綺麗な脚にまとわりつき、本当に綺麗でした。

そのままの姿で私のズボンを降ろしトランクスから逸物を出し優しく手で触り出しました。

その奥さんの姿は、スリップにパンティーのレースが透け何ともいえない色気を感じました。

その姿を見ていると我慢ができなくなり「奥さん逝きそう」と言うと、優しく口に含んでくれその舌使いは最高で私の逸物は最高の大きさになり爆発寸前でした。

私をソファーで横に倒し、わざとパンティーが見えるように座り直し再び私の逸物を基部から先端まで舐め始めました。

なんと奥さんのアソコはパンティーがかなり濡れており自分の左手で触り出しました。

よがる奥さんの姿は何ともいえない魅力を感じ、私はスリップを捲り上げパンティーを脱がし奥さんのアソコを触るともうビショビショで少し触っただけで奥さんは軽く逝ったような気がしました。

そのときの声が魅力的で、私は自分の口を恥ずかしがる奥さんのアソコに持って行き優しく舐め始めました。

「あ~ん、ダメ、逝っちゃう。」

「最高、我慢できない。」

「早く入れて。」と言ってきました。

愛液でスリップは汚れ、ブラジャーを外し、スリップを胸までたくし上げ、「奥さん、スキンないけど」と言うと「早く入れて、我慢できない。生でいいから」と言ってきました。

奥さんを下にして脚を軽く広げそっと挿入するとヌルヌルと、暖かい感じで締まりもよく、最高に私も感じておりました。

正常位で数分ピストン運動をしていると突然奥さんが私の背中に手を回しきつく抱きつきながら腰を動かし「もうダメ、逝きそう、もっと激しく、もっと」と言いながら腰を動かしもっと強く抱きついてきました。

私はその声と、態度に我慢ができなくなり、「奥さん逝きそうだから、腕の力を抜いて」と言うとますます強く握り、「私も逝く~、抜いたらダメ、もう少し、もう少し、ダメ、ダメ」と言って私も奥さんも同時に中に出し逝ってしまいました。

私がそっと抜いて仰向けになると奥さんはスリップをちゃんと着直してスリップの裾で私の精子を優しく拭き取ってくれました。

「中に出してしまったけど大丈夫ですか」

と聞くと「ちゃんと生理が来る数日前にあわしてあなたを誘ったから大丈夫よ」と言ってシャワーを浴びに行きました。

お互いシャワーを浴びた後は奥さんの手料理を食べお酒も入り、奥さんが「また私のお相手をよかったらしてくれる?」と聞いてきたので私は「喜んで」と即答してしまいました。

次の日の朝奥さんの昨日愛液で汚れたスリップが風になびいて干されておりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美保さんは指先でクリを押さえ、手全体を左右に激しく動かしていた。

そんな光景をみた俺は、一気に限界に近づいた。

「俺、もうイッちゃいます」と言うと美保さんも「私もイク~~」

その声で俺はチムポを抜き、美保さんの下っ腹に近づけると、なんと美保さんはチムポを握り、自らの腹に向かって手コキでイカセテくれた。

……その後、一緒に風呂に入り、フェラ~立ちバックで二発目。

ベッドに戻ってから丁寧におまんこをクンニしてあげ、69~騎乗位~バック~正常位といろんな体位を楽しみ三発目。

その間美保さんは何度もイキ、終った後もお掃除フェラまでしてくれてさすがに2人とも疲れ果て、就寝したのは4時すぎでした。

次の日の朝、お互いグッスリと眠ってしまい、起きたのは9:20頃だった。

俺は寝る前に、朝起きたら軽くエッチして、シャワー浴びてから帰ろう…なんて思っていたのだが、当然そんな余裕もなく、互いに慌ただしく洗顔と歯磨きだけして着替え始めてい時のこと…。

美保「うわ~、まだ完全に乾いてないよ~」美保さんはパンティを見てそう言った。

俺「あんなに濡れたからしょうがないよ」この時はもうタメ口。

美保「えぇ~、これ穿くの嫌だな~」と言うので

俺「だったら穿かなくていいんじゃない?家帰るまで車だしさ」

美保「ん~、そうしようっかな…」

戸惑ってはいたが、結局ノーパンでチェックアウト。

家帰るまで…とは言ったものの、ノーパンの女性と一緒に行動できる事なんて滅多にある事ではないので、頭の中は良からぬ考えで一杯だったが正直、美保さんの家庭の事も気になっていた。

俺「今更こんな事言うのもあれなんですが…旦那さんから連絡ないんですか?出張とは言っても連絡くらいはありますよね?」

美保「ホント今更だね。連絡なんてこないよ。帰る前には連絡くるけど出張先から電話くる事なんて今は絶対無いと思う」

俺「そうなんですか?そんなに忙しいんですかね?」

美保「それはわからない。結婚する前は結構連絡くれたんだけどね…」

俺「新婚さんなのに…俺だったら毎日連絡しちゃいますけどね。」

美保「気使ってくれてありがと。でも、もう旦那の話はやめよ」そう言ってくれて、俺は正直ホッとした。

美保さんの家庭を壊すつもりでこのような関係になった訳ではないのが、どこかに罪悪感はあった。

…そんな会話をしつつも、車は家とは別の方向へ向かっていた。

俺「さて、今日は何処行きましょうか?」気がつけばまた敬語でした。

美保「そうだね、あんまり天気良くないし、どうしようか~」

俺「ちょっとドライブでも行きましょうか」ノーパンの事は言わずにいたが

美保「あっ!それもいいけど、一旦、部屋に戻らないと」気付かれた・・・

俺「えっ?何で?」すっとぼけてみた。

美保「だって、穿いてないから…ね」

俺「あっ、そうだったね」と気付いたふり。

俺「すいません。俺、そのことすっかり忘れてたから今、家とは全然違う方向走ってます」

美保「マジで!?今から戻れないの?私全く道とかわかんないんだけど…」

俺「戻れない事ないけど…そうだ!この際、新しい下着見に行きません?俺プレゼントしますよ!」

なんて言ってみた。

美保「えっ、いいよそんなの!家帰れば済むことだから」

俺「でも、実はもう結構家から離れちゃってるんですよ。買いに行った方が早いと思うけど、ダメですかね?」

さすがに美保さんはノーパンで出歩く事に抵抗があったようで

「お願いだから戻ろうよ」などと言っていて、かなり困ってはいたが車は既に某所の駅のそばまで来ていたので、

「駅前のデパートに売ってますよね?そこで買いましょうよ」

そう言ってデパートの駐車場に車を入れ、ノーパンの美保さんと一緒に店内へ。

美保「なんかすごい恥ずかしい…」

俺「誰もノーパンだなんて気付いてないから大丈夫ですよ」

美保「ちょっと!そんなこと言わないでよ!」そう言って恥ずかしそうに俺に腕を組んできた。

俺はノーパンの女と一緒に歩いている現実に興奮し股間がムズムズして堪らなかった。

俺は下着売場へ行く前にわざとデパート内をウロウロしようと思ったが、美保さんは俺の腕を引っ張り下着売場へ急いだ。

下着売場には結構客がいたので(女性ばかり)俺は他の客の目線も気になり、目のやり場に困っていた。

しかし、買ってやるからには少しでもエッチィなヤツをと考えていたので

俺「どうせなら、今まで穿いた事のないようなヤツにしたら?」と言ってちょうど目の前にあった美保バックを指差した。

「え~、これはムリだよ~」とは言うものの、その下着を手に取り「これイヤラシイね~」と言ったので

俺「美保バック穿いた事ないの?」

と聞くと「ないよ~こんなの~」と言っていたが、なんか興味あるようにみえたので、美保さんの耳元で俺「イヤラシイ美保さんにはピッタリだと思うよ」って言ってみた。

美保「ちょっと、やめてよ~」顔を赤らめキョロキョロと周囲を気にしていた。

俺「美保バックにしましょうよ!美保バック穿いた美保さん見てみたいし」本音。

美保「そんなこと言わないでよ…」まんざらでもなさそうだったので俺はこの時はもう周囲の目も気にせず、美保バック選びに夢中になってた。

結局、前側がレースで透けた赤の美保バックと、それとお揃いのブラに決定。

美保さんはかなり渋ってはいたが、無理矢理試着させてからご購入。

ちなみに、試着したとこは見せてくれませんでした。

会計を済ませ後、早速…美保「ちょっとトイレ行って穿いてくるね」そう言ってトイレへ。

トイレから戻ってきた美保さんは、なんか微妙な表情をしていた。

美保「ごめんね。下着なんて買って貰っちゃって」

俺「そんなことはいいんですけど、どう?穿き心地は?」

美保「なんか落着かない…」

俺「食い込んでます?。」

美保「うん。そんな感じかも。」

俺「濡れちゃってるんじゃない?」

美保「それはない。でもさ、今日の朝、シャワー浴びれなかったんだよね」

俺「そう言えばそうですけど…なにか問題でも?」

美保「せっかく新しい下着なのに…」

俺「汚れちゃうって事ですか?」

美保「そういうこと」

俺「でも、どうせ下着は汚れる物だし、今日も汚しちゃうんでしょ。」

美保「ちょっと何言ってるの~変な事言わないでよ。」

そんなエロトークしながらデパート内を見て回っていたらちょうどお昼時になったので、そのままデパートの食事街で昼食しその日の夜は、美保さんが俺の部屋でカレーを作ってくれると言うので、その後、大きなスーパーへ行って食材や酒を買いを買込んだ。

PM6時過ぎに家へ戻り、美保さんは「着替える」と言って一旦自分の部屋へ行こうとしたので「下着は着替えないでね」

と言うと「はいはい」と言って笑ってた。

俺もラフな格好に着替えビール飲みながら美保さんを待っていた。

15分後、美保シャツにスウェット、髪を後ろに束ねた美保さんがやってきて「さぁ、作りますか!」どうやらシャワーは浴びてないようでした。

マジでウマーな美保さんお手製のカレーを食べ終わり、美保V観ながら2人でマッタリとビールを飲んでいて、ちょっとホロ酔い気分になってきたので

俺「そろそろ下着姿みせてくださいよ~」

美保「恥ずかしいからダメ~」

俺「暗くしますんで…」

俺はカーテンを閉めてから美保Vを消しリビングの照明を暗くした。

俺はソファーに座っている美保さんの前に立って両手を差し出すと美保さんは素直に俺の手を取り立ち上がった。

美保さんの腰に両手を回し体を引寄せキスをした。

俺は美保シャツの下に手を入れて、ゆっくりと美保シャツを捲るように脱がせていくと、美保さんは何も言わずにそれに応じた。

美保さんの胸には先程購入した美保バックとお揃いの赤いブラ。

俺「すごく似合ってますよ」

美保「ありがと」そう言って、今度は美保さんから唇を重ねてきた。

俺は再び腰に手を回し、スウェットをゆっくりと脱がせた。

俺が美保さんの全身を舐める様に見ていると

美保「そんな見方しないでよ~。」

俺「マジで最高に似合ってますよ!」

美保「でも、そんなに見られると恥ずかしいよ」

俺「そうですか?もっと良く見せてくださいよ~!」

そう言って美保さんに後ろを向いてもらい、美保バックをマジマジと眺めた。

俺「うわぁ~これスゲ~ヤラシイですね~」そう言うと美保さんはお尻を手で隠し「そんな言い方しないでよ~」って笑ってた。

俺は美保さんを後ろから抱きしめ、首筋にキスしながら

俺「こんな格好の美保さん見てたら、すごく興奮してきちゃいました」

美保「ホントに?こんなのでイイの?。」

なんて言うので俺は硬くなったチムポを美保さんの腰あたりに押付けて、

俺「充分ですよ!美保さんはこういう下着着けて興奮しません?」

美保「ん~、まだ落着かないっていうのが本音かな」

俺は右手を美保バックの上からおまんこに当てて、

俺「これはどう言う事ですか?」すでに湿っていた。

美保「それは下着のせいじゃないと思うけど…」

俺「そうなんですか?」右手を美保バックの中へ入れ濡れ具合を確かめると、そこはもう充分に臨戦態勢になっていた。

俺はその汁でクリを充分に濡らし、優しくクリを弄っていると、

美保「そんなにしたら立ってられないよ…」

俺は美保さんの手をスファーにつかせ、お尻を突き出すような格好にさせた。

そして、俺は着ていた服を脱ぎながら、突き出たおまんこに顔を近づけると、

美保「それはダメ!汚いよ~」そう言ってはいたが、強く抵抗する訳でもなかったので俺は美保バック越しにおまんこに吸いつき、舌や唇で愛撫した。

俺「すごいヤラシイ匂いしますよ~」

美保「そんな事いわないでよ…だからダメだって…」と言うものの明らかに感じている様子だったので、美保バックを横にずらし中の具合を確認すると、おまんこから美保バックへ糸が引くほどのグチャグチャ状態。

それを見たら俺は更に興奮してしまい、夢中でおまんこを舐めちゃいました。

美保「もうダメ…早く…して…」

俺も正直早いとこ入れたかったのだが昨日の様子から、どうやら美保さんは言葉のMっけがありそうだったので俺「欲しいの?」ちょっと焦らしてみた。

美保「うん。欲しい…」美保さんの腰が少し動いていた。

俺「何が欲しいの?」チムポをクリに擦りつけると美保「もぉ~意地悪しないで…」自らおまんこを押付けてきた。

俺「何を何処に欲しいの?ちゃんと言ってみて」

俺はおまんこの入口やクリを刺激し続けていたのだが美保「入れて…早く入れて…」そう言って、おまんこを突き出してきたのですでにマン液でコーティングされていたチムポが、ヌルッと一気に入ってしまった。

美保さんは「ん~~」と押し殺したような声をあげ、ソファーを両手で掴み顔をソファーに押し当てていた。

俺はもう少し焦らそうと思っていたので、

俺「ちゃんと答えてからじゃないとダメですよ。」

チムポは入っているものの、俺は腰を動かさないでいると、

美保「して、イッパイして…」自ら腰を使いチムポを出し入れしてくる。

俺「そんなに欲しかったの?」俺はまだ腰を使わない。

美保「うん…だから…して…」美保さんの動きは止まらない。

俺「気持ちイイの?」

美保「すごく…気持ちイイよ…」腰の動きが異様にヤラシイ。

俺「どこが気持ちイイの?」もう突きまくろうかと思ったのだが、

美保「全部…気持ちイイ…あぁ~早く…して~」

俺「もっと気持ち良くなりたい?」

と聞くと「うん」と答えたので、

俺「じゃあ、どうしてもらいたいのか言ってみて?」

そう聞いてみると、美保さんは少しずつ壊れたてきたのか、

美保「チンポ入れて…イッパイして…」もう入っていたのだが。

俺「何処に入れると気持ちイイの?」

美保「意地悪しないで…オマンコに…入れて…」

後半ちょっと小声で、

俺「えっ?どこに?」聞こえないフリ。

美保「もぉ~聞こえたでしょ~」そう言って俺の方を見たので、

俺「その顔、すごく可愛いよ」俺はもう限界でした…。

美保さんの腰を両サイドから抱え、ガンガン突きまくりました。

その動きに併せて、美保さんも腰を動かし続け喘いでいた。

美保バック穿いたままのその光景は実にイヤラシく(今でもネタになってます)俺は我慢できずに中で出しそうになってしまい、急いでチムポを抜いて目の前のお尻にぶちまけてしまいました。

俺「ごめん、我慢できなかった」

美保「そんなのいいよ…私もすごい気持ち良かったし…」

俺は美保さんのお尻から垂れそうになっていた白いものをキレイに拭いて2人並んでソファーに座り、暫し休憩。

その後なのですが…俺だけ先にイッてしまったからって、色々と上手いこと言ってソファーの上で美保さんに公開自慰してもらう事に成功。

俺は美保さんの足の間に入り、目の前でクリを激しく擦る美保さんを見ながら俺も夢中でチムポをシゴキました。

美保さんは完全に壊れていたと思うのですがやはりMっけはあるようで、淫語を連発してました。

美保さんがイク時、俺もおまんこに向けて大放出。

これにはかなり興奮しました。

その後、一緒にシャワー浴びてから、その日はお互いの部屋で寝ました。

あれから今日まで1ヶ月以上経ちますが、美保さんとは1度も顔を合わせていません。

でも、携帯でメールのやりとりはしているので、次会う日はだいたい決まっています。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!