【母子相姦体験談】中3になる息子のオナニーを見てしまい、息子が母親である私を犯したのです《前編》


あってはならない恐ろしいことが起きました。

中学3年の実の子が、母親である私を犯したのです。

事の起こりは私の下着がぬすまれたのがきっかけです。

私の下着だけなのか、ほかにも被害がないかしらと思い、子供に尋ねようとした時のことです。
 
子供の名前は正志と言います。



子供の部屋の扉の前に立ちました。

すると部屋の中から女の喘ぎ声が聞こえたのです。

まだ中学生の子供がと思いました。

もし女の子を部屋に連れ込んでいるとしたら同級生としか考えられません。

こんなことが学校に知れたらと思いあわてて、

”正志、誰か来ているの”

と声をかけました時、部屋の中から、

”アッ イクイク”

とセックスの絶頂の時に発する女の声がしたのです。

びっくりしました。

”入るわよ”

と言って部屋の扉をあけました。

そこで見たのはテレビにAVを写し、正志が私の下着を身にまといペニスを出し擦っているところでした。

突然のことですもの、正志は勃起したペニスを隠す余裕がなく、私の前にさらけ出してしまいました。

私は見てはならない子供の行為を目にして唖然としました。

一歩中に入ったまま腰砕けの状態になり、その場にへたり込んでしまったのです。

二人の間に沈黙の時間がありました。

自分のしていた恥ずかしい行為が、母に説明できないと悟ったのでしょう突然母親の私に襲い掛かってきたのです。

”何するのよ”

正直びっくりしました。何が何だか、とっさには判断できませんでした。

子供が母親に向かってくることなど予想していませんですから。

正志がわたくしにしがみついてワンピースを脱がそうとしたのです。

この日は9月なのに残暑が厳しく、ワンピーとブラ、パンティーの軽装でした。

正志は私にしがみつきながらワンピースを下から捲り上げるようにして脱がしてしまいブラも背中のホックを外され乳房がポッロと、剥きだされたのです。私はあわてました。

”ダメ、お母さんに何をするの”

と言って抵抗しましたのですが、でもこの時はパンテイーを穿いていましたので、気持ちにまだ余裕があったと思います。

なぜならどうやってこの状況から切り抜けようかと考えることが出来たからです。

でも正志の手が私のパンティーを脱がそうとしてきたのです。

”ダメッー”と言って背中を丸めその場にうずくまりました。

そうしましたら正志が後ろからパンティーのゴムに指をかけ、皮でも剥くようにしてクルッと下げたのです。

アヌスに外気を感じ思わず、足を突っ張るようにして体を反転させました。

それを良いことにして、パンティーの上からですがおまんこを触りに来たのです。

あわててまた体を丸めて手を避けました。

が今度はお尻のあわいから手を入れてきたのです。

それを避けるため、又、体を反転させるとおまんこに手が、10回ほど繰り返されると力が抜けたようになりました。

抵抗が弱まったのを感じて正志が足の親指にパンティーのゴムを挟み一気に下げ、着せ替え人形のように片足を持ち上げ脱がすと反対側に絡まっていたの簡単に取り除かれてしまいました。

全裸にされたのです。

正志は裸にした私にしがみついていました。

そして片方の手で乳房をまさぐり、優しく揉むようにしながら

”お母さんの胸、柔らかくて気持ちがいい”

この言葉を聞いて、

”あ~良かった、まだ子供なんだわ。

性に目覚め女の体に興味を抱く年頃になったんだわ~”

と思いました。

今度は乳首に唇をあて吸いはじめました。

”お母さんを裸にしておっぱいが吸いたかったの”

乳首を吸われながら正志が赤ん坊のころ、乳を含ませていた時のことがよみがえりました。

これが心のスキになったのでしょう、そのスキをつくように私の乳首を吸いながら、体を重ねてきて右手でおまんこを触りに来たのです。

こんな状態になれば正志が母親の私に、何お求めているのか明白です。

腰を引いて右手から逃げようとしたのですが、いとも簡単に正志は指を女の部分にあてがいさらに2枚のビラビラを分け入って中指を入れてきたのです。

”なにをするの。やめなさい。私はあなたのお母さんよ”

増悪を込めて子供をののしりました。

でもそれは無駄な抵抗だとすぐに悟らされました。

私のおまんこに正志の、カチンカチンのペニスが当たったからです。

中学生の子供ですが、すでに女の力では抵抗できないほど、子供の体は成長していたのです。

子供に抑え込まれましたがそれでも、

”おかあさんよ、正志のお母さんよ。

そんなところを触っちゃいけません”

と言いながら子供の頬を、平手で強く打ちました。

その手も体の下に敷かれ抵抗を止められたのです。私は泣きました。

どんなに抵抗しても無駄だと悟ったからです。

泣きながら黙ってしまったのです。

でも正志がおまんこにペニスを当ててくると

”あなたは私の子供よ。そんなことしちゃいけない。

駄目、入れちゃダメー”

大声でいさめました。興奮状態の子供の耳には届きません。

まるでレイプです。

”お母さんのこと好きなんだ。ずうっと前から好きなんだ。だからやらせて”と言いながら腰に力を入れて突いてきたのです。

”イヤー、入れちゃダメ”

腰を引きながらもう一度大きな声で叫び、抵抗しながらずり上がろうとしたタイミングにペニスの先端が当たり、いとも簡単にズブズブとはいってきたのです。

思わず”ダメ、抜いて早く抜いて”

その時に子供が言った言葉は、忘れられません。

”お母さんのおまんこの中、暖かくて気持ちがいい”

この言葉で母と子が、男と女としてつながったことを、現実として認識したのです。

それでも押さえこまれながらも逃げようともがきました。

何としても挿入されたペニスを外そうと腰を動かし続けたのです。

それが子供のペニスを刺激したのでしょう。

”お母さん出ちゃう、出ちゃうよう”

と言って膣奥深くに射精したのです。

大量の正志の精液が子宮にピューピューと掛かるのが分かりました。

抵抗しながら入れらて、もがき抗った20分位の出来事です。

”ああ~中に出されてしまった”

母親と実の子供の交尾です。

畜生道に落ちたと思ったら自然に涙が出てきました。

私のおなかの中に射精し終わったのに、正志は体を覆いかぶせたまま動いてくれないのです。

下敷きにされた私の頭は真っ白でした。

子供にペニスを入れられたまま動かずにいました。

その時(ハツ)としたのです。妊娠したらどうしよう。

正志の子供を孕んだら大変です。

あわてて生理の終わった日を思い出し、日数を数えました。

自分なりの判断で安全日と確信出来ました。

とにかく今は、この地獄のような交尾から逃れようと考えました。

さらに二人の体が離れたとき、どう子供と接しようか。

そんなことよりこの交尾を終わらさなければと思い、腰を引いてペニスを抜こうとしたのです。

その時、16歳の男の無限の性欲の強さを知ったのです。

私の膣奥に今射精したばかりなのに、正志のペニスがもう私のおまんこの中で大きく勃起しているのです。

新婚の時、(ヌカ2)と言って主人がしてくれたことがあります。

主人が2年越しのセックスをしようと言って、NHKの(ゆく年くる年)を見ながら、テレビから流れてくる除夜の鐘を聞きながら1回、そのままつながったままおめでとうございますのアナウンサーの声を合図に2回目、その時の興奮度は格別で主人にしがみつき、よがり狂いました。

そんな親の遺伝子を引きつているのか、子供が私の体の上で腰を、上下に動かし始めたのです。

2回目の母と息子の交尾が始まりました。

私はすでに中に出され征服された母です。

そんな母に何が出来ましょう。

どうにもならない、元に戻れない、私にできることはあきらめでした。

2度目は子どもの好きなようにさせました。

それがいけませんでした。

だって正志がおまんこの中に出した精液をふき取っていないのです。

その残精が潤滑油の働きをし、子供の腰がスムーズに上下に動き出したのです。

若い正志のペニスは主人のより固く、反りが強いのです。

母と言っても女です。反り返ったペニスでおまんこの中を、かき回すように蹂躙されたのです。

女の部分が自然に感じ始めてきたのです。

今私を犯しているのは自分の子供です。

感じては絶対にいけないのです。

頭ではよくわかっていますし、母としての理性はまだあったのですが、それなのに自分の持ち物のおまんこが、子供のペニスの上下運動に少しずつ反応し始めました。

何となくここち良いぐらいに 思っていたのが快感に変わり、おまんこを中心に体全体に広がり始めたのです。

【母子相姦体験談】中3になる息子のオナニーを見てしまい、息子が母親である私を犯したのです《後編》の続き

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!