【露出体験談】ボーイッシュなJS5の女の子の夏休み自転車県内一周のハズカシ露出旅行《前編》


翔子はスポーツ万能でボーイッシュな小学五年生の女の子。

そんな翔子は夏休みに自転車で県内一周の旅を計画しました。

(最初は日本一週するつもりでしたが、途中で無謀だと気づいたようです)

家族に見送られ、家を出発すると荷物を括りつけた愛用のスポーツバイクを走らせます。

彼女の住む町は県内では一応都会の部類に入るのですが1時間も走らないうちに舗装された山道に入りました。



元気な翔子は坂道をものともせず、グイグイとペダルを漕いで山を登っていきます。

途中トンネルをくぐったりしながらその山を五合目まで登ったかという所に山林の一部を切り開いたような緑の草に覆われた大きなスペースが道の横に広がっていました。

車が止まって休憩できるようなその場所で翔子も一休みすることにします。

「ふいー!疲れたぁ!」

汗はかいていますが言葉ほど疲れていない様子で翔子は自転車から降りると手を上に挙げて伸びと、深呼吸をしました。

「あぁー!あっつぅ」

続いて翔子は被っていた帽子を脱いで、それで胸元と顔を仰ぎます。

翔子のショートの黒い髪がその風に舞いました。

水筒のスポーツドリンクを半分ほど飲み、息も整ってきたという時……翔子の表情が少し変化しました。

少しの不安を抱えているような……なにかを期待しているような……

「……んしょ!」

翔子は汗を吸ったTシャツを脱いでしまいました。

元々上にはそのTシャツ一枚しか着ていなかったので翔子は上半身裸です。

男の子のような翔子ですがよく見るとわずかに胸が膨らんでいます。

その先端の小さな小さな桜色の突起も当然丸見えです。

続けて翔子は…半ズボンのファスナーを降ろし、それも脱いでしまいます。

真っ白なかざりっけの無いパンツが姿を現したかと思うと……すぐに翔子はそれ一枚になりました。

しかし、まだそこで終わりではありませんでした。

翔子は少しだけ考えるような素振りを見せたあとただ一枚残ったそのパンツさえ足からぬきとってしまいました。

まだ一本も毛の生えていない一本線の割れ目と少年のような肉付きの薄いお尻が風と太陽の下に晒されます。

上も下も下着すらつけていないすっぱだかの翔子ですが、靴と靴下だけは履いたままでした。

「ふぁっ!きもちいーー!」

翔子はそのまま草の中に仰向けに寝転ぶと、手足を広げて大の字になります。

全身に太陽の光を浴び、自然の中で裸になる開放感に満面の笑みを零します。

「んあっ!」

翔子は180度ごろんと転がると、今度は背中とお尻を上にしてうつ伏せに寝ます。

「んにゃーー!」

そしてそのまま背中を逸らして、腰を高く上げて猫のような伸びをしました。

「あぁー!お尻の穴にまで太陽があたってるよー!」

嬉しそうに言いながら持ち上げたお尻を左右に振ります。

周りに誰も居ない山の中とはいえ、いつ車が通るかわからない公道の横です。

いくら活発な女の子でもはしたなすぎる……と言われそうな光景でした。

翔子は裸になる事を気にしない女の子というわけではありません。むしろ逆です。

……翔子には実は露出癖がありました。

今回の自転車の旅の一番大きな目的は……先々での露出行為だったのです。

翔子は家族が家に誰も居ない時にリビングですっぱだかになってみたり、朝、教室に一番乗りしたら誰かが来るまでぺろんとお尻を出していたり、夜中にパンツ一枚で自分の部屋から屋根の上に登って月明かりに照らされてみたり……

そんな「プチ露出」のようなことをしばしば楽しんでいました。

しかし、そのうち翔子の露出願望はさらに強くなり、

「真昼間の外で裸になりたい」「みんなに裸を見られたい」

そんなふうにまで思うようになっていました。

そうは思っても……家族にその事がバレてしまったり、学校の友達などの見知った人に裸を見られたりするのは流石に抵抗がありました。

そこで思いついたのが今回の計画でした。

自分の家や学校や街以外の場所でなら……翔子はそう考えたのです。

ブロロロロ……

「……!!」

その時、車が走り去る音がしました。

翔子はビクリと肩をすくめます。

こんなコトをしていても裸を見られるのは恥ずかしいし怖いのです。

むしろそう言った気持ちが楽しいのです。

車はそのまま走り去って行きましたが、乗っていた人は翔子の裸を見たかもしれません。

「…………~~~~~~~~!!!」

そう思うと翔子の心臓はドキドキと高鳴り、全身が喜びと不安が混ざり合ったようななんとも言えない感覚に震えます。

翔子はそこで暫く裸のまま走ってみたり、側転したりしていました。

……その時

ブロロロロ……キキッ!

また車が来ました。

……そしてその車は止まりました。

「………っ!!」

翔子は緊張で固まりました。

車に乗っていたのは翔子よりもっと小さい子のいる家族連れだったようです。

車から降りた子供が裸の翔子に気づき、何やら翔子を指差して喋っています。

「あ……あわわっ!!」

流石に恥ずかしくなった翔子は慌てて服を着ると、自転車に飛び乗り帽子で顔を隠しながらその家族連れの横を抜けました。

そしてそのまま猛スピードその場を走り去りました。

「はぁっ……はぁっ……見られ…ちゃった……!!」

翔子は顔を真っ赤にして、来た時以上に呼吸を乱してペダルを踏みます。

家族連れの横を通った時自分に向けられた驚きと呆れと好奇が混ざったような視線が思い出されます。

「うあぁ~!恥ずかしいよぉ……!!」

……しかしそう独り言を言った時、翔子は嬉しそうに笑っていました。

「ふぅっ……ふぅっ!」

翔子は山道を登り続けていました。

道の途中で先ほどの家族連れの車に抜かれた時は恥ずかしさが蘇り体が震えましたが、他は特に何事もなく順調に進んでいきます。

そしてしばらく自転車を漕ぎ、山の頂上付近にまで登った所で、再び休憩できるようなスペースがありました。

そこは道から外れた部分に広く砂利が敷きつめられたような場所で案内板や自動販売機も設置されています。

さらにそこは遠くの山々を見渡す景色が広がっており、眼下には山に囲まれた盆地に造られた翔子の住んでいる町が一望できます。

「うはぁっ!」

翔子は思わず歓声を上げました。

家族でドライブに出かけたときなどに既に何度も見た光景のはずですが、今日は一際素晴らしい景色に見えます。

翔子は自転車を停めてその景色をじっくりと眺めるとともに……再びTシャツに手をかけました。

そして、そこからは説明するまでもなく、あっという間に上も下も脱ぎ捨て、またしてもすっぱだかになってしまいます。

山頂の心地よい風が、何もさえぎるものがない翔子の素肌を撫でていきます。

「あぁ~~~~~~~!!!」

翔子は広がる景色に向かって自分の体を差し出すかのように両手を広げ、胸を張りました。

街から山の上にいる翔子の姿が見えるわけがありません。ましてや翔子が裸だという事など誰もわかりません。

……でも、翔子はこうすることでまるで、近所の人や学校の友達や先生に顔も知らない大勢の人たちに

街にいる何万人という人たちに自分の裸を曝け出しているような錯覚を感じるのでした。

翔子がしばらくそうして開放感に浸っていると……やがて道の下の方から車がやってくるのが見えました。

「……っ!!」

翔子は迷いました。このままは裸でいようか、急いで服を着ようか。

折角の景色なのであの車がここで止まる可能性は高いように思えます。

車が通過する時に一瞬裸を見られるのはともかく、車から降りた人にじっくりと見られてしまうのは少し抵抗がありました。

「……そうだ!」

しかしそのまま服を着てしまうのももったいないと思った翔子はある事を思いつき、行動に出ました。

横にあった自動販売機の裏に裸のまま隠れる事にしたのです。

急いで自販機の裏に駆け込むと裸の胸を両手で抱くようにして、ドキドキしながら車を待ちます。

だんだん車の音が近づき……そして、砂利に車のタイヤが乗り上げた音がしたかと思うと、予想した通り車はここで止まりました。

ガチャッ……とドアを開ける音がして、中から何人かの人間が降りて来たようです。

山の上からの景色に感嘆の声をあげる会話が聞こえてきます。

「はぁっ……はぁっ……!」

翔子は自動販売機の裏で、恐怖と興奮を覚え、体をガクガクと震わせました。

ザッ……ザッ……

「……っっ!!」

砂利を踏む足音がこちらに近づいてきます。

誰かが飲み物を買いに来たようです。

自動販売機を挟んだ1メートルもしない先に人の気配がします。

……向こうもこっちの気配に気づきはしないだろうか……

翔子の体はますます震えてきます。

チャリン……チャリン……ガトゴトッ!!

コインを入れる音、飲み物が落ちる振動にビクリと反応する翔子の身体。

ドクンドクンと鼓動が大きく脈打ち、翔子は自分の心臓の音が周りにまで聞こえてしまいそうな気がしました。

顔もわからないその人たちはしばらくそこで景色を眺めながら休憩していました。

当然その間翔子は裸で自動販売機の裏に隠れたままです。

翔子はそこにいる人たちがが荷物を多く積んだ持ち主不明の自転車を見てどう思うのか。

……まさかありえないだろうけれど、それを持っていかれたりしまったら自分はすっぱだかで山の頂上に取り残されてしまう。

そんな事を想像するととてつもない不安と、……さらにその奥から湧き上がってくる言葉に出来ない感情に全身がわななくようでした。

しかし車が走り去った後も……翔子は自動販売機の裏から出るのに戸惑っていました。

陰に隠れているうちに、なんだか裸で開放感溢れる元の場所に飛び出すのが怖くなってしまったのです。

しかし、また車が来たら次はいつ自動販売機の陰から出られるかわからないので勇気を出して飛び出しました。

「…………っっ!!」

……幸いそこには人の気配はなく、自転車も荷物も隠れた時のままです。

翔子は急いで服を着ると、自転車に再び跨りました。

「こ……怖かったよぉ……」

翔子は少し力の入らない足腰で再びペダルを漕ぎ始めるのでした……

【露出体験談】ボーイッシュなJS5の女の子の夏休み自転車県内一周のハズカシ露出旅行《後編》へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!