【女子大生との体験談】塾講師の面接で目を付けた巨乳のJDをやっぱり犯していたオーナー


私はあるフランチャイズチェーンの学習塾の室長を務めています。

事件は1年程前、アルバイト講師募集の広告に、ある女子大生が応募してきたことから始まります。

彼女は元グラビアアイドルの乙葉に外見が良く似ていて、同じように巨乳です。

講師の採用に当たっては、フランチャイズチェーンのオーナー(50代男性)とペアになって面接をしますが、たいそう彼女のことが気に入り、彼女が帰ったあとで私に、「あの娘、ええ乳しとったなあ」と話し掛けてきました。

その言い方がいかにもエロ親父らしく、あまりいい感じはしませんでした。



彼女は当然すぐ採用になり、持ち前の明るさもあって、たちまち生徒や他の講師たちからも好かれるアイドル的存在になりました。

ニックネームは、ある男性講師がつけた『乙葉チャン』です。

その乙葉チャンがエロ親父オーナーの毒牙にかかったのは、昨年の秋の終わりでした。

ようやく寒くなってきたある日の午前のこと、私は銀行の通帳を事務室に置き忘れていたことを思い出し、自転車に乗って取りに行きました。

室長としてオーナーから預かっている鍵で中に入り、2階へ上っていくと、なにやら女性の泣き声と男の声が聞こえてきました。

(おや?変だな)と思いました。

学習塾は生徒相手なので、午後2時が出勤時間なのです。

まだお昼前でしたので、普通なら人がいるはずがありません。

声は事務室から聞こえてきています。

私はドキドキしながら、足音を立てないようにして階段を上り、事務室のドア(上半分が、透明なガラスになっている)からそっと中を覗いてみました。

ショッキングな光景が目に飛び込んできました。

下半身を丸出しにして仁王立ちしているエロオーナーの膝元に、みんなのアイドルの乙葉チャンがパンティ1枚の姿で床に跪き、無理やりエロオーナーのペニスを咥えさせられていたのです。

目が点になるとはこのことです。

それはあまりに刺激的な光景でした。

乙葉チャンはオーナーに頭を押さえつけられ、巨大なペニスを喉の奥まで突き立てられています。

彼女の口を激しく出入りしているペニスは黒光りしていて、長さはゆうに20cm以上あるように見えました。

太さもオロナミンCの瓶ほどだったと思います。

乙葉チャンはオーナーにオッパイを揉まれ、泣きながら汚らしい巨根を咥えていました。

時折「おえっ」となりながら、声にならない声で「許してください、もう許して・・・」と懇願しています。

その可憐な顔には、ビンタされた跡が赤く残っていました。

今でも、この時のオーナーのニターっとした下卑な笑い顔と、乙葉チャンの花柄のパンティが目に焼き付いていて離れません。

私はこの時、一瞬迷いました。

飛び込んで助けるべきか、それとも覗き見を続けるべきか。

結局、私の男としての欲望の方が勝ってしまいました。

私のペニスも勃起し始めていたのです。

後で振り返り、もしこのとき助けていればと思いますが、その時点では、目の前の光景に圧倒され、ただただ自分の欲求を満たすことしかできませんでした。

オーナーはしばらくフェラチオをさせてから、乙葉チャンをソファーの上に四つん這いにさせたかと思うと、パンティのクロッチ部分を見ました。

そして嬉しそうに、「なんや、濡れとるやないか」と屈辱的な言葉を浴びせ掛けました。

乙葉チャンは、「いやーっ、もうやめて、やめて」と涙ながらに訴えています。

オーナーが乙葉チャンのパンティを膝まで下ろすと、乙葉チャンの泣き声がいっそう大きくなりました。

オーナーは彼女のあそこをじっと見て、ニターっとしました。

(私はほぼ真横だったので、直接見ることは出来ませんでした)

そしておもむろにペニスを乙葉チャンのあそこにねじ込み始めました。

乙葉チャンはもちろん激しく頭を振りながら「イヤーっ、イヤーっ」と叫んでいましたが、結構筋骨たくましいオーナーにがっしり腰を押さえつけられ、逃れられない状況です。

そしてオーナーが、「おーっほっほっ」と妙な叫びをあげたかと思うと、両手でオッパイを下から揉みしだきながら激しいピストン運動を始めました。

乙葉チャンは泣きながら助けを求めて叫んでいます。

どうやら恋人の名前のようでした。

しばらくすると今度は乙葉チャンの体をくるっと仰向けにして、正常位で責め始めました。

ベテランのエロ親父のテクニックの前に乙葉チャンの抵抗は虚しく、次第に泣き声のトーンが変わっていきました。

5分もしないうちに、「いやっ、イクっ、イクっ」と叫びながら絶頂に達してしまいました。

エロ親父がさらに執拗に腰を打ちつけながら乙葉チャンのオッパイをしゃぶっていると、なんと乙葉チャンは自分の両手をオーナーの背中に回し、しがみつくような格好をしたのです。

理不尽ではありますが、私は異様な嫉妬を覚えました。

このあと乙葉チャンは、立て続けに2度3度とイカされました。

私は正直言ってもっと見ていたかったのですが、覗いていることがバレては困るので、そーっと立ち去りました。

翌日は彼女の出勤日でしたが無断欠勤しました。

その翌日もやはり欠勤です。

当然といえば当然でしょう。

事情を何も知らない他の講師(乙葉チャンとはかなり親しかった女性)が、彼女に携帯が繋がらないということで直接アパートに行ってみたそうですが、すでに空部屋になっていたとのこと。

今となっては、私があのとき助けに入っていればとも考えますが、あの瞬間には欲望に勝てませんでした。

彼女には申し訳ないとは思いつつも、時折あのシーンを思い浮かべてはオカズにさせてもらっています。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!