【レイプ目撃体験談】レイプされて放心状態のJCを発見し、さらにレイプする太った中年オヤジ


絵理奈は放心状態で座り込んでいた。

セーラー服は汚れてぐちゃぐちゃに乱れ、足首にはショーツが絡まっている。

廃屋の埃っぽい匂いに混じり、生々しい欲望の残り香が漂っていた。

―先刻、絵理奈は不良の先輩に犯された。

何度も無遠慮に奪われた体が痛い。



のろのろと膝をついて体を起こせば、何度も吐き出された精液がドロリと零れたのが分かった。

再び泣きそうになった、その時。

「!!」

1人の太った中年男が絵理奈の連れ込まれた廃屋へと入ってきた。

ここへ来たのは偶然ではないのだろう。

多分、先ほどから絵理奈がレイプされてるのを見ていたのかもしれない。

男は絵理奈を舐めまわす様な目をしながら近付いてくる。

逃げてしまいたいのに、散々犯された体は思うように動かず、絵理奈は男に捕らわれてしまった。

「いや…っ やだ、ヤダッ!」

「そんな嫌がんなよ、アイツらに散々ヤられたんだろ。俺にも使わせろって」

男は絵理奈を押し倒してその腹に馬乗りになる。

性急にセーラー服を捲り上げ、乱暴なキスマークが散る胸に肉棒を挟ませた。

中学生の胸とは思えないほど豊満な質量は、しっかりと肉棒を包み込む。

柔らかで弾力のある胸の間で腰を動かし、欲望を硬く育てていった。

「ひ、ぅ…うぅ…ッ」

「こんな巨乳で中学生だって? 最近の中学生は発育スゲーな」

男の先走りで滑りが良くなる。

挟んだ胸の間で肉棒が成長していくのを嫌でも感じ、絵理奈はギュッと目を閉じた。

絵理奈の心境など男には関係ない。

快楽を追い、欲望を吐き出してすっきりする。それに必要なのは女の体で、絵理奈という個を気に止める筈がない。

レイプとはそんなものだ。

( 童顔のくせにやらしい身体してるし、これで中学生とか最高過ぎだろ)

十分に硬く勃起した肉棒に、男は体を移動させて絵理奈の両足を開かせた。

男達の残留で濡れたソコに、欲望の切っ先が押し当てられる。

絵理奈は激しく嫌がった。

「や、いやっ!やだぁっ! もうしないで、しないでっ!」

「だ~め。入れちゃうよー。…んん…狭ぇ。ほら、俺のチンポどんどん入ってくぜ…」

ズッ…ズル…くちゅ…グヂュ…

膣を広げながら太いモノが来る。

どんどん埋められていく。

「あ…うあぁ…あ…あああ」

「よっ、と」

ズンッ!!

息を飲んで目を見開く。

まだ成熟していない女の場所は、直ぐに入り口に辿り着かれた。

先程も何度もされたが、慣れることなどないその衝撃に絵理奈は悲鳴も上げらずに仰け反った。

子宮ごと内臓を押し上げられる、頭が真っ白になるその衝撃。

「へへっ、それじゃあ動くぜ。壊れないように頑張ってなー?」

声もなく戦慄く絵理奈の細い腰を掴み、男は中学生の体を犯し始めた。

散々犯された後なのに、そこは十分に狭く、再びの侵入者を締め付けた。

中学生の小柄な体に、大人の男がのしかかって腰を振るう。

可愛い子宮口をゴリゴリといたぶり、若い膣内を存分に味わう。

「ひっ、あ、あ、あ、あ」

「良い声じゃん。もしかして気持ちいい?」

「ちが…違…ぅ…っ ンッ、んっ、あ…あーッ …違う、違うっ」

「はぁ? 嘘つくなよ、マンコ、愛液でヌルヌルなんだけど。ほら、音聞こえるだろ!」

グヂュッ!ヂュプッ!

抉るように腰を叩き付ける。

容赦なく内壁を擦りあげて最奥を犯す。

否定したいのに、自分のソコはまるで別人のように男を咥えていた。

「あー…やべぇ、イきそう…、中に出すぞ…っ」

「ひぅっ、あっ、あっ、イヤ…嫌っ!」

「中学生に中だしとか最高だろ…うっ、ううっ出る」

逃れようと身じろぐ絵理奈を押さえつけ、男は激しく腰を動かて快楽を追う。

大きく揺れる胸を鷲掴み、桃色の乳首にしゃぶりつきながら、子供の膣内を蹂躙する。

「オラッ、出すぞ! ちゃんと孕めよ!」

「あっ、あっ、あっ、いや、いやあぁぁああああ!!」

バチンと肌を打って叩きつけられた腰が強張り、嫌がる絵理奈の膣内に男は射精した。

ビュルビュルと中に吐き出される。

男の無責任な暴力がたっぷりと絵理奈の膣を汚した。

「はぁ…はぁ…っ、くそっ、ガキのマンコに中出したまんねー! 病みつきになりそうで怖ぇーは」

「う、あ、あぁ…抜いて…抜いて! やだ、やだぁ…っ、妊娠やだぁ…っ!」

絵理奈は開かれた足を動かして男を蹴ろうとするが、膝の裏を掴まれて更に広げられてしまう。

「慌てんなって、ちゃんとが妊娠したら抜いてやるよ」

「赤ちゃんイヤ…っ、嫌ぁ…妊娠したくないよぉ…」

「だめだめ。俺の精子で孕んで、元気な子を産めよー?」

泣きじゃくる絵理奈の背中を抱くと、男はそのまま体を起こした。

落ちそうになり咄嗟に男の首に腕を回した絵理奈は、ズン、と深く子宮を抉られて息を飲む。

「軽いから駅弁もしやすいな」

「う、あ、ふぁ…あ…ん、ん、…アッ…あ、あっアッ…あぁーっ」

ズン! ズン!

掬っては落とす律動を繰り返す。

男の肉棒は既に復活しており、硬く勃起した肉棒は絵理奈を何度も串刺しにする。

そのたびにパチンパチンと肌がぶつかる音が立ち、絵理奈の耳さえ犯した。

「あっ、あ あんっ、アッ、あん!」

絵理奈は男の首筋に顔をうずめ、与えられる刺激に嬌声を上げ続けた。

押しつぶされた胸の乳首が、男の服に擦れて切なく疼く。

( …私…どうなってるの…? )

腕はしっかりと男の首に回り、両足は男の腰に絡みついている。

絵理奈は止められない喘ぎ声を出していた。

「オラッ、二発目いくぞ!」

「ひゃうっ、あっ、あふ、アッあんっ、あん! あぁぁアあーーーっ!!」

ビュクッ!!

ビュルルルルーーッ

何度か強く突き上げながら男は射精する。

子種を注ぎ込まれた絵理奈は、達した膣を痙攣させながらぼんやりと思う。

( …赤ちゃんできちゃえばいい… )

妊娠しなければ解放されないのなら。

早く、早く。

もっとおかしくなる前に…。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!