【レイプ体験談】ファスト店で目を付けていたグラビアアイドル級JKをワゴン車で拉致してレイプ


国道沿いの某ファストフード店に、16歳くらいの可愛い女の子がアルバイトとして働いている。

青木絵理奈という子だ。

グラビアアイドルみたいな体つきなのに童顔で、えくぼと柔らかそうなボブがますます可愛い。

いつか犯ってやろうと前から目を付けていた。

バイトは夜の11時に終わり、徒歩で自宅まで歩いて帰る。

そのバイト帰りの道を狙って、俺は絵理奈を拉致してやった。



「んーっ、んーっ」

まず背後から口を塞いで羽交い締めし、暗がりに停めておいた車に引きずって行き、後部座席に無理矢理乗せた。

国道沿いだが、田舎に近いこの街では街灯も歩行者も少なく、建物だとか木の影に入れば気付かれない。

当然抵抗して暴れたが、一発二発と頬をひっぱたいてやれば大人しくなり、すすり泣く絵理奈を逃げないよう縛って転がしておく。

「絵理奈ちゃん暴れんなって。犯りおわったら帰してやるよ」

我ながらあっぱれな口ぶりだ。

脅し文句に絵理奈は唇を震わせながら身体もガタガタと震わせている。

連絡を取られないよう、携帯が入っているだろうバックは助手席に放る。

俺は運転席に移動し、念のためドアのロックをかけてから車を発進させた。

この時点で俺の股間の息子は、ズボンを押し上げるくらいギンギンに勃起していた。

夜間は車通りも少なく、民家もない山道の中腹まで車を走らせ、脇道の草むらで駐車する。

ライトもエンジンも切れば、夜のこんな場所では黒い車体はまず見つからない。

「じゃ、絵理奈ちゃん、俺とエッチしよっか」

「ひ…っ」

後部座席に移動して、俺は絵理奈に襲い掛かった。

ワゴン車はシートを寝かせれば広々と使えるから、カーセックスするには便利だ。

こういう拉致レイプの犯行には欠かせない。

縛った腕を頭上で押さえ、片手で可愛いブラウスを掴んで引けば、呆気なく釦がぷつぷつと千切れ飛ぶ。

白にピンクリボンの清楚で可愛いブラを押し上げ、豊満なおっぱいの感触を手の平で味わった。

「柔らかい乳してんな、彼氏とのセックスじゃ揉まれまくってるんじゃない?」

「うぅ…ぅー…っ」

顔を逸らして泣く声がやたらと色っぽく聞こえて、俺はますます興奮したね。

乳首を舐めしゃぶったりしてひとしきりおっぱいを楽しんだ後は、早々と短いスカートをたくし上げる。

現れたブラとお揃いのパンティーを脱がし、マンコにむしゃぶりついた。

「や…やぁあ…っ」

「何が嫌だよ、絵理奈のオマンコ濡れてきたぜ」

口を離してぐちゃぐちゃと指で掻き回せば、マンコからエロ汁が溢れてくる。

俺はベルトを外してズボンとパンツを膝まで下ろし、ギンギンに勃起したチンポをマンコにあてがった。

ぐちゅぅ…っ

「いやああああっ」

「う、お…おお…っ」

ぬるんとチンポが包まれて最高に気持ち良い。

当たり前だがゴムなんてしていない生チンポの挿入に、絵理奈はボロボロと涙をこぼした。

その悲鳴がますます興奮する。

ずっと狙ってオナニーしまくってた女をレイプしてるんだからたまらない。

ぐちょっぐちょっ

ズプッ ズプッ ズプッ

足を抱えて腰を振り、最高に気持ちいい生マンコをたっぷりと味わう。

ピストンにあわせて絵理奈はしゃくりあげているが、感じているかいないかなんて気にしない。

今の絵理奈はただのマンコで、俺の長年の願望に付き合わされた欲望のはけ口なのだ。

「う、う、う」

「絵理奈…っ、おい、出すぞ!」

「え…? え…?」

ピストンしながら話しかけるが、呆然自失状態の絵理奈は何の事か分かっていない。

ぐちゅぐちゅ音を立てて出し入れしていたチンポの動きを止め、ぐる、と大きく腰を回して教えてやる。

「ザーメンだよ。俺の精子を絵理奈のマンコに出すって言ったんだよ」

「 い、嫌っ、止めて…出さないでっ!」

「おいおい、んなの聞くわけねぇだろ…!」

ガツガツ腰を振る。

泣きながら縛った腕で俺の胸を押そうとするが、女の力が男の俺に適う筈がない。

「お、お、イく、出るっ」

「いやぁあああっ止めて止めてっ、妊娠しちゃう、赤ちゃん出来ちゃうよーーっ」

「あー出るっ出るっ」

「出さないでえええ!」

ドピューーーーッ

ビュルルルルル

足を抱えて鷲掴み、絵理奈の尻が浮くくらい腰を押し付けて、思いっきり中に出ししてやった。

ドドド…と大量に出る。

「いやぁぁいやぁぁっ、抜いてっ、抜いてよおお」

「ダメだっつの。まだ精子出てんだよ…全部出すまで抜かねえぞ、妊娠しちまうかもな?」

「あああダメ! 赤ちゃんダメぇええっ」

どろ…、と最後のザーメンが出ていき、俺はようやくチンポを抜いてやった。

絵理奈が縛られた腕のまま指で掻き出そうとしたので、体を転がして四つん這いにする。

マンコからザーメンが垂れ、俺は塗り込めるようにチンポを入れる。

「いや、いや、いやっ」

「ひっでぇww、さっきまで美味そうに咥えてたじゃねーか」

「いやぁ……っ」

「あー…どうするよ? またチンポ勃ってきたぜ」

「抜いて…抜いて…っ」

イったばかりだってのに、ぐちょぐちょマンコの中でチンポが再び勃起した。

悲鳴も掠れて小さくなり、絵理奈はすすり泣く。

絵理奈の言葉を無視して、バックから腰を振って可愛いヒップに叩きつける。

ピストンしていればイって敏感になったチンポは早い絶頂がやってきた。

「出すぞ、ザーメン出る…っ、中出ししてやるからな!」

「ひ!や、いやあぁーっ!!」

ビューーーッ

ビュクビュクビュク

ドプドプッ ドプッ

最高に気持ちいい!

萎えたチンポを挿入したまま可愛いヒップを揉みしだき、中出しレイプの余韻を楽しんだ。

絵理奈は泣いている。

だいたい12時半を過ぎた頃で、明るくなり始めるまではまだ時間がある。

あと2、3回は中出しレイプが出来そうだ。

「もっと子宮にザーメン出してやるからな!俺の精子でちゃんと妊娠するんだぞ!」

いっそう激しくなったすすり泣きに、俺の股間はまた力を取り戻した。

夜明け前にほとんど裸の絵理奈を置き去りにして、俺は車を走らせてさっさと逃げた。

後日、絵理奈が働いているファストフード店に行ってみたが、どうやら辞めたらしい。

もう一度レイプしたかったが、その代わりに新しく入ったらしい女の子も可愛かったので次は彼女をレイプしようと俺は決めたのだった。

What do you think of this post?
  • エロくない (2)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!