【自動車ディーラー体験談】告白してきた同僚と展示車の中で潮吹き散らしから生中出しSEX〈前編〉


もうやめてしまったけど1年前まではあるディーラーでセールスしてました。

当時大型のワゴンが好調でショールームにはいつも展示してありました。

何度か試乗車をお客さんに見せに行くという名目で、試乗車を乗って夕方から商談に行き売れたらそのまま乗って帰ってラブホテル代わりに、彼女と試乗車でエッチしてたのを覚えてます。

もちろん汚さないようにいつも大きめのタオルは持参してましたが。

ある夜私は新人で入社してきた22歳のセールスレディーの商談に先輩として付き添う事になり、商談が決まって会社に帰ってきたのは10時を回ってました。



他の従業員は帰ってしまい私と彼女は2人で注文書の入力や書類の整理をしてました。

ふと時計を見ると11時少し過ぎ・・・私は彼女に「先に帰りな。あとはやっておくから」と言いました。

彼女(明美)「大丈夫です。私は明日休みですから・・それよりも早く色々覚えたいから見ていてもいいですか?」と笑顔で返してきました。

明美は小柄で少しぽっちゃりとした松嶋奈々子と言った感じで、他の営業所のセールスとかに人気も高くよく「おまえんとこの新人かわいいな。紹介しろよ」と言われてました。

仕事を終え時計を見ると12時過ぎており私と明美は戸締りを分担してしました。

私が整備工場側のセキュリティの確認を終え事務所の鍵を持って裏口に向かうと、まだ明美は来ておらずしばらく待ちました。

5分ぐらい待っても明美が来ないので先に外に出たのかと思い社員駐車場のほうを見ましたが、まだ彼女の車はあります。

しかも誰も乗っていません。

少し心配になり私はショールームのほうえ「明美く~ん?」といいながら歩いていきました。

薄暗いショールームから「主任?」と声がしました。

私は「明美君・・どーしたの?」と言いながら声がするほうに歩いていきました。

「主任・・ここです」と明美がいつも私がカーセックスに使っているミニバンと、同型の展示車のスライドドアから顔を覗かせます。

「どうした?なんかあったの?」と私は開いたスライドドアから中に首を突っ込むような形で覗き込みました。

「主任・・少し座って話しませんか?」明美は私の手を引っ張ります。

「どーしたの・・」私は明美の隣に座りました。

「主任・・試乗車でたまに帰りますよね・・」

「うん。いちいち会社に戻るのが面倒なんだよね。」

「私この前見ちゃったんです」

「はぁ?なにを?」

「公園の駐車場に試乗車がとまってて・・」

明美が少し小悪魔っぽく言います。

私は一瞬ドキっとしました。

「あ・・いや・・覚えがないけど」

「試乗車のナンバーつけたの私なんです。ナンバー覚えてますよ」

「あ・・そーだったけ?ちなみに何してたか・・わかったのかな?」

「はい。私の部屋○○公園の近くで、たまに散歩がてらコンビニ行くのに、あの駐車場の上の歩道を通るんです・・斜め上から見ると結構わかりますよ」

「誰かに話した?」

「いいえ・・でも・・」

「でも?」

「主任はどんな人が好きなんです?」

唐突に明美が話題を変えたので私はとまどい「え?!うん・・あ・・その・・」とどぎまぎしていると「今は二股でも良いな・・主任・・私主任のこと入社してからずっと好きでした。だから誰にも話してません。」

明美は少し恥ずかしそうに言い、私にもたれかかってきました。

「今の彼女の事愛してます?結婚するつもりですか?私は先週彼氏と別れました。彼に抱かれてても主任のことばかり考えてしまって・・」

といい明美は私の胸にもたれかかってきました。

「え?!それって俺が原因で別れたってこと?」

私は明美の顔を覗き込みます。

「嫌なら嫌って言ってください。試乗車のことは誰にも話しません。主任が今の彼女を愛してて、結婚するつもりで私とは付き合うつもりがないのなら、どのみち会社にいてもつらいので今月で会社を辞めます。でも主任がすぐには彼女と別れられないけど私と付き合っても良いって言うなら、何ヶ月でも待ちます。とりあえず1ヶ月二股でもいいです。それで今の彼女が良いって言うなら諦めます。出会ったのが早いか遅いかだけで諦められません。だめですか?」

あけみは私の胸に顔をうずめながらか細い声で・・でもしっかりとした口調で言いました。

正直予想もしてない事でしたし、私はどちらかというとスタイルも顔もイマイチ・・今の彼女と明美を比べたら100人中90人ぐらいは明美を選ぶ・・・そんな状況でした。

入社した時に「かわいい子だな」とは思いましたが正直自分が相手をしてもらえるような存在ではなかったしどう答えていいのか正直戸惑いました。

「チョッと待って。からかってるんじゃないよね?」

「からかう?本気ですよ。」

「いや・・ほら二人で話したことなんてほとんどないし今までで今日が一番一緒にいた時間が長いくらいだよ・・そんなんで・・」

「主任・・コレなら信じてくれますか?」

明美はそーいって私の顔に顔を寄せてきた。

私は蛇ににらまれたかえるのごとく動けずにいた。

彼女の唇が私の唇にそっと触れた・・やわらかくそして甘酸っぱい味がした・・彼女の香水の臭いが私を取り囲み気が遠くなってきた。

「コレで信じてもらえます?」

「あ・うん・」もう私の頭の中には目の前にいる若くてかわいい女の子でいっぱいになりました。

「わかった。じゃあとりあえず・・明美君と付き合うよ。でも彼女とはすぐに別れなくていいんだろ?」真剣に愛してるかと聞かれたら正直わからないけど今現在は俺には彼女がいる。

「明美君に好きだと言われたからってじゃあすぐに別れよう・・っていうわけにも行かない。ダイイチ一応二股になっちゃうけど君が俺と付き合ってもしかしたら10日とか20日とか後にやっぱり無理って言う可能性もゼロじゃないし・・卑怯な事かもしれないけど君が言い出した事だし・・まだ信じられない部分もある。それでもいいの?」

「もちろんです。主任が彼女と会ってるときは私は一切連絡しませんし休みの日に会ってくれとも言いません。週に1.2回私の為に時間を1時間でも良いから作ってください。」

明美は私の胸に抱きついてうれしそうに言った。

私は少し深呼吸をして心を落ち着かせ

「わかったよ。明日明美君は休みなんでしょ?夜時間が合ったら一緒に食事をしよう。もっとも仕事が終わってからだから何時になるかはわからないけど・・」

「何時まででも待ってます。うれしい・・一応私だけの物じゃないけど今この瞬間から主任は私の彼氏なんだ・・」

明美は更に強く私を抱きしめてきます。

正直すっごくかわいく思えて深呼吸をしたせいか私も少し落ち着きを取り戻し冷静になってきました。

「あ・・」

「ん?主任立っちゃった?」明美は私の下半身の異変に気付きました。

「あ・・うんこんなかわいい子に抱きつかれてる状況を体が理解しちゃったみたいごめんね」私は少し明美から離れようとしました。

「んんん・・私は主任の彼女なんだから。全然嫌じゃないよ。っていうかうれしい」明美はそういって私の股間のふくらみに手を添えてきました。

「すっごい・硬い・」明美はそういって手で私の股間をなでながら私にキスをしてきました。

今度は口に明美の舌が入ってきました。

私は気が遠くなるような快感と興奮で入ってきた彼女の舌に自分の舌を夢中で絡ませていきます。

無我夢中で明美の口の中や舌を舐めまくり呼吸をするのも忘れるほど私は興奮していました。

明美は私の鼻先や鼻の穴、耳やまぶたと丁寧にそしていやらしく舐めていきます。

普段清楚な感じの彼女からは想像できないようないやらしさにますます萌えちんちんの先からはたっぷりと汁が出ていたのを感じました。

私は明美のブラウスのボタンに手をもって行き、第一ボタンをはずしました。

さっきよりも彼女の香水の臭いが強く感じられ胸元にゆっくりと這わせた私の指先から彼女の汗が少し感じ取られました。

明美は耳から少しずつ下に舐めていきちょうど私の首もとにキスをしながら口と片手で私のネクタイを緩めて行きます・・胸元に手を入れた私に対してまったく抵抗をしないので私の手は更に彼女のブラへと伸びていきます。

ブラと彼女の胸の境界線はブラの硬さと彼女のマシュマロのようにやわらかい胸との微妙なコラボレーション・・・ゆっくりと私の指先が明美のブラを肩口からずらしていきます。

私の手は明美の胸をじかに感じつつその先端にたどり着きました。

明美の乳首は立っており小さめの乳首はもう今までに障ったことが無いような硬さでびんびんでした。

私の指が彼女の乳首に触れるたびに明美は「ん・あ・はぁ・」と小さくもだえます。

私はもう片方の手でゆっくりと彼女のブラウスの残りのボタンをはずしていきます。

私の方はシャツの前は全てはだけた状態で彼女は私のアンダーシャツをめくり胸に何度も何度もキスをしたり私の鎖骨や胸に舌を這わせます・・私はゆっくりと彼女の顔の方に自分の顔を近づけ彼女のほっぺにキスをし唇にキスをしそのまま彼女のあごや首を舐めながら自分がさっきはだけた明美の胸に顔を動かしていきます。

「はずかしい・・」明美はそういって片手で両方の胸を隠します。

「あ・・ごめん・・でも最高に綺麗だ・・」私は少しあせりました。

チョッと調子に乗りすぎたかな、と感じ、今度は

「ああ・・どうしよう嫌われたかな・・いきなりやりすぎだよな・・」と一気にブルーモードになってしまいました。

多分青い顔デモしてたんでしょう・・明美はそんな私にゆっくりと抱きついてきました。

「ごめんなさい。大丈夫だよ。私少し太ってるから・・主任と今日こうゆうふうになるってわかってたら・・もう少しダイエットしておいたのになぁ。」明美は私の胸に顔をよせ笑いました。

「そんな事ないよ・・明美君はかわいいよ。他の営業所の同期にも人気で何人かに紹介して・・って頼まれたくらいだもん」

私は自分でもあせって何を行ってるのかわからない事を口にしました。

そんな私を彼女は笑いながら

「ひどいですね。なんで他の人に俺の女だから手を出すなって言ってくれないんですか?」

「いやそんな・・だって今こうしてるのも信じられないくらいだし・・」

「冗談ですよ。でも主任のそーゆーかわいいところもっと好きになっちゃいました。私主任にふられたら生きていけないかも・・・」

明美は少し笑いながら言いました。

「明美君の体を見たい・・別のところに行ってもいい?」私は彼女の手を握り締めました。

「駄目です。私が我慢できません。」明美はそういって私の乳首を舐め始めました。

明美のやわらかい舌が私の乳首をリズミカルに転がします。

私は恥ずかしながら「う・・あ・・」と声を漏らしてしまいました。

【自動車ディーラー体験談】告白してきた同僚と展示車の中で潮吹き散らしから生中出しSEX〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!