【混浴露天風呂体験談】中学時代の同級生の女の子と会社をズル休みして温泉SEX旅行へ


車通勤の毎日。

通過する途中のバス停に、中学時代の同級生、恵子が立っているのを見かけるようになって2ヶ月くらい経った頃だった。

恵子は私が見ているなんて知らない。

そりゃそうだ、中学校を卒業してもう12年も経っているのだから。

正直、私も最初は気が付かなかった。



ふと彼女の横顔に中学生の頃の面影を見つけて同級生だったことを思い出したのである。

気が付いてからは、バス停を通過するたびに恵子のことが気になっていた。

中学1年のときに最初に席が隣になり、初めて知り合った他の小学校からの友達だった。

中学1年というと男子より女子の方が体の発達が早く、胸も大きくなり、私など子供扱いされていたような気がする。

私たちは、席がはみ出してるとか、子供のような他愛のない争いをしていた。

よく子供の頃、好きな子に好きだと言えなくて苛めたりしていたそれだったように思う。

だんだん好きになっていったが、恥ずかしくて告白もできないまま卒業した。

私も思春期、恵子をオナペットにオナニーしまくったこともあったし、妄想の中では恵子の裸も見ていたし、セックスも経験済みだった。

通勤途中でそんな昔の妄想を思い出し、興奮していた。

いつか恵子に声を掛けたいと思っていた。

ある雨と風の強い朝、今日は恵子どうしてるかなと思っていると、いつものバス停で風を避けながら傘をさしているのが見えた。

車を無意識に停めて、「乗っていきませんか?恵子さん、僕です、光一です」と窓を開けて話すと恵子も私に気が付いた。

「あっ、光ちゃん、同級生の」

「そうだよ、乗ってきなよ、送るよ」

「いいの?嬉しい、ほんとにいいの?」

「いいよ、乗れよ、濡れるだろ」

「じゃ、お言葉に甘えて、ごめんね」

そう言って恵子が私の車に乗り込んできた。

一気に中学のあの時代に戻ったような気がした。

二人で思い出話をして、お互いの近況を話していると、恋に破れて都会での生活に疲れて田舎に戻って来たと話してくれた。

私も失恋したばかりだったので、お互いを慰めあった。

すると恵子が、こちらで就職したはいいものの色々悩んでいると言う。

自分も営業をやっていて、こんな雨の日は外回りが嫌で休みたいくらいだと言うと、「休んじゃおうか?」と恵子が言い出した。

「そうしよう!で、どうする?」

こうして二人でズル休みすることが決まった。

恵子の知ってる山の秘湯の温泉が意外に近いらしい。

お互いに携帯で会社に休む連絡を入れて、温泉に向かった。

「毎日疲れてたの、温泉にでも浸かって身体休めたかったの」

「ここか、いい所だね、久しぶりに身体を休めてやるか」

フロントで私が2人分の料金を払って、温泉の奥にある露天風呂に向かった。

「ここ、屋根付き露天風呂だから」

「そりゃ、いいな、頭寒足熱気持ちいいよね」

脱衣所に分かれて入った。

(温泉から出たらどうしようか、食事して、その後・・・)

そんなことを考えながら露天の岩風呂に浸かっていた。

すると私の入った反対側のドアが開いて、恵子がタオル1枚で身体を隠して入ってきた。

「えっ・・・?」

恵子はしゃがんでかけ湯をすると、私の脇に並んで浸かった。

「中学の時の席みたいね。ここ、人があまりいなくて時々来るの、混浴だけどお年寄りばかりだし。いい所でしょ」

「うん、いい所だね。恵子と混浴してるなんてドキドキだけどな」

「恥ずかしいの?」

いたずらっぽくそう言う恵子の裸をまじまじと見る。

「やっぱり恥ずかしい」

「だろ?」

二人で笑った。

並んで色んな思い出話をしていると気も緩んで、つい言ってしまった。

「俺、あの頃、恵子でオナニーしてたんだぜ」

「えええ、やだああああ(笑)」

「その恵子が裸で脇にいるんだもの、えらいことになってるよ、ここ」

そう言ってお湯の中を指さすと、恵子が黙ってお湯の中で手を伸ばして、私の大きくなったモノを擦り始めた。

「おいっ、・・・俺も触っていいか?」

返事も待たずに恵子の形の良い白いおっぱいを持ち上げるように揉んだ。

恵子が目を閉じて黙っているので唇を重ね、舌を入れて濃厚なキスをした。

恵子の下半身に触れると、柔らかい毛が大切な部分を覆っていた。

中学のとき、恵子をオナペットにしてオナニーしてた妄想が現実になりつつあった。

お湯の中でも恵子のアソコはヌルヌルの体液を湧き出していて、指を二本飲みこんでくれた。

「うううっ・・・」

声を上げて恵子の身体が仰け反り、私のモノはこれ以上大きくなれないくらいに大きくなって、お腹にくっつきそうなくらいに勃起している。

「恵子、入れていい?」

「入れて、光ちゃんのを入れて・・・」

私は恵子を抱き寄せて自分の太腿の上に乗せ、恵子のアソコを狙って私のそそり立った物を収めた。

グイグイと奥に埋め込むと、恵子がギュっと抱きついてきて腰を上下している。

夢のような恵子とのセックスに私は燃えていた。

イキそうになったので引き抜いて、一旦インターバルを取って再度恵子に挿入した。

フィニッシュは恵子の口の中に。

私の今のすべてと思うほどの量を放出していた。

恵子はそれをすべて飲み干し、「私、良かった?」と微笑んで俯いた。

「最高に良かったよ、恵子」

恵子に熱いキスをして抱き合った。

十年ぶりに会って、一日でこんな風になるなんて・・・。

それからも時々、二人でズル休みをして素敵なセックスを楽しんでいる。

What do you think of this post?
  • エロくない (1)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!