【隣の人妻との体験談】奥さんが万引きしたのを目撃し、それをネタに部屋へ乗り込みペニスを露出


大学終わりに、家の近所のスーパーに寄って、夕ご飯の総菜を買おうと選んでいたら、店内に同じアパートの人妻さんがいた。

俺の住んでるアパートは、半分が単身者向け、半分がファミリー向けの間取りになっていて、俺はもちろん単身向けの1DKに住んでいる。

その人妻さんは、まゆさんと言う名前で、俺の密かな憧れだ。

たぶん、20代中盤から後半くらいで、とにかく清楚な感じの女性だ。

笑った顔が、松岡茉優によく似た感じだ。



まゆさんは、俺なんかにも笑顔で挨拶をしてくれるので、性格も良いのだと思う。

たまに少し立ち話をしたりすることもあるが、間近で話をすると、本当に可愛い顔をしていると思うし、意外に胸がデカいなと思ったりする。

こんな人と結婚できた旦那さんが羨ましいなと思う。

まゆさんは、ちょうど俺の隣の部屋に住んでいる。

なので、ごくまれに、夜の生活の声が聞こえてきたりする。

かすかな声だけど、俺は超集中して盗み聞きし、おかずにしてオナニーをしたりする。

俺は、まゆさんを見かけたので挨拶をしようとした。

でも、あまりにも挙動不審な感じだったので、不思議に思って声をかけずに観察した。

すると、すぐに挙動不審な理由がわかった。

まゆさんは、万引きをしているようだった。

俺は、まさかと思った。あのまゆさんに限って、そんな事はあり得ない……。そう思った。

でも、間違いなく、化粧品みたいなものを3個カバンに滑り込ませたのを見てしまった。

そして、俺はドキドキしながらまゆさんを観察し、結局、食料品だけ会計して店の外に出たのを確認してしまった。

俺は、正直幻滅していた。

憧れていた人妻さんが、万引き主婦だったとは夢にも思っていなかった。

そして、何食わぬ顔で歩き始めたまゆさんを見て、なぜかすごくムカついてしまった。

裏切られた! そんな、勝手な感情だ。べつに、ただのお隣さんなので、裏切られたもないんだけど、俺は無性にムカムカしてしまった。

そして俺は、しばらく後をつけて、アパートが近くなったタイミングで後ろから声をかけた。

「こんにちは!」

ムカついているのを隠し、いつも通りに笑顔で声をかけた俺。

『わっ、ビックリした!』

まゆさんは、後ろから声をかけられて本当にビックリしたみたいだ。

でも、きっと万引きをした直後なので、余計に驚いたんだと思う。

「すいません。ビックリさせちゃいました?」

『なんだ、松田君か。ビックリしちゃったよ』

俺だとわかって、安心したように笑うまゆさん。

やっぱり、抜群に可愛らしい。

年上の女性に可愛いというのもちょっと違う気がするが、実際に大学のどの女の子よりも可愛いと思う。

「買い物ですか? サミットですね。僕もさっきそこで買ったんですよ」

俺がそう言うと、

『えっ、そ、そうなんだ。全然気がつかなかったわ』

と、しどろもどろになった。目が泳ぎまくっていて、本当に焦っている感じだ。

「ほら、これです。一人暮らしなんで、こんなものばっかり食べてます」

と、僕はスーパーの袋を持ち上げて、中の総菜をまゆさんにアピールした。

『そ、そう。でも、栄養偏っちゃうわね。今度何か作ってあげるわ』

まゆさんは、罪悪感からかそんな事を言った。

「ホントですか? 嬉しいなぁ」

俺は笑顔でそう言った。まゆさんは、俺が万引きのことを言い出さなかったので、ホッとした感じだ。

『そんなに美味しくないと思うけどね』

まゆさんは、すっかりとリラックスしたような感じだ。

「まゆさんみたいな美人に作ってもらえたら、腐ってても美味しいって思いますよ」

『またまたぁ。結構口上手いのね』

「ホントですよ。まゆさん美人だと思います」

『そんな事ないわよ。メイクが上手いだけよ』

「そう何ですか? でも、女性って大変ですよね。化粧品代もバカになりませんよね」

俺は、ちょっと意味ありげな感じで言った。

『そ、そうね。じゃあ、また今度ね』

まゆさんは、またキョドりながら自分の部屋に向かって行った。

俺は、ゾクゾクするような気持ちだった。

まゆさんをコントロールしているような、何とも言えない征服感で軽く勃起してしまった。

そして、俺は自分の部屋に戻り、総菜なんかを冷蔵庫に入れると、部屋を出て隣のまゆさんの家に行った。

ドアをノックすると、無警戒にドアが開く。

『あれ? 松田君、どうしたの?』

まゆさんは、笑顔で声をかけてくれるが、少し怯んだような感じもする。

「すみません。ソースが切れちゃってて。少し貸してもらえませんか?」

『あぁ、そうなんだ! いいよ、ちょっと待ってて!』

ホッとした顔でキッチンに移動したまゆさん。

リビングのテーブルに、さっきの化粧品が置いてあるのが見えた。

『はい、どうぞ』

笑顔でソースを渡してくれるまゆさん。俺は、覚悟を決めて、

「あれ? 机の上の、さっきの化粧品ですか?」

と言った。すると、まゆさんは慌てて振り返って机を見る。

『えっ? あ、そ、そうだね』

しどろもどろになるまゆさん。

俺は、黙って靴を脱いで部屋に上がり込む。

『えっ? えっ? 松田君、どうしたの?』

キョドるを通り越えて、パニックになったような感じのまゆさん。

俺は、そのままズカズカとリビングまで上がり込み、化粧品を手に取った。

万引きしたのは3個と思っていたけど、机の上には6個も乗っていた。

「こんなに沢山だと、結構な額になりますね」

俺が、冷たい口調で言ってみると、

『……』

まゆさんは固まってしまったように何も言えなくなった。

俺は、最高の気分だった。

いつもほがらかな笑顔の彼女が、顔面蒼白になって震えている。

俺は、自分に加虐心などないと思っていたけど、思いきり勃起してしまっていた。

俺は、黙って震えている彼女の前で、ダイニングチェアに座る。

そして、ファスナーを降ろして、勃起したペニスを取りだした。

『なっ、なんで……』

何か言いかけたまゆさんだったけど、すぐに黙ってしまった。

そして、青白い顔のまま、俺のペニスを見つめていた。

「早くしないと、旦那さん帰って来ちゃいますよ」

俺がそんな風に言うと、

『うぅ……』

と、短くうめき声みたいなものを上げた。

俺は、座ったまま化粧品の箱を手に取り、お手玉みたいにポンポンと手の平の上でもてあそぶ。

すると、まゆさんは俺の前にひざまずき、勃起したペニスを手に握った。

まゆさんの柔らかくて細い指がペニスに絡み、俺は声が出てしまうほど気持ち良かった。

でも、そんな事はおくびにも出さずに、化粧品の箱でお手玉を続ける。

すると、まゆさんは覚悟したような顔になり、俺のペニスをしごき始めた。

上下に恐る恐るしごくまゆさん。

でも、握り方も弱いし、上下に動かす速度も緩い。

やっぱり、清楚な見た目通り、男性経験は少ないみたいだ。

「そんなんじゃ、いつまでたっても終わらないですよ」

『うぅ……。ごめんなさい。で、出来心だったの……』

まゆさんは、俺のペニスを握ったまま、泣きそうな顔で言う。

「え? 何のことですか? 俺、警察でもなんでもないですよ」

『だったら、こんなこと……』

「俺、なにも要求してないですよね? したくないならいいですよ。俺も帰りますし」

『……本当に?』

「はい。でも、俺おしゃべりですからねw」

イヤらしい笑い方で俺が言うと、まゆさんはあきらめたようにうつむき、そして俺のペニスを口に含んだ。

俺は、飛び上がりそうに嬉しかった。

憧れのまゆさん……オナニーのおかずにしていたまゆさんが、俺のものをくわえている。

それだけで、テンションマックスになりそうだ。

まゆさんは、頭を動かすようにしてフェラチオを始めた。

でも、すぐにほとんど経験がないんだなとわかってしまった。

唇をすぼめることもないし、歯もガンガン当る。

これでは、30分やられてもイク事はないと思う。

でも、視覚的なエロさが最高だったので、しばらくそのままやらせてみた。

若妻の部屋のリビングで、フェラチオをさせる……。本当に最高だ。

『……まだイキませんか?』

まゆさんは、敬語で聞いてくる。俺は、若妻さんのそんな仕草に、ゾクゾクしっぱなしだ。

「あんまり口ではしないの?」

と、ため口で聞く俺。

『は、はい。ほとんどしたことないです……。下手くそですか?』

「うん。それじゃ、いつまでたっても終わらないよ」

『ごめんなさい……。どうしたらいいですか?』

まゆさんは、完全にビビっている。俺は、

「じゃあ、上だけ脱いでよ。おっぱい見せてくれたら、すぐイケると思うよ」

と、ニヤニヤしながら言った。

『そ、そんな……。無理です……』

「じゃあ、そのまましたら? そんなんじゃイケないから、旦那さん帰って来ちゃうと思うけどw」

俺がそんな事を言ったら、まゆさんは泣きそうな顔でうつむいた。

そして、ゆっくり上着のボタンを外し始めた。

俺は、本当に有頂天だった。

はだけたブラウスから、まゆさんのブラジャーが見える。

薄いピンク色の可愛らしいブラだ。

でも、胸の谷間は結構えげつない。

大きな胸を、無理矢理押し込んでいるような感じだ。

真っ白で、柔らかそうな胸の谷間。俺は、我慢できずに胸の谷間に人差し指を突っ込んでみた。

『あっ!』

思わず声をあげたまゆさん。

でも、すぐに黙ってボタンを外し始めた。

俺の人差し指は、柔らかい肉に包み込まれ、さらに勃起が強くなる。

まゆさんは、ブラウスのボタンを外すと、それを脱ぎ去った。

ブラ姿になったまゆさん。

想像していた通り柔らかそうな身体だ。

くびれはあるが、ムチッとした感じがする。

俺は、人差し指を引き抜いた。

まだ、旦那さんが帰ってくるまで、2時間くらいはあると思う。

ゆっくりと楽しんでもいいが、俺もそこまでの余裕はない。

俺が人差し指を引き抜くと、まゆさんは後ろに手を回して、ブラジャーのホックを外した。

そして、腕で胸を隠しながら、ブラジャーを取り去った。

胸が丸見えになるよりも、ハンパなくエロい感じだ。

腕で押しつぶされたおっぱいが、グニャッとはみ出ている。

潔の悪いグラビアアイドルが、なかなか乳首を見せないような感じの際どいポーズに、俺は生唾を飲み込んだ。

『弛んでて恥ずかしいです……』

まゆさんは、顔を真っ赤にして言う。俺は、

「大丈夫だって。凄く綺麗だよ」

と言ってみた。

すると、ゆっくりと腕を降ろし始めた。

俺は、思わず身を乗り出してしまった。

まゆさんの乳房は、やっぱり真白で柔らかそうだ。

そして、乳輪が見えてきた。

大きな胸なので乳輪も大きいと思ったが、親指で隠れてしまいそうな小ささだった。

なによりも、色素が抜けたように色が薄い。

色白というのは、それだけでエロいんだなと思った。

そして、姿を見せた乳首は、乳輪の小ささと比べて、少しギャップがあるほどの大きさだった。

乳輪と乳首が同じくらいのサイズに見えてしまう。

弛んでいると言っていたが、それほど垂れている感じはない。

大きさや年齢から考えると、充分に張りのある胸だと思う。

「意外と遊んでるんっすね」

そう言って、俺は乳首をつまんだ。

『ひぃっ、うぅ……そんなことないです……』

まゆさんは、身を固くしてそんな事を言う。

俺は、乳首をぎゅっぎゅっとつまんでみた。

柔らかくて少し大きめの乳首。あっという間にカチカチになってくる。

『うぅ……。ゆ、許して……』

まゆさんは、本当に泣きそうな顔だ。

俺は、かまわずにまゆさんの乳首をこねくり回す。

すると、まゆさんはそのままフェラチオを再開した。

俺に乳首をまさぐられたまま、下手くそなフェラチオを続けるまゆさん。

しゃがんでいるので、スカートの中のパンツまで丸見えだ。

俺は、足をその中に突っ込み、パンツの上から触り始めた。

一瞬、ビクッと身体を震わせたまゆさん。

でも、フェラチオは頑張って続けている。

下手くそなフェラチオなので、俺は全然イキそうにならない。

そのまま、その綺麗な胸をたっぷり堪能し続けた。

人妻の自宅でこんなことをするなんて、フィクションではよくある話だと思うけど、リアルではなかなかないと思う。

俺は、自分の足の指先が濡れているような感じになっていることに気がついた。

アレ? なんか、濡れてるしw」

俺がそう言って、足の指をまゆさんの顔の前に持っていくと、

『イヤぁっ! ち、違うの!』

まゆさんは、大慌てで俺の足の指先を握って隠すようにする。

「いやいや、完全に濡れてるじゃん。靴下シミになっちゃってるよ」

俺がいじわるな感じで言うと、

『……ごめんなさい』

と、謝ってきた。

「ねぇ、立ってスカートまくり上げて見せてよ」

俺が冷たい口調で指示をしたら、まゆさんは一瞬歯を食いしばるような顔になった後、スッと立ち上がった。

そして、ゆっくりとスカートの裾を掴み、まくり上げていく。

俺は、その仕草を見ているだけで、結構イキそうなくらい興奮してしまった。

太ももがあらわになり、パンツが見えてくる。

さっきも見えていたけど、こうやってゆっくりと見えてくると、エロさが違う気がする。

「やっぱりシミが出来てるじゃん」

俺がそう言うと、まゆさんはうつむいて何も言えずに固まっていた。

「じゃあ、パンツ脱いでみてよ」

『そ、それは……』

絶望的な顔で俺に言うまゆさん。

でも、俺もここまでやって引き下がれるわけがない。

俺は、黙って彼女を見つめた。

すると、まゆさんは目が泳いだ後、パンツを脱ぎ始めた。

まゆさんがパンツを降ろすと、ヘアが見えてくる。

まったく手入れをしていない感じで、思ったりも剛毛だ。

俺は清楚な見た目とのギャップに、余計興奮してしまった。

「ヘアとか、整えないの?」

『えっ? 整える?』

まゆさんは、意味がわからないという顔でキョトンとしている。

「剃ったりしないの? 今時の女の子って、みんな全部剃ったり脱毛してるよ」

俺は、適当なことを言った。

でも、俺の経験した女の子の中で、2人ほどパイパンはいた。

なので、ある程度流行っているのは間違いないと思う。

『そ、そうなの? そんな事、考えたこともないわ』

まゆさんは、こんな状況なのに、なぜか話に食い付いてきた。

「だって、みっともないじゃん。旦那さんだって、イヤだなって思ってるはずだよ」

『本当に? だからなのかな……』

まゆさんは、思い詰めたような顔になる。

「なにが? だからって?」

『う、うん……。最近、全然エッチしようって言ってこないんだ……』

まゆさんは、思い詰めた顔になる。俺は、なんか話が変わってきたなと思いながらも、続けて話した。

「だったら、剃ればいいんだよ。絶対に喜ぶって」

『本当に?』

「マジだって。俺がやってあげるよ。毎朝ヒゲ剃ってるから、得意だよ」

『でも……』

口ごもる彼女を強引に押し切って、浴室に引っ張っていった。

そして、なだめすかしながら、強引に浴室の中でヘアを剃り始めた。

浴槽の縁に座らせ、足を拡げさせる。

まゆさんは、顔を真っ赤にしてうつむいている。

まゆさんのアソコは、ヘアはもじゃもじゃしているけど、綺麗なものだった。

ビラビラも小さいし、色素沈着もほとんどなく、そこだけ見ると子供みたいだった。

そして、やっぱりすごく濡れていて、ヌラヌラ光っている。

『本当に剃るの?』

まゆさんは、いつの間にかため口に戻っていた。

俺が、強引に犯すようなことをしないとわかり、安心したのかも知れない。

本当は、さっさと犯してしまおうと思ったのだけど、人妻のヘアを剃るという行為に、もの凄く興味を引かれていた。

「じゃあ、ちょっと濡らすよ。旦那さんのシェービングフォームってどこ? あ、これか」

俺は、まゆさんに考える間を与えぬよう、さっさと進める。

シャワーでお湯を出し、ヘアを濡らす。

まだスカートを穿いたままなのは、俺の趣味だ。

全部脱がせてしまうよりも、この方がエロいと思ったからだ。

スカートが濡れないように気をつけながら、ヘアをたっぷり濡らした後、シェービングフォームをたっぷりと塗りつけた。

そして、旦那さんのT字カミソリを使って、まゆさんの剛毛を剃り始めた。

旦那さんもヒゲが濃いのか、5枚刃のカミソリだったので、ほとんど抵抗感なく、スッスッと簡単に剃れていく。

床に毛がたまっていき、まゆさんのヘアがどんどん小さくなっていく。

最初はギュッと身を固くしていたまゆさんも、俺が滑らかに剃るので、安心したのかリラックスしてきた。

アソコのまわりは、もともとほとんど毛がなかったので、あっという間に綺麗なパイパンに仕上げることが出来た。

「ほら、この方が綺麗でしょ」

俺がまゆさんに自信たっぷりに言うと、まゆさんは浴室内の鏡を見ながら、

『ホントだ……。でも、子供みたい……』

まゆさんは、モジモジしてしまっている。

俺は、適当なことを言ってまゆさんをパイパンにしたけど、旦那さんになんて説明するつもりなんだろうって、人ごとながら心配になってしまった。

でも、パイパンになったまゆさんは、すごい破壊力だった。

清純でロリっぽいアソコの人妻……。

俺は、我慢できずにまゆさんを抱きしめ、そのままキスをした。

『んっっ!』

俺を押しのけようと抵抗するまゆさん。

でも、俺はつかまえて逃がさない。

そのまま、強引に舌を突っ込み、彼女の口の中をかき混ぜた。

ずっと憧れていた若妻さんの舌……。たまらない興奮だった。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!