【レイプ体験談】美人人妻を犯してから、すっかり人妻レイプにハマってしまった男


こないだ北川景子に似た美人な人妻を強姦してから、すっかり人妻をレイプすることにはまってしまった俺。

幸せそうな人妻の膣内に精子をドクドク流し込んで、ブチ壊すのに最高の快感を感じるようになった。

ショッピングモールを徘徊して獲物を探していると、好みの女が目に付いた。

アーモンドアイで落ち着いた感じのストレートなセミロングの髪型が似合っている美人で、白のブラウスにフレアスカート姿の清純度マックスで、若くて可愛らしく、とても人妻には見えなかったが女の左手の薬指を確認すると結婚指輪がある。

すかさず後を追い尾行して家をつきとめた。



その日から張り込んで事朝から晩まで家の様子を伺いながら、若妻の行動を細かくチェックして家族構成やら行動を記録した。

若妻は『美月』という名前で、夫婦2人暮らしの旦那は7時頃出勤し20時頃に帰宅。

若妻は毎日、15時くらいに買い物に出掛け、16時には戻って来る。

張り込んでる間はオナニーもせず、精子を溜めるだけ溜めていた。

張り込んで5日目、この日の美月の格好はピンクのシャツに薄い黄色のカーデガンと下は黒のハーフミニのスカートで、こんな格好の清楚で上品な人妻を見てると我慢できなくなり、レイプを決行することにした。

買い物から帰ってきたのを見届けて、宅配便のふりをしてチャイムを押す。

「はーい、ちょっと待ってください」

可愛い声がきこえ、若妻がドアを開けた瞬間、覆い被さる様に一気に襲い掛かった。

馬乗りになり若妻の口を塞ぎながらナイフを突き付け、低い声で

「声を出したらどうなるか分かるよな」

と脅し、突然の事に目を見開いてる若妻に

「これから奥さんに俺のモノをブチ込んで気持ち良くさせてやるから」

静かに、低い声で言ってやった。

「や、やめて下さい…お願いします」

俺の言葉を聞いて、若妻の顔から血の気が引いて、そして涙があふれてきた。

「黙ってろ、声出すな」

ナイフを見せながら言ってやると、若妻はガタガタ震えていた。

涙にくれた上品な顔を見てると欲情が増すばかりだった。

身体を両足の間に割り込ませてスカートの中に手を突っ込み、下着の上から割れ目をなぞる。

「や、やめて下さい…やめて…いや」

震えて目に涙を貯めながら哀願する若妻の唇を強引に奪ってやると頑なに口を閉じてきたので、鼻を詰まんで息苦しくなって口を開いた所に舌を捩じ込んで、若妻の舌を舐めまわし、唾液を流し込み飲み込ませて何度も何度も唇を吸ってやった。

散々可愛い唇をいたぶったあと、たまらなくなってシャツのボタンを外していくと、真っ白なブラジャーが出てきた。

色白の谷間を見るとたまらなくなって、ブラジャーをずらして胸を出すと乳首の色も綺麗で可愛く、指でさすったり強く揉んだり舐めたりして楽しんだ。

ミニのスカートを少しずつ捲くっていくと、太腿もすごくスベスベで、我慢できなくなり腰までスカートを捲りあげると、白のレースのパンツが出てきた。

こんな可愛い女と毎日セックスしてる旦那が許せなくなり、とことん若妻を虐めてやろうと思い、可愛い体を抱き締めて俺の手に余るくらいの綺麗な形の胸を揉んで乳首を吸いながら、パンツの上から縦になぞったり、指を押し当てたりしてると、何ともいえない柔らかい感触にチンポがギンギンになっていく。

若妻は体を捩って一生懸命抵抗していたが、俺の興奮を増幅させるだけだった。

パンツの上からマンコの部分を指でいじくりまわしていると、だんだん濡れて熱くなってきたので、腰をあげさせてパンツを引き抜こうとすると脚をバタつかせて抵抗してきたので、一発ビンタをかまして

「大人しくしてろ」

というと観念したのか泣くだけになって大人しくなった。

俺は大人しくなった若妻からパンツを引き抜いて脚を広げさせてクリトリスをいじり、穴に指を挿れたり出したりを繰り返しながら若妻を見ると、じっと目を閉じて耐えるようにしていた顔に赤みを帯びてきていた。

舌をマンコに捻じ込ませて暴れさせたり、クリトリスに吸い付いたりすると、ビクッビクッと身体をよじらせるので

「奥さん感じるのか?ビショ濡れだよ」

と言ってやると、違う違うとでもいうように首をブンブン振って否定する若妻。

俺はこの上品な可愛い人妻を屈服させてやろうと思い、いよいよ挿れてやることにした。

俺のチンポももう最高潮の状態で我慢汁がダラダラ出ていたので、脚を思いっきり開かせてチンポをマンコに押し当てて先っぽでクリトリスを弄ってやると、”ヌチャッ”っという音が聞こえた気がした。

若妻は目を見開いて何とか逃れようともがいてきたが、体重をかけて動けないようにして若妻の割れ目にチンポをゆっくり挿入させて行く。

腰を捩り逃げようとする若妻の両足を抱え込み、チンポの先を押し当てて腰に力を入れるとズブズブッと入っていった。

若妻は俺のチンポが奥に入ってく度に

「あぁっ…あっ…ああぁーっ!!」

と涙をこぼしながら切なそうに眉間に皺を寄せる表情が最高で、マンコも最高に気持ちよく出し入れしているとヒダがからみついてきてすごい感触だった。

前に犯した人妻と同じで、この若妻もチンポを挿れると愛液があふれ始め、抜き挿しされる度に卑猥な音を立て始めて、乳首とクリトリスは肥大し立っていた。

スカートをはかせたままというのも本当に犯してるみたいで興奮した。

まぁ本当に犯してるんだから当たり前か。

グチョグチョと音が響く度、眉間にシワを寄せ必死に堪えている若妻を見てると我慢できなくなり出すことにした。

「奥さんの中にたっぷり出してやるよ!!」

「や、止めて!!中に出さないでーっ!!」

イヤイヤというふうに腰を捻って何とか逃げようと抵抗する若妻を抑え込みながら、激しく深く奥までの挿入を繰り返してやった。

「お願いします…中に…中には出さないで…やめて…嫌ぁ」

無言のまま凌辱し続ける俺に若妻は哀願するように言ってきたが、無視しながら激しく腰を振り、絶望の縁に落とすように思い切り腰を入れてそのまま胎内にドクドク放出してやった。

「あああぁ…やめてぇ…」

あまりの気持ち良さに若妻を抱き締めたまま動けないくらいだったが、中出しされた若妻の絶望した表情と、呆けてぐったりした姿に征服感を満たされてチンポがすぐに復活したので、今度は寝室で若妻を犯すことにした。

泣いている若妻を寝室連れ込み、髪を掴んで無理やりイラマチオをさせたあと、ベッドに押し倒して俺に尻を向けさせ四つん這いの格好にした。

若妻は色白で身体は細いんだけど、人妻らしく尻だけは妙に大きい感じで、その格好はもの凄くエロく、若妻の細い腰を掴んですぐにチンポを突き刺して犯してやった。

体勢のせいなのか、さっきの正常位の時よりもマンコの中は狭く締まってるように感じて、そこからはもう夢中で若妻を突いた。

若妻は顔をシーツに沈めて必死に声を出さないように耐えていたが、腰を前に出しながら手で若妻の腰を自分に引きつけるようにして、ただ腰を振るよりも何倍も激しく若妻の奥に俺のチンポが突き刺さるようにして突きまくると

「あうっ!はうっ!」

みたいな快感に必死で耐えてるような感じの声を上げていて、俺の加虐心を刺激した。

手はシーツを強く掴んで、尻だけを俺に突き出して上半身はベットに倒れこむような形になってた。

俺が突きあげる度に、頭のてっぺんまでまるで電流が走ったようにピクピクと反応していたので、抑え込みながらさらに激しく深く奥までの挿入を繰り返してやると、若妻が痙攣して締め付けが増しイったのが分かった。

「奥さん派手にイったね!!感じてんだから我慢すんなよ!!」

「イって…ない…感じて…なんかいない…もう…やめて…もう中に…中に出すのだけはもう…お願い…イヤァ…お願いだから…」

俺はもう射精直前なので無視して腰をがっちり抑えて猛ピストンし、抵抗出来ない若妻の子宮口を突きまくってやった。

「俺の精子で妊娠させてやる!!孕ましてやるよ!!」

若妻は悟ったように大人しくなり、されるがままに全てを受け入れ始めた若妻の中に、2度目の射精をしてやった。

1度目より余裕で多いと思えるくらいの射精感で、涙とヨダレを垂らして最後はガックリとうな垂れた若妻に最後の一滴まで中で射精してから離れると、割れ目から逆流した精子が流れ落ちてきたので、指ですくうようにして割れ目の中に戻してやりながら、

「奥さんが買い物してるとこ見かけたときから狙ってたんだ、ごちそうさん」

といって若妻の家をあとにした。

What do you think of this post?
  • エロいいね (3)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!