【集団レイプ目撃体験談】ヤクザに面白いモン見せたる、と言われたらJC2人へのレイプだった


私の職業は、Hホテルの部屋をデザインする仕事をしている。

その日もある倒産したホテルを新しく改装してほしいと言う依頼を受けて立ち寄った。

ホテルの新しいオーナーは、ある有名なヤクザ屋さんである。

カギを開けて中に入っていろいろ見終わった時、そのオーナーが、

「先生今から面白いモン見せてあげますよ。」

と言ってきた。瞬時にヤバい事だと思ったが、相手は名のとおったヤクザ屋さんなので断れない。



そうこうしてる間にドタドタと数人の男が入ってきた。それもなんと女の子を2人抱えながら入ってきたのだ。

女の子の1人はジーパンにTシャツを着ている。もう1人は、白のTシャツに黒の短いジャージを履いている。

そして金髪の若そうなオネーちゃんにオーナーが声をかける。

「間違いないか?」

「うん。こっちのジーパンのこいつだよ」

「こっちは?」

「はい、一緒にいたもんでしょうがなくつれて来ました。」

「まあいいか…よし、はじめな」

金髪の女の子は、オーナーの女らしい。それにしても寝ている2人は若すぎる

「この子たち若いんじゃないの?」

「おう中学1年生だ」

「え、中学生、それも1年!」

そうしてるうちにも男達は、2人の女の子のTシャツをまくりあげる。

「うわ」

私は、いきなりの展開に思わず声を上げる。

ジーパンの女の子の方はまだあどけない身体にしっかりと女の象徴のブラジャーをはめている。それに対し、半ジャージの女の子はまだスポーツブラだった。

男達は、丁寧にブラとスポブラをはずす。やはり中学生ぽいおっぱいが、さらけ出される。

それを見て私のチンポが反応してしまう。

上半身裸にされた2人。男達はそのままジーパンと半ジャージに手をのばす。

どうみても半ジャージの子は、クラブ活動に行く途中である。

ジーパンとジャージが、2人の身体からすり抜け、まだ中学生らしいピンクのショーツと白のショーツが脱がされる。

「うわ…たまらねぇ」

幼い二人の素っ裸を見て、思わず言いそうになる。

男達は、ビデオカメラを持ち出してくる。

金髪の女の子は、勝ち誇った目で2人を見つめる。

両足首を左右の男に持たれると、女の子の足が、ビデオカメラの前で裂けそうなくらい一気に開かれる。そしてもう1人の男がそれでも口を開けきらない女の子のアソコを指で開く

思わず移動をして、アソコの中がよく見える位置に移動する。

カメラについた照明の光が、女の子のアソコをしっかりと中まで照らしている。そのあと半ジャージの女の子も同じように足を開かれ、アソコの中まで映るようにしっかりカメラを回される。

「よーし次だ」

オーナーのその声に、2人の男が、黙々と服を脱ぎはじめ素っ裸になる。

「まさか…」

しかしさすがはヤクザ屋さんである。人のいる前でもチンポはビンビンである。

男2人は、2人の足を開くとビンに入ったローションを手につけ、アソコに塗る。

「まじで!」

そして、開いたアソコにそれぞれのいきり立ったチンポを処女であろう女の子のアソコに一気にぶち込んだ。

「うわー」

男達は、2人の足を抱え上げ、腰を振る。

ビデオカメラはしっかりとその行為をとらえている。

私は目の前で中学1年生の女の子2人がレイプされてる光景にたまらなく興奮し、知らないうちにズボンをテント状態にしていた。

そうこうしているうちに男達の腰の振りが早くなっていく。

それを見て金髪の女の子は男達に

「遠慮なく奥深くに注いじゃいな」

そう言った直後、ほぼ時を同じくしてどっちも逝ったらしい。

余韻に浸ったあと、男達が2人の膣からチンポを抜くとドロドロッと精液があふれ出てきた。

「もう我慢できねぇ」

と思ったその時、オーナーが声をかけてきた。

「先生はこのくらいの女の子好きなんだろう。いや答えなくても良いよ。良ければ、好きな方を好きなだけやってみるかい?」

私は、性欲に負け半ジャージの幼さが残る女の子を抱いてみたいと言った

「じゃあ、この部屋で気が済むまで楽しんでくださいよ」

ニヤニヤしながら、男達に指示をしジーパンの女の子を担ぎ上げ部屋を出て行く。

「その子はどうするんですか」

その答えに金髪の女の子が

「このあともっとむごい目に遭わせて壊れるまで全部ビデオ撮影。そっちの子は巻き添えだからあとは先生がたっぷり犯すだけで良いよ」

と言い、出て行く前に

「あっ、ちゃんと全部中出しだよ」

と笑いながら出て行く。

部屋には私と素っ裸にされた半ジャージの女の子だけになる。

私は鬼畜になりそのまだ子供体型の女の子を徹底的に犯した。何度もアソコに入れ、何度も中に出した。

途中、ジーパンの女の子の様子を見に行くと、手足を拘束され、全身精子まみれにされ、アソコには電動ドリルが突き刺されていた。

女の子は白目をむき、痙攣しながら失神していた。

結局、半ジャージの女の子を途中目が覚めても嫌がるのを楽しみながら犯し続け、気がついたら夜も過ぎ明けていた。

私が満足して部屋を出ると、男達は待ってたかのように部屋に入っていく。

休憩しながら脇を見るとジーパンの女の子は完全にボロボロの状態で、やりまくったあともあったけど、さすがに入れたいと思うような状況じゃなかった。

結局半ジャージの女の子はその後も男達に2時間ほど犯され、素っ裸のまま、担がれてきた。

「よし。最後の仕上げ」

と言い、金髪の女の子が1mある竹定規を取り出してきて、ジーパンの女の子のアソコの穴にセットすると、一気に奥まで突き刺した。

「グゥアー」

ジーパンの女の子の最後の断末魔をあげ気を失ってしまった。

結局、最後は半ジャージの女の子は不良グループがたまっている場所の近くに素っ裸で捨てられたそうだ。きっと、不良グループはそれを見つけさんざん犯したことだろう

ジーパンの女の子は、竹定規をアソコの穴に突き刺されたまま、どっか畑に案山子のように立てかけられたそうだ。

1mもある定規では足は地につかないだろうから完全な串刺しだろう。

ジーパンの女の子のアソコは使い物にならなくなったらしい。

半ジャージの女の子のアソコも結局壊れて使い物にならなくなっただろう。

What do you think of this post?
  • エロくない (1)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!