【獣姦体験談】妻が犬と交わり、尻結合している所を見てみたい【前編】

201202131834165e8
今から8年前に家を新築した時、子供達の意向もあって犬を飼おうという事になってしまい、私はどうせなら大きな秋田犬かどっしりとして可愛いブルテリアのどちらかを飼いたいと思っていました。

妻は秋田犬の方がカッコ良いと写真を見て言います。

「もしブルテリア飼うんだったら、あなた1人で面倒見てね」というので、自信のなかった私は秋田犬を飼う事に決め、雑誌の繁殖している方の広告を頼って家族で埼玉の方へ譲ってもらいに行きました。

写真と実物とでは大違いで、犬の余りの大きさに子供達はビックリして近付けません。

気の良さそうな御主人が「この中で気に入ったのを」と言い、金網の小屋から生まれてまだ2ヶ月あまりの仔犬を数匹出しました。



「ワァーカッワイイ」とぬいぐるみの様な仔犬に子供達は大喜び、「このままだといいんだけど..」と妻は成犬の大きさに困惑している様子でした。

色々と説明を聞き、将来は繁殖させるという約束でいただいた血統書付きの犬だったので日本的な本名を持っていたのですが、その名は秘密にしておきます。

愛称は「ロッキー」でした。

愛らしいロッキーを子供達は「可愛い」とよく遊び、とりわけ妻の可愛がりようは大変なもので、一緒にベッドで寝てしまったりして「表で飼う」という私の意見も聞かずしばらくは室内飼いになった程です。

すっかり妻に懐いたロッキーは、あれよあれよという間に大きくなり、半年後には30キロを越え、朝は妻が3km、夜は私が10km近く散歩させる様になり、食欲も旺盛でサイエンスドッグフードだけでなくカルシウム補給に特製の粉末も混ぜ、牛乳も水代わりといった感じで飲んでいました。

1年近くすると、体重が50キロ近くなってしまい、ガレージで飼っていたので、車は駐車場を賃りてそこへ置いていました。

近所の人が珍しい物でも見るようにたくさん来る様になって、犬に詳しい人は「これは大変な犬ですよ」と感心していました。

そこで、こんな大きな犬を町の中で飼うなら後々楽だし安全だということで、妻の「半年以上も離れるのはいや」という意見を振り切り、訓練所へお願いしました。

毎週、結構遠い訓練所まで妻に促されて家族で会いにいっていました。

とにかく妻はもともと動物は大好きでした。

半年後、ロッキーは精悍な姿になって帰ってきました。

筋肉がグッと張り、野生のオオカミか彫刻の様でした。

その日の妻は、どうしても家の中で一緒にいたいというので私はロッキーと一緒にお風呂に入り、家の中にいさせました。

ロッキーは家の中だと一段と大きく見え、子供そっちのけではしゃぎまわる妻より大きく見えました。

そして再び、妻と私の散歩がはじまりました。

繁殖所の御主人が1度見に来てくれた時、コンテストに出してもいいと言っていました。

犬を飼い出してからの妻は、それまで忙しくやっていた洗剤などを売る仕事も、水泳教室も止めてしまった位ですので、ロッキーに対する愛情と世話の具合いは分かってもらえると思います。

繁殖させるといいお金になるということでしたが妻はそういう事が目的ではなく、ただ可愛がりたかったようでした。

病気の心配だけが

ロッキーも2歳近くなり、子供達も小学校に通う様になった頃ジャレるロッキーは前脚で妻を押さえつけるようにして腰をクイクイと動かす事が多くなってきました。

まだ仔犬だった頃にもやってはいましたが、もう本格的という感じがします。

「ロッキーッ駄目よ?・・あなたどうする?この子こんな事ばっかりし出して・・・」

ロッキーの一物はコーラの瓶ほど大きくはありませんが、同じような形をしたペニスを出し、妻の衣服を汚してしまいます。

根元の皮膚を突き破る様にピンポン玉を2つ付けた様なコブ(球茎というらしいです)を両側に飛び出させてしまっているのです。

「何なのかしらコレ・・・だいじょうぶかしら・・・」という妻ですが視線は離さないようです。

ロッキーも自分でペロペロなめるものの、液が床を汚します。

人間の物より水っぽく感じました。

夜、妻とSEXしている最中に「ロッキーのチンポ、ココに入れてやるか?」と言うと

「駄目よっそんな事、出来る訳ないわ・・っ」と興奮した様子で言います。

一戦終わった後、私は本当に妻と交わらせる事を考えてみました。

訓練した犬なので散歩の時も変なモノをなめたりする事もなく、飼っているガレージも清潔にしていましたので、まずだいじょうぶという確信はありました。

興味があったにせよ、そこらの犬とではとてもやらせる気にはなりません。

妻に、犬のSEXは人と違いお尻とお尻がくっついた形になってしばらく離れなくなってしまうと教えると、それは知っている様子でした。

そして「どうして抜けなくなってしまうのかしら・・・」と不思議そうでした。

そこで私は「お前の中に入り込んだら、あの根元のコブが中で膨れて入り口が開くより大きくなるから抜けないんだ。

そして精子を出し終わるまで小さくならないらしい」ということを話しました。

「入り口が抜けないのはわかるけど、そんな大きなコブが入って中は平気なの?」と妻は更に聞いてきます。

どうやら興味はあるようなのです。

私が聞きかじった知識を一通り話して聞かせるとしばらく素直に聞いていましたが、やがて「随分詳しいのね・・・どうしてそんな事、知ってるの?」と言ってきました。

まるで私が、以前から妻を犬と交わらせたくて研究でもしてきたような口ぶりです。

そして戸惑う私に妻は、もし本当に心配がないのなら、ロッキーとの行為に身を委ねてもいいと言い出したのです。

「そうなったら30分か1時間かわからないと思うが、抜ける迄、四つん這いのままジッと動かずにいないと駄目なんだぞ。それでも大丈夫なんだな」と聞くと「ロッキーのためなら私、何でもしてあげたいの」と言います。

妻は、犬は抵抗力があっても人間にはない病気があるのにそんな事は全く気にならないらしく、腰を振るロッキーに「フェラチオをして何とかしてあげようか・・・」と思った時すらあると告白された時は、私の方が驚かされてしまいました。

もっとも妻はジャレている時に自分の舌を吸わせたり、そのままキスしたりしている位ですので、その心配など無くて当たり前なのでしょう。

逆にロッキーが、妻を押さえ込んで腰を振るのも厳しく躾てしまえばそれでいい事なのです。

「あなた、どうしよう・・・」と言ってくる妻は、はじめから「ソレ」が可能ならば、という気持ちがあったのだと思います。

私にも繁殖とは別に、一度でもいいから妻がロッキーと交わり、尻結合している所を見てみたいという好奇心と興奮を覚えていた事は確かなのです。

「ロッキーのって・・これくらいだったわよね・・」と妻は自分の手首に指を回しています。

少々大き目の私の一物とたいして変わりなく、その辺は平気の様ですが、どうもあのコブがまだ気になって仕方ない様です。

「あなた、私がロッキーとしてもホントにいいの?大きなコブまで入るのよ?」と巨大なペニスの黒人とでも浮気するな事を言っています

しかし、もう決心はついているようでした。

「明日やってみるか。何事も実際やってみないと結果は分からないけど」と言うと、

「なんか考えるだけで興奮しちゃうわ・・っ」と初めの心配は何処へ行ったのか、気持ちはもう明日ロッキーと交わる事でいっぱいになっている様でした。

お手本を見せて

翌日、散歩から帰りソワソワしながらロッキーを連れて妻が上がってきました。

片方のカーテンを閉めて、隣の家から見えない様にします。

全裸になってしまうと前脚で抱え込まれた時、ウエストが痛いといけないから下半身だけ脱いで四つん這いになる様話していましたので、妻はすぐに半身だけ裸になってロッキーとジャレ始めました。

いつもの様に、前脚で押さえ込む様にして腰を動かし出したので、四つん這いになってお尻を突き出させます。

本能がそうさせるのか、妻の上に乗り、前脚でウエストの少し上を抱き込む様にして、身を丸める様にしながらピストンをしますが、とんでもない所を突いてみたり、オマンコの穴の所を突いても入り込む様子は全く無く、部屋の隅で真横から座り込み、ソーッとみているこちらが「どうなってんだ」と思ってしまいます。

そのうち諦めた様に妻から離れてしまい、横になってペロペロとペニスをなめています。

「何よぅ、ロッキーの恋人の牝犬になったつもりでいたのに・・・」と妻も興奮気味になっていましたので、がっかりしています。

「お前、ちゃんと濡れてるんだろうな」と妻の所へ行きお尻の方から割れ目に触ると、しっかりヌルヌルと濡れています。

どうして入らなかったんだろう。

そう思いながら私がお手本を見せてやろうと思い、ズボンを脱ぎ、興奮でビンビンになっているチンポを入れていきました。

妻が「ああ気持ちいいー」と声を出し始めたのもかまわず「ロッキー、ホラここをよく見なさい。ロッキー」とこっちへ来る様に呼ぶと、起き上がり近づいて来たのでピストンを止めて少し引き抜き、結合部を見なさいとばかりに引き寄せました。

グチョグチョになってる所へ顔を近付けさせるとクンクンと匂いを嗅いでいると思ったら、クシュン、クシュンといやな物でも嗅いでしまった様に頭を振っています。

牝犬の匂いとは違うのが本能的に分かるのか”何かちょっとおかしいんだよなぁー”と感じている様子がよく分かります。

興奮さめやらずモンモンとしている妻に、そのまま後ろから激しく突いてやると、焼き餅ちを焼いているのかロッキーは私に近づいたまま脚を軽く噛んだり(といってもかなり痛かったです)”オイ、オイ”という様に前脚で引っ掻く様にしてみたり、鼻を動かして結合部をクンクン嗅いだりしていました。

見せつける様に引き出し動かずにいるとペロッとチンポをなめられ、ゾクッと快感が走ります。

これが本気で襲いかかってきたら大変なことになっていたでしょう。

絶対服従という訓練の成果はこんな所にも表れていた様です。

「ツンツン突いてくるんだから、後はグーッと入れちゃえばいいのに・・・」妻はそう言っていました。

私がペニスに手を添えて入り込まそうとも考えましたが、なるべく自然な形で結合されていくのを見たかったし、余りしつこくして嫌気でもさすといけないと思い止めました。

何事も訓練と思い、望みを先に託したのです。

そんなことが5、6回も続いてしまい、妻に下から手を延ばして穴の所に当てがう様に話しました。

犬同士の場合は、はじめてでももっとスムーズに事は運ぶのでしょうが、なかなか思うようにいきませんでした。

ただロッキーの本格的な、そして真剣な表情を見ていると何かの拍子に1度入り込んでしまえばしめたものなのだがという期待は日毎に大きくなっていました。

翌日も大きなタオルを2枚敷いた上に、四つん這いになった妻の背中にのしかかり、とりつかれたようにロッキーは速いピストンを繰り返します。

妻が覗き込む様にして手を延ばし、前後に激しく動くペニスに手を添えて何とか自分の中へ入れさせようとするうちに、タイミングが良かったのか、偶然そうなったのか「あっ、入ってきた!」と言いました。

同時にグーッと入り込み”オッこれこれこの感触”といった感じで一瞬、納得したように深く入れて止まると直ぐにもう慣れている様にオマンコの中へ早く激しいピストンを繰り返し出しました。

「あ~ん、あなた、入ったわ。見てる?気持ちいい。凄い気持ちいい、あっあっあっあっ・・・」とピストンの速いリズムに合わせる様に声を出します。

既に根元のコブが腫れているのが見えるので尻結合には至らないだろうと思っていましたが、長い間ピストンを続け、途中で1度外れてしまったものの、妻は相当気持ち良いらしく喘ぎ声を出し続けていました。

離れた後は、ロッキーが出したと思われる液でオマンコはビチョビチョ、タオルの上には液が垂れそれはジュータンにまで点々と飛び散っていました。

少し疲れてしまっている妻にどんな感じだったと聞いたら、

「凄く気持ち良かった・・・」と言うので、どんな風だと言うと「違う感じ・・・」と言っていました。

ペニスが入ったことだけでも興奮してしまっている様に見えます。

しかしながら、入り込むまでに時間がかかり過ぎてしまった様で、コブが飛び出してしまっていて尻結合には至りませんでした。

「もうロッキーも分かったろうから、今度はお尻とお尻がくっつくようになると思う」

と話すと「ええ、わかったわ・・・」と妻は何の恐さも無くなった様でした。

【獣姦体験談】妻が犬と交わり、尻結合している所を見てみたい【後編】へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (118)
  • エロくない (19)

厳選記事PICKUP!