【出会い系体験談】援交美少女に物凄い結末をお見舞いしてやった

13_201308130406012cb
先日の出会い系で出会った時の話をします私はヒロユキ45歳独身、未だに会社では平社員、体系は164cm85kg分厚い眼鏡に薄い髪、彼女いない歴45年です。

出会い系も今までカワイイ子にあたった事もなく今回も全く期待してませんでした。

某日曜日夕方にカード式の出会い系を初めて相変わらず話が合わず残り10分をきった位で綾という声がカワイイ子につながりました。

どうやらスマホ代を払えずやむなく援交する、年は20、両親は温泉旅行で今夜は帰ってこないらしい、値段が1.5とお手ごろなこともあり話をまとめて、どうせ又冷やかしだろと思いながらあまり期待せずに待ち合わせの駅に地下鉄で向かいました。

相手の目印はピンクの腕時計のみ、こちらはジーンズに黒のTシャツ。



現地に着きタバコを吸っていると前方から多分に違うだろと思われる超カワイイ子がゆっくりこちらに向かって来ました。

ハイハイとうり過ぎるんでしょとボーと見ているとゆっくり立ち止まりこちらをみているではありませんか。

綾さん?と聞くとコクリとうなずきました、私は喜びを隠しこころのなかでガッツポーズしました、しかも彼女は私の大ファンであるももクロの百田夏菜子そっくりだったんです。

車に乗せると速攻ホテルに。

前もって言っておきますが、私は超変体性癖があり以下のプレイで分かると思います。

で彼女というとほとんど喋る事もなくベットに座り下向きで全く元気ない様子です。

まずチョット匂い嗅がせてみたいな事いいながらベットに倒します。

首筋を嗅いだ後、髪の毛をスーハー嗅いでいると彼女は私を軽蔑の眼差しで見てきます。

おかまいなしに鼻を擦り付けるように髪の匂いをかぎまくります。

アーーアーーと私がキモイ声を出しても彼女は無言です。

これはいける?と思いチョットいいとか言いながら浴衣のヒモ?で彼女を目隠し、これ興奮するんだと言うと又彼女は無言。

この時点でもう私は鼻から精液が出そうでした。

私は彼女の口にむしゃぶりつきました。

口の回りをべろべろ舐めまわし、上下の唇をめくり上げ歯と歯茎を舐めまくり。

ベロを出させて狂ったように吸いまくりました。

あーあーー、百田夏菜子似の素人美少女がこんなキモオヤジに口の中を舐めまくられているーーーそう思うと射精しそうでした。

そしてその行動は30分位?止まらずに遂に彼女がオエーー!と起き上がろうとしました。

私はその行動により興奮し再度彼女を寝かせ今度は鼻を中心に顔中を舐め回しました。

鼻の穴に舌をねじこませピストンしたり、鼻フェラしたりで顔は唾だらけで激臭です。

その後は逆に私の汚い歯と歯茎を舐めさせ臭いベロを吸わせました。

死ぬほど気持ち良かったんで30分位やめさせませんでした。

そして今度は彼女に私の顔、臭い歯とベロ舐めてーと言わせながら激しく彼女の口の中、歯、歯茎、ベロを狂ったように3時間位舐め吸いまくりました。

途中彼女は泣いていたようですし、半分放心状態だったと思います。

しかしさらに彼女にヒロユキさんの顔、ベロおいしい、と言わせながら私の顔中を舐めながら鼻を吸いベロを口に入れてピストンしてという指示を機械のように3時間させました。

今度は唾飲んでと指示しヒロユキさんの唾飲ませてーと言わせながら開けた口に唾を垂らし飲ませました。

スルト彼女がオゲーーー!

もうイヤ気持ち悪いググーとか言いだしたんですが又この嫌がり方が最高興奮して、おかまいなしに押し倒して唾を彼女の顔にかけまくり、指で鼻の穴に入れたり顔中にのばしてたら、ウググーーク、クサ、クサイと言い出して又それに興奮して今度は私の臭い口臭をハーハーと嗅がせたんです。

夕方餃子食べたので相当臭かったと思います。

そして仕上げ段階に入り私は彼女の顔にまたがる体勢で玉を顔に円を描くように擦り始めました、ちなみに5日風呂入ってません。

するといきなり彼女はイヤ、クックサー、、イと言ったので興奮したけどわざと失礼な!とか言って鼻中心に1時間位。

アーアー百田夏菜子にソックリの美少女が私の激臭い金玉を顔に擦られているーーー!と心で思いながら今度はオシリの穴から亀頭の先まで上下に腰を振りながらベロ出してと指示し舐めさせる事1時間。

彼女がナント吐きそうもう無理、の一言にますます興奮してしまい1.5も払ってるんだからもう少し我慢して、とねじ伏せ、さらに彼女のベロにお尻の穴をグリグリ押し付け、ベロを穴にこじ入れて!今更ですがもう彼女は何でも言う事を聞く状態です。

そしてこのあと物凄い結末を向かえるんです。

お尻の穴を舐めさせながらここでようやく目隠しを取ったんですがやはり泣いた後がありほとんど白目向いて半分放心気味でした。

私はその彼女の顔を見た瞬間興奮が最高潮に達しました。

そして私は我慢できなくなり彼女のべろに射精しようと思い彼女のベロにチンポを強く擦りつけたんです。

一瞬頭が真っ白になりあーーあーー百田夏菜子のベロにこの私の激汚い精液が!!

放心状態になった瞬間、ブバ!ブリブリ!ブバーー!。。。

精液と一緒にクソが飛び出したんです。

勿論彼女はグギャーーー!!!!と顔を背けようとします。

しかし私が反射的に顔を正面に押さえつけていたんです。

彼女の口がクソまみれになるのを見た瞬間ドボドボドボ!!!と精液がクソにかぶさるように流れおち、私はアアーーーイイイーーー!!!と絶叫。

彼女は完全に白目状態。

私はデブで力だけはソコソコあり彼女は顔を動かせないでいる。

そして何を思ったか私は謝るどころかそのデブオヤジの精液とクソが混ざったこの世の物とは思えない物を彼女の口から出すと逆に、コレ食べて、呑んでなどと言いながら指で押し込んでいったんです。

ビギェー!ギョグバ!

彼女は声にならない声で抵抗してきました。

そして泣いてもいました。

そして私はその彼女の凄まじい嫌がり方を見てチンポに全く触れていなく、先程大量に発射したにも関わらずドクドクドクと精液が死にそうな顔をした彼女の顔に次々とぶちまけられ、私は射精しながら、ほらまだ出るから食べてー!と絶叫し、両手で顔を抑えつつ先程のクソと今放出されている精液を顔中に塗りまくっていると、なんと彼女が完全に放心?と言うか失神状態になったんです。

普通怖くなりますが私は狂ってました。

そして物を飲むのはもう無理なので歯や歯茎やベロ、顔中に塗りまくり、その顔にもういちどチンポを向けアアー百田夏菜子が私のクソと精液を欲しがって顔やベロに塗って喜んでいるーーー!!!と叫びながら大量の精液が。

もっと欲しいの?私のクソと精液欲しいのーーー!!!私は腰が砕ける壮絶な快楽と共に彼女の顔をグリグリ押し付け、死ぬほどの快楽がナント10分位つずいて夏菜子!いいよー!夏菜子これ欲しいのー!夏菜子もうヤメテーー!!!と叫びながら私も放心状態になりベットに倒れこんだんです、。。。

そしてヤバイ!??と我に帰り彼女を起こし無理やりシャワーまで引っ張りとりあえず全部洗い流し、ベットにもどり、顔も見たくないからタクシーで帰ります、、、と、私に言った。

でもさー本番は結局してないから1.5ってどうなのかなー?と、そしたら彼女半ベソした目で私を見るなり、もうイイです!!ッテ勝手に部屋でてっちゃったんです。

むしろ3.0払ってもイイぐらいの最高プレイでタダですか、、、で、彼女は私の連絡先、名前、住所、車ナンバー等何も全く知らず私が来月引越しとくれば全く安全な訳で、とにかく最高の一日だった訳。

あの彼女のクソと精液まみれの顔を思いだしただけで我慢できなくなり街でもパチンコ屋やデパートのトイレで、ああーー!!!夏菜子!又私の臭いクソと汚い精液を口に押し込んでほしいんだろーー!!!と最高オナニーを味わってます。

What do you think of this post?
  • エロくない (15)
  • エロいいね (2)

厳選記事PICKUP!