中1の妹に性的乱暴する最低最悪な鬼畜兄②

5o5364lckfkg0ol
妹に性的乱暴する最低最悪な鬼畜兄①の続き

土曜日の一件があって以来、妹は俺を露骨に避けるようになった。

とにかく俺と同じ部屋にいないようにし、親が居ればべったりとくっついてる状態だ。

だが俺にとってはどうでもいいことだった。

親がいる時にやろうなんて気は起きないし、何よりリスクがでかすぎる。

まあ影で殴ってたりはしてたけど。



そんなこんなでやるチャンスを虎視眈々と待つ俺。

不思議と我慢できた。

逃げない獲物だからかな。

待つ間もただ待っているわけではなかった。

頭の中で次はどう犯してやろうかと考えたり、ネットやAVからいろいろと知識を取り入れようとした。

これはある種の趣味となり、俺の日々の楽しみになっていた。

妹にとっては大迷惑な趣味だろうな。

そんなの小島よしおなわけだが。

そして何週間か経過した頃、機会は訪れる。

一週間後の日曜日に両親共に用事で出掛けると言うのだ。

俺は内心凄い喜び、と同時にその日は出掛けるなと妹に釘を差しておいた。

日曜日が楽しみになった。

楽しみすぎて一週間が永く感じられた。

待ち望んでいるゲームの発売日を待っているかのようなそんな感じだった。

そして日曜日を迎えた。

朝起きると自然とにやけてしまう自分がいた。

はたから見たらすごいキモかっただろうな。

リビングに行くと両親はまだ出発していないらしく、せわしなく支度をしていた。

妹はというと、リビングに見当たらないので自室にいるようだった。

親にいつ家を出るのかと聞くと、「もうすぐ!」と焦った様子で返事をしてきた。

そんなに焦るくらいならもっと早く起きればいいのにと思ったが口にせず。

いずれにせよ、ハッピータイムまでもうすぐだ。

自室に戻り、親が出て行くのを待つことにした。

そして自室に戻る途中、妹の部屋のドアを蹴飛ばしてやった。

「逃げられないぞ」という意味を込めて。

両親「じゃあ行ってくるから。留守番よろしくね」

邪魔者は去った。

喜々として妹の部屋に向かった。

例の如くノックはせず、ドアを開け、妹の部屋へ侵入。

妹「な、何…?」

入ってきた俺に対し、白々しく何をしに来たのか聞いてくる妹。

微かに身体を震わせている。

俺「さあなんだろうな?」

なんて言いながらニヤニヤしながら近付くと「いやっ!」なんて言って拒んできやがった。

ブチ切れる俺。

自分でも自覚しているが妹に対して俺は恐ろしく沸点が低い。

俺「何が嫌なんだよ!!ああ?!!」

前髪を掴んでそのまま壁に後頭部を叩き付け、怒鳴りつけまくる。

正直何言ったか覚えてない。

妹「ひぐっひっく…ごめんなさいごめんなさい…っ」

少し暴力振るったらこうだ。

泣いて謝るくらいなら初めから言うこと聞けっての。

俺「とりあえず服脱げよ。全部な」

命令すると立ち上がり、脱ぎ始めた。

暴力見せた後だからしばらくは言うこと何言っても言うこと聞くだろう。

脱いでる間、俺は自室にある道具を持ちに行った。

戻ってくると既に全てを脱いだ妹がおり、今更ながら手で胸やまんこを恥ずかしそうに隠していた。

俺「これ俺からお前へのプレゼントな。嬉しいだろ?早速付けてやるよ」

そう言って取り出したのは犬用の首輪。

予め通販で安く買っておいたものだ。

そして装着。

裸に首輪、なんともエロゲやらエロ漫画チックで興奮した。

俺「今日はこれ付けて、歩く時は犬みたいに手ぇついて歩け。いいな」

妹は泣きながら震える声で返事するとその場に四つん這いになった。

俺「ははっいいな!すげぇ似合ってるぞ!お前もそう思うだろ?」

妹「ん…は、はい…っ」

俺「よし、それじゃあ家ん中散歩でもするか」

首輪に鎖をつけると散歩が始まった。

妹はゆっくりと手足を前に出して進んでいく。

人間以下となった妹に強い興奮を覚えた。

妹の部屋から始まり、廊下、俺の部屋、両親の部屋、和室、リビング等いろいろ周った。

妹の動きがトロい時に尻をぶっ叩いたせいで尻は赤く腫れていた。

そして少し意地悪してやることにした。

場所は玄関。

玄関の外へと繋がるドアの前まで歩かせるとドアを少し開けてみせた。

妹にとってはこの格好のまま、外に出されるのではないかと思っただろう。

当然そんなリスクの高いことはしない。

やってみたい気持ちはあるけどね。

妹「いやっ!お願いお兄ちゃん!それだけは許してっ!!やだやだ!!」

これまで静かに散歩していた妹だったがここに来てかなりの抵抗を見せる。

俺はグイグイ首輪の鎖を引っ張り、外に出ていく演技をする。

ちなみに俺の家の前は駅からそこそこ近いこともあり、車通りがあり、歩いている人も少なくない。

妹にとっては外に出た瞬間にアウトだと思っているだろう。

妹「やだやだ!!お願いお兄ちゃんっそれだけは許して!!」

必死に俺の脚に腕を巻きつけて動けないようにし懇願してくる。

なんだよ。こんな姿見たら余計外に出したくなるじゃないか。

まあそれでもなんとか浮き上がる気持ちを抑えた。

俺「うるせーなぁ!」

強引に妹を払いのけ、無防備な腹に一発蹴りを入れてやる。

蹴りの衝撃で妹の軽い身体は一瞬浮き、痛みでその場にうずくまっていた。

俺「おら、戻るぞ」

いまだに痛がる妹を無視して首輪に繋がれた鎖を引っ張り、引きずるようにしてリビングへと場所を移した。

そして俺はテレビをつけた。

妹にとってはこの行動は疑問だろう。

だがこれには訳があった。今日という日はまだ始まったばかり。

そして長く楽しみたい。

俺は借りてきていたDVDをデッキに入れ、観ることにした。

1時間半くらいの映画である。

俺はその間、妹にご奉仕させようと考えたんだ。

1時間半みっちりとね。

正直、手を使われるとイッてしまう恐れがあったため、用意してあった手錠を取り出す。

手錠を見た瞬間、妹の顔が一瞬、引き攣った。

構わず後ろ手で手錠をかけてやった。

犬のように歩けという命令を合わせると、前足の部分が拘束されたため、動く時には芋虫のように情けなく地を這う形になる。

俺「今から映画を観終わる間、お前の口と舌で俺に奉仕しろ。わかったな?」

言うと俺は裸になる。ちんこは既にビンビン。臨戦体制である。

俺「手を抜いてると感じたらぶん殴るからな?」

そして映画が始まった。

妹ははじめ、どうしたらいいかわからない感じでおろおろしていたんだが、俺がきつく睨み付けると、焦った様子で俺の股間に顔を埋め、ちんこを舐めてきた。

全裸に首輪、そして後ろ手で手錠しているまさに奴隷のような格好の妹の強制奉仕に終始興奮しっぱなしで正直映画の内容は半分くらいしか頭に入ってきていなかった。

俺「ちんこばっかじゃなくて他のところも舐めろ。そうだな、足舐めろよ。指一本一本丁寧にしゃぶって綺麗にしろ」

妹の顔の前に足を差し出し命令する。

エロ漫画かなんかにこんな描写があったのを思い出し、それ読んで興奮したので実戦してみることにした。

妹「……ちゅぷ……っ」

足を舐めるのはけっこうな抵抗があったらしく、少し躊躇していたがしばらくして決心したようで右足の親指から口に含み、ちゅぷちゅぷとしゃぶり始めた。

ちんこを舐められるのとはまた別の征服感が得られた。

自分が王様にでもなったかのような感じで気分が良かった。

親指、人差し指、中指…と進めていき、右足が終わり、左足へと移った。

目の前のエロい光景に刺激を求めてちんこがムズムズしてきた。

だがグッと我慢した。

自分で触ったら元も子もない。

ちんこは妹にご奉仕させるんだ。

左足の指も順に進んでいき、ついに10本の指を舐めきった。

俺「おら、何してんだ?足の裏も舐めるんだよ!」

妹の顔に足の裏をグイグイ擦り付ける。

ぎゅっと目を瞑り、苦しそうにしている妹だがそれでも健気に小さな舌を出し、ペロペロと舐めはじめた。

両足が終わると、またちんこを舐めるよう命令した。

芸もなく口に含んでしゃぶり出したので、舌を使っていろんな方法で舐めてみろと命令した。

そんなこんなで映画が終わった。

1時間半のうちのほとんど、ちんこを舐めさせていたが、やはりイクところまではいかなかった。

気持ちはいいんだが後一歩何かが足りない。

それでも俺は満足していた。

どこに中1の女にこの長い時間、性の奉仕をさせられるやつがいるか。

クラスの調子こいてるDQNでも爽やかイケメンのあいつでも無理だ。

そう、俺だけだ。

俺だけがこの女を自由に犯し、自由に命令させられるのだ。

時計の太い針は12を差していた。

昼飯の時間だ。

俺は自分の飯(カップラーメン)を用意した後、妹にも用意してやった。

なんて優しい兄貴なんだろう。

妹の飯はシリアルだ。

あの牛乳かけて食うと美味いやつね。

妹のやつにもちゃんと牛乳をかけて出してやった。

俺「ほら用意してやったぞ。食え」

妹「えっと…でも…」

妹は戸惑っている様子だ。

それは何故か。

そう、妹の格好は先程と変わらず、全裸に首輪、そして後ろ手に手錠をしている。

つまり手を使えないのだ。

俺「でも?でもなんだ?おいってめー俺が出した飯が食えねーのか!!ああっ?!!食えよ!!おらっ!!」

プッツンしてしまって気付いたら妹の後頭部を掴み、シリアルの入った皿に顔を押し付けてた。

いや、気づいたらってのは嘘だ。俺の意思でそうしたんだ。

妹「うぇっうぶっやらっお兄ちゃっあっんん!!」

解放してやると妹は苦しそうに顔を上げた。

顔で牛乳でべちゃべちゃになっていた。

妹「ひっ…ひぅ…た、食べるっ…食べるから…許ひて…っ…お兄ちゃん…ご飯ありがと…っ」

牛乳と涙でぐちゃぐちゃの顔を皿に近づけ、犬のようにシリアルを食べ始めた。

サドスティックの気があるのかな。その様子を見てめちゃめちゃ興奮した俺はあるアイディアを思いつき、行動に出る。

俺「それ口に含んだまま、しゃぶれ。零すなよ」

自分でもこんなことよく思いついたなと思った。

妹も意味不明だっただろう。

だが言うとおりにするしかない妹はシリアルと少量の牛乳を口に含むと、そのままちんこを咥えてきた。

俺は床に直に座ってる感じね。

妹の口内にあるシリアルの異物感と牛乳の液体の感じが通常のフェラでは味わえない感触(?)で大いに興奮させてくれた。

しゃぶられた状態でそのまま腰を浮かし、口をまんこのように使ってピストンを始めた。

ちゃんと後頭部を掴んで固定してね。

腰を浮かし突く度に妹は苦しそうにしていたが御構い無しに突き続けた。

そしてついに我慢できなくなったのか、妹はむせて口を開き、口内の物が俺のちんこにかかり、床に零れ落ちた。

妹「げほっげほっ…うぇぇっ…」

俺「何こぼしてんだよボケ!!」

肩をドンと押して突き飛ばす。

思ったより吹っ飛んだ。

妹「ご、ごめんなさい…っ」

吹っ飛んだ時、まんこが見えた。

全裸なんだからまあ見えるわな。

その瞬間、本能的にまんこにぶち撒けたくなった。

見方を変えると1時間半の間、焦らされ続けたんだ。そろそろぶち撒けてもいいだろう。

まだ昼間だ。今出したからと言って終わりじゃない。まだまだお楽しみの時間はたくさんあるのだ。

俺は妹をその場に強引に四つん這い(頭と脚二つの三つん這い?)にさせた。

頭は低く、尻が一番高い位置にある状態だ。

まるでちんこを入れられるのを待っているかのような凄くエロい体勢だ。

尻穴もまんこもはっきりと見える。

丸見えのまんこの穴に指を突っ込んでみる。

濡れている。それも十分に。

そのまま指でまんこの穴をクチュクチュとかき混ぜてみる。

妹「んっ…やぁ…っ」

妹は身体を軽くくねらせ、感じているように見えた。

それに興奮した俺はネットの画像で場所を確認したクリトリスとやらをいじってみることにした。

画像のとおり、ちんこを入れる穴とは逆の場所に豆のようなものがある。

これだと確信した俺は指の腹で軽く弄ってみた。

妹「あっ!」

ビクンッと分かりやすく震える妹の身体。

マジで性感帯なんだなと理解し、愛液で指を濡らし、それで滑らせるようにちろちろと指の腹を擦らせた。

妹「んっんんぁ!やだっ…んふぅっ…!」

俺の指から逃げるように先程よりも大きく腰をくねらせる。

だが逃がすわけない。

片手で腰をガッと掴み、クリトリスへの攻めを続けた。

妹「やっ…!んっやだっひぅっ!ぁんっ!」

嫌がってるのか?それとも感じているのか?ほとんど童貞の俺には区別がつかなかったが、もしかしたらイかせられるかもしれないと思うと楽しくなり、根気良く続けた。

そしてその時は来た。

妹「あっダメっ!お兄ちゃっ、あっ、あっっ!ん、んんぅーーーッッ!!」

妹の身体に一瞬、グッと力が入ったかと思うと、ほんの数秒だが痙攣していた。

イッたんだと分かった。

俺は女をイかせることが出来る!そう思うと嬉しかった。

妹はというとぐったりとし肩を大きく揺らし、荒く息をしていた。

イかせた後は決まっている。少し寄り道したが、お待ちかねの挿入タイムだ。

結果的に手応えのある、いい寄り道だったからおkなんだけどね。

前回は奥まで入れた時、きつくて余り気持ち良くなかったし、妹も相当痛がっていたけど、今回はどうだろう。イかせたし、まんこびっちょびちょに濡れている。

これはいけるんじゃないかと期待を胸に挿入することに。

ぐったりとしてへにゃっている身体を無理矢理起こさせ、3回目にしてバックの体位を試みる。

妹がぶつぶつ何か言ってるけど気にしない。

妹の細い腰を掴み、狙いを定めてゆっくりと挿入していく。

にゅるんと楽々亀頭が入る。

愛液が滑油材としての役割を果たし、その後も順調に入っていき、見事根元まですっぽりと収まった。が、

妹「あ…う…っ…」

妹はこの前のように派手に痛がってはいなかったが苦しそうだ。

事実、愛液でびちょびちょなのにも関わらずまだ少しきつい。

ここで一つの仮説が浮かぶ。

妹の身体はまだ幼く、物理的に小さいし、狭いんじゃないのかと。

仮説が正しければ妹が成長するまでどうしようもない。というかたぶんこの仮説で合ってると思う。つまり現状はこの狭いまんこを楽しむしかないってこと。

幸い、浅めのピストンでも気持ちがいいこの幼まんこ。

全力で突きまくれないのは残念だがそれはこれからの楽しみに取っておこうと決めた。

ピストンを開始する。バックっていいもんだね。

見えるのは絶景だ。

胸がもっとでかければピストンする度にぶるんぶるん揺れてさぞかしエロいんだろう。

でもうちの妹も負けてない。何より勝る武器は年齢。13歳のロリロリな身体を堪能できる男はそうはいないだろう。

先程胸のことを書いたが、巨乳じゃなくても膨らみかけのおっぱいというものはなんとも形容し難い素晴らしいものだ。

妹「ん、んっんぁっ…ぁっ」

妹も浅めのピストンならば痛くないようで突く度に吐息のような小さな声を上げていた。

俺も突く度に少しずつ絶頂に近付いているのがわかった。

本当に気持ちがいい。

そして、ここに来てあることに気付く。

妹って生理来てるのか?そういえば知らない。

今まで中出ししたらヤバイって先入観から考えもしなかったけど、妹の年齢ならまだ来てないかもしれない。

あれ、もし来てないなら中出しOKなんじゃね?と。

更に考える。というか寧ろ考えるのを放棄したんだが、とりあえず今回は中出ししちゃおう。

毛も生えてないし、たぶん生理来てないだろうと勝手に決め付けて。

そういう結論に到るとそれからはもうヤバイほどの興奮だった。

まんこに中出しできる!これはすごく特別なことだ!早く出したい!まんこに本能のままブチ撒けたい!

俺「ああっヤバイ!マジヤバイ!!おいっ!イクぞ!!お前のおまんこの中でイクぞおおっ!!」

興奮しすぎて浅いピストンではなく奥へ奥へと突くピストンに変わっていた。

やはりきつさを感じたが興奮が勝りすぎて取るに足らないことだった。

奥を突いたことでやはり苦悶の表情に変わり、苦しそうな声を上げる妹だったが気にせず、突きまくった。

腰を打ち付けるパンパンパンッというリズミカルな音が更に俺を興奮させる。

俺「ぐ、ああっイクぞ!!うあっ出るっ!!まんこの中で出るゥッ!!!」

妹「あうっ!!ああっ痛っひうぅ!!」

腰を突き上げて子宮の奥へ精液をぶち撒けた。ちんこが脈打つ度にビュルビュルッと精液が発射される。

何回出ただろう。

なんにせよ相当な量が出たと思う。

その後、ちんこを抜くとその場にへたり込んだ。

脱力感がやばい。

もうなんか気持ちよ過ぎてしばらく震えていた。と同時に充実感というか達成感というか、なんかそんなものを感じていた。

妹も同様にぐったりとしていて、まんこからつーっと精液が溢れ、垂れているのが見え、なんともいやらしい光景だった。

妹に性的乱暴する最低最悪な鬼畜兄③へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (2)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!