【獣姦体験談】牛はガバマンだった

今から25年程前のことです。

僕が15才位の頃 牛との獣姦に興味を持って家で飼って居た乳牛と、交尾しました。

夏休みのある日、家族みんなが出かけて僕一人家に残った時でした。

放牧している牛を1頭捕まえて、小川の方へ連れて行き立ち木にロープで繋いで逃げない様にしました。

それから僕は、服を脱いで素っ裸になり 牛の尻の方へ廻りマンコを開いたりして触っていると、突然牛が大量の放尿を始めたのでその尿を僕は体にいっぱい浴びました。



次に僕は牛のマンコに右腕を突っ込んでみました。

牛の膣は奥行が深く右腕は殆んど中に入ってしまいました。

マンコの中は暖かくヌルヌルした粘液が腕にべっとり付いてました

今度は肛門に右腕を突っ込んでみました。

やはり中は、暖かく腕も全部入ってしまいました。

ウンコも沢山中にあったので手でかき出しました。

僕の体は尿とウンコでかなり汚れたので小川で水浴びして洗いました。

それからが本番です。牛の後ろ足の方に高さ50センチ位の踏み台を置いて僕はその踏み台に、上がり牛の尻尾を掴むと横に少しずらして置いて牛の尻を抱く様にして勃起した僕のチンポを一揆に牛のマンコに突っ込みました。

これでやっと牛と交尾できたと、思って一生懸命腰を動かしてピストン運動したのですがマンコが、ユルユルで気持ちが盛り上がらず射精する事が出来ませんでした。

What do you think of this post?
  • エロくない (60)
  • エロいいね (14)

厳選記事PICKUP!