姉とのエッチな同居生活を楽しんでいたら邪魔者がきた

131221-0
姉も僕のペニスを気に入った。こんな生活がずっと続けばいいな~の続き

岩手の叔母からの電話で、息子が東京の大学を受験するのに東京の予備校の夏期講習をうけたいとの事。

東京には身よりがないので、僕たちのマンションに1ヶ月住まわせてくれと言うものだった。

僕にとっては、従兄弟にあたる健太だけど、二つ年下の割に生意気であまり好きでは無かった。

部屋は狭いし、せっかく姉といい仲になったのに、健太が来たらそれも我慢しなくてはならないし、とりあえず叔母には「部屋が狭いから無理かもしれないけど、姉には伝えます」と言って電話を切った。

その翌朝、姉にその事を伝えると「あらっ、いいじゃない」とすぐに、叔母に電話をしてしまった。



叔母はとても喜んだらしく、3日後には健太が来るとの事。

仕方なく、3日後に上野駅に姉が借りたレンタカーで迎えに行った。

久しぶりに会った健太は結構大きくなっており、受験生の割には色黒でたくましく成長していた。

荷物が多かったのでミニのワンピースを着た姉が車のトランクに荷物を積んでいる時、前屈みになってパンティが見えてしまっていたが、健太はそれを見逃さずに、じっと覗いていた、こいつ油断できないな、先が思いやられる。

荷物も積み終わって、車に乗ろうとしたら健太が先に助手席に載ってしまったので、仕方なく俺は後部座席に乗った。

駅に行く時は俺が助手席に乗っていたが、姉のミニのワンピースの裾が運転してる間にどんどんたくし上がって、太股もの付け根まで上がってパンティが見えそうだったのを思い出した。

しばらく走ると案の定姉のスカートは捲れ上がっていた、来るときよりもさらに上がっているから。

たぶん健太からはパンティが覗けていると思う。

家に着き階段を登って部屋に行くときも姉が先頭でその後俺が登ろうとしたら、健太が割り込んできて、しかも姉の下5,6段あけて健太が登って行った、姿勢を低くして姉のスカートの中を覗いている。

階段は急傾斜なので、これまた姉のパンティ丸見えだ、年下の従兄弟にまで舞防備だ。

と言うより、高校生の健太をまるで小さい子供のように思って対応している、高校生といえば童貞も少ないのに、世間知らずの姉です。

部屋に入ると、「健太は浩二と同じ部屋に寝てね」と姉が指示した。

俺がうっかり「部屋狭くなるな~~」と言ったら、姉が「じゃ~しょうがないから、健太は私の部屋で寝てもらうわ、どうせ寝る時間帯が違うから」、ええっ~~、さっき姉貴のパンティ覗き見してたやつと一緒の部屋に寝るのかか~?・・・

おれは姉に耳打ちして「健太と一緒の部屋はまずいよ、あいつ男だよ!!やっぱり俺の部屋でいいから」

「あはっはは・・大丈夫よ、男だって言ったってまだ子供だから、・・さあ健太荷物こっちに持ってきなさい」だって・・・

それから、3人の生活が始まった。

同居している従兄弟と姉が毎晩セックスしているに続く

What do you think of this post?
  • エロくない (2)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!