泥酔して素っ裸で、ぐったりしてた女性

rld1p0zh7i9r4af
妻の実家の周囲は田園地区にあって、隣が地区集会所だった。

その日、なにかの打合せ会兼懇親会があったらしい。

夜、賑やかな声を遠くに聞きながら、寝入った。

深夜、手伝って下さいと義母に起こされた。

いわれるままに、隣の集会所の座敷に上がった。



1人、深酒で意識を無くして寝転んでて、すまないがこの人を一晩、お宅で預かってほしい、そういう依頼だった。

横に、幹事役の女性が2人いて、すいません、と何度も言う。

今日はまわりの抑えがきかなくて駄目でした、と。

それは驚く光景で、初めは直視できなかった。

手伝って下さいって、これ運ぶんですか? おれの問いかけは無視された。

20才半ばから30才くらい、女の子‥‥‥‥仰向けで、素っ裸で、ぐったりしてた。

横の座敷の隅に、Tシャツやジーンズ、下着とか脱ぎ散らかして。

なんで、何かありましたか?おれが目で尋ねると、義母が何も無いのよと答えた。

何もないんだけど、飲み過ぎると脱ぎ出すのよ、この人、深酒禁物なのよね、

いきなり立ち上がって、くねくねしながら脱いで、すっぽんぽんになっちゃうの、制止するのふりきって、お酒ぐいぐい飲んで正体なくして、面白半分にお酒進める人もいるわけよ、もうだめ。

この人、まだ独身なのよねー、と。そういう事情。

少しぽっちゃり体型の女の子だった。乳首は立ってて、陰毛がちょっと濃い。

義姉と義母が、下着をはかせようと格闘してた。

これをおれと義兄とで運ぶ? 正直、素直に期待した。

女の子の足が無意識に動いて、下着を拒否してた。

それじゃこのままでと、義兄が言う。

え、それはちょっと、期待以上。

義兄が、右手で彼女の右膝を下から持ち上げて、左手を背中に回して抱えた。

おれも義兄にならって、おそるおそる左手で左膝を持って、右手で背中を抱えて。

ピンクの肌に直接触れる、ちょっと汗ばんでた。

いいかな、せーの、よいしょって持ち上げて、重たい。

やむを得ず、右手を伸ばして彼女の脇の下をつかんだ。乳房までしっかりつかんでしまった。

足は片方づつ持ってて、そのため、彼女の股間が広がった。女陰が、割れて見えてる。

濃い陰毛がそこまで生えてて、奥はピンク色。

陰毛の先で、糸を引いてた、それほど間近で見た。

女性の甘い汗の匂いがしてて、ときどきメスの臭いがまじって、メスの股間から立ちのぼる、男を誘う臭い。

おれは、興奮勃起を抑えられなくて、

それを横から彼女のお尻に押付ける、ちょうどの位置だった。

ふふっ、どうですか? 

お楽しみでいいんじゃないですか、こうして自分をお楽しみいただくのが、ご本人のお望みなんでしょうからね。

横の義姉に急に言われて、見透かされたようで、おれはびくっとした。

義姉が、持ってきた大きなタオルを掛けた。
ふうふう言いながら、やっと妻の実家のソファーまで運んだが、彼女は、全然目を開けない。

ね、このままいただいちゃおうか、義兄がきわどい冗談でおれをからかう。

夜が明ける前に義母が彼女をタクシーに乗せて、そっと帰したらしい。

What do you think of this post?
  • エロくない (2)
  • エロいいね (1)

厳選記事PICKUP!