エロくてスタイルのよい人妻とプールで…

d3b8d5d3
かなり昔の話になるが、俺がまだ大学生の頃の話だ。

当時、小6の女の子の家庭教師のアルバイトをしていた。

かなり大きな豪邸だった。

母親は30代後半らしいが、見た目は20代後半に見える。

なぜか、いつもタイトな服を身につけている。



体つきも、出る所は出て、腰のくびれも素晴らしい。

金持ちの奥様だから、体にはお金をかけているのだろう。

ジムにも通っているらしい。

ある日、「T君、あなた、泳ぎは得意?」

と母親に聞かれた。

俺は、「日本海育ちなので、海、プールでよく泳いでいたし、高校の時も水泳部だった」

と答えた。

「じゃあ、教えてくれる?」

と言われたので、家庭教師で教える日とは別の日に教えてあげることにした。

まずは、水着も一緒に選んで欲しいと言われたので、スポーツショップに同行した。

母親の名は、和美と言う。

俺は、下心丸出しと思われても仕方がないような、当時流行っていた超ハイレグの競泳水着を和美さんに勧めると、すんなりOKして買ってくれた。

俺も3サイズくらい小さいブーメラン競泳水着を買って貰った。

俺の小さいブーメラン競泳水着は和美さんのリクエストだ。

和美さんもエロい事を考えているのか?と思った。

次の日、少し遠くのレジャープールに、和美さんに車で連れて行ってもらった。

近くだと近所の人に会うかもしれないと言っていた。

更衣室で水着に着替えた。

俺の水着もかなり小さいので、尻が半分ほどはみ出した。

勃起すると俺のモノは20センチはあるので、水着からはみ出してしまう。

エロエロ考えるとヤバイので、冷静にプールまで歩いて行った。

和美さんもやって来た。

やはりスタイルは抜群だ!

腰骨の上まで超ハイレグの水着が切れ上っている。

「どう?」

と聞くので、

「ステキです、よく似合ってますよ」

と答えた。

和美さんの後ろ姿も確認すると、なんと、尻が半分以上はみ出して、水着が食い込んでいる!

30代後半とはいえ、おそらくジムで鍛え上げられた、ボリュームあるヒップにしっかりと競泳用水着が食い込んでいた。

俺は思わず勃起した。

水着から俺のモノがはみ出しかけた。

俺はあわてて前を手で隠した。

「どうしたの?」

と和美さんが聞くので、

「いや~、奥さんがあまりにもスタイルがいいので」

と言うと、和美さんは笑いながら、

「じゃあ、T君のが、こんにちは! する前にプールに入りましょう」

というので、一緒に流水プールの中に入った。

プールの中で俺のモノは、完全に水着からはみ出してしまった。

和美さんも気がついたみたいで、

「まあ、若いって、いいわね~」

と笑う。

そして大胆にも、俺のモノをプールの中で握りしめる。

さすが人妻だ。

「T君の、大きいのね~、彼女が羨ましいわ」

と言うので、

「今は、彼女はいません」

と嘘をついた。

和美さんは、プールの中で食い込んだ水着を直そうとしないので、ほとんどTバック状態になっていた。

俺のモノを和美さんが触るので、俺もおそるおおそる和美さんのヒップに手を触れた。

「お尻、水着がかなり食い込んでますけど、大丈夫ですか?」

と聞くと、

「いつもTバックだから、気にならないわ」

と和美さんは言う。

和美さんのアソコにも触ってみた。

水着越しにも、和美さんの愛液が確認できる。

もう、ヌルヌルだ。

水の中でもヌルヌル具合が確認できる。

かなり濡れているのだろうと思われた。

水着の前布をずらして、和美さんのアソコに指を入れた。

やはり、ヌルヌルだ。

和美さんは抵抗しないので、和美さんの奥に指をピストン運動した。

和美さんもプールの中で、俺のモノをしごき続けた。

俺の方が爆発しそうだったので、

「奥さん、そんなにされたら、出ちゃいます!」

と言うと、

「かまわいから、イッテいいわよ」

と言う。

「でも、プールの中を汚します」

と言っても、

「プールは、こんなに広いから、わからないわよ」

と言う。

そういう問題かと思ったが、和美さんは俺のモノを激しくしごき続けるので、ついに射精してしまった。

「T君も、エッチねえ、こんなに出しちゃって、これでプールから一度出られるわね」

と言った。

確かに一度出したので、半ダチになり、なんとか水着の中に収まった。

和美さんは、今度は、俺の水着の後ろを吊り上げて、Tバック状態にした。

「若い子は、お尻を出した方がいいわよ」

と言う。

「ちょっと、食い込みでお尻が痛いんですけど」

と言うと、

「そのうち慣れて、クセになるわよ」

とウインクされた。

結局、ほとんどTバック状態の水着に食い込まされたまま、俺達はプールから出た。

平日で人は少なかったが、おばちゃんは、俺のアソコや尻を凝視して、オッサンは和美さんの食い込み水着を見ているような気がした。

採暖室(ミストサウナ室)の中に入った。

誰もいなかった。

キスをした。

和美さんは、舌を絡まてくる。

人妻のテクニックはキス一つにしても同級生の女の子より数段上だ。

和美さんは、俺のモノを水着から出して、いきなりフェラした。

俺も和美さんのアソコに指を入れた。

グショグショだ。

指をピストン運動すると、フェラ中の和美さんも、喘ぎ始めた。

「T君の、欲しい」

「入れて!」

と和美さんは言う。

ゴムを持っていないと言ったが、

「今日は、大丈夫だから」

と言って、和美さんはハイレグの自らの水着をずらして、俺のモノを和美さんの中に入れてしまった。

ピストン運動すると、グチュ、グチュと、音が。。。

抱っこ状態で和美さんと繋がっていると、突然、人が入って来た。

続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (18)
  • エロくない (3)

厳選記事PICKUP!