『スカトロ耽美館』を愛読している妹

ztnre9srqk7u52f
性癖にどうのこうのって言うつもりは無かったんだが。

一つ証拠を見つけてしまうと芋づる式にどんどん出てきたんだ。

まぁ、暇な奴いたらちょっと聞いてくれ。

話は三日前に戻るんだが。

俺はちゃんと許可を取り、妹の部屋に乙一の小説を取りに行った。



なんつうか、乙一はまってさ。

まぁそんなことはどうでもいい。

正直、お前らの脳内妹はどうだか知らんが、本当の妹の部屋なんてぐちゃぐちゃなわけだ。

小説のある場所は知ってたが、そこにたどり着くまでも色々ごちゃごちゃしててな。

それを掻き分けて進んでると、ふと本棚の一番下に雑誌のような物が挟まってるのが見えた。

それが、色々な意味で地獄の始まりだった。

最初は当たりにもファッション雑誌見たいのがわらわらしてたから気にしなかったんだが。

何とか乙一の本を手にとって、何かを踏まないように部屋を出ようとしてると、もう一度それが目に入った。

本の題名らしき 集 の文字と、生足が見える。

ファッション雑誌かとも思ったが、ファッション雑誌で靴下をはかないのはあまり無いだろう。

軽い気持ちだったんだ。

軽い気持ちで引っかかってるそれをグッと引き出してみた。

・・・。

その題名は『スカトロ耽美館』

色々な意味で。何かが崩れた。

ホモが嫌いな女子は居ません!とか。そういったレベルじゃねぇ。

いや。いや。いやいやいやいや。

これは無いだろ。

スカトロとか好きな方には悪いが、この趣味はわからない。

とりあえず、没収。

部屋に帰ってページを開いてみると、まぁ。解るな。

吐き気を催す。

ちなみにこの時の時間が大体10時。もう少ししたら妹は寝る。

なんとなくだが、もう少し調べてみたくなった。

姉、妹がいる奴はわかるだろ?現実の妹、姉に萌えは無い。

俺姉は居ないから、姉は欲しいけど。

11時頃になると、妹は本がなくなったのには気がつかず寝たらしい。

ちなみに、妹はなぜか、自分の部屋を使わずに母親と一緒に寝ている。

よって、妹の部屋は現在空状態。鍵もかかってない。

とりあえずスネークを開始する。

だが。30分ほど探すが、予想に反してまったく持って何も無い。

期待はずれもいいところだ。

俺は散策範囲を部屋からPCへと移した。

ちなみに、家の父親と母親はPCにまったく持って疎い。

よってセキュリティーとか、そんなのは甘々だ。

妹のユーザーにはパスワードすら付いていない。

部屋はきたねぇのにデスクトップは綺麗だなーとか思いながら、PC内を散策。

ちなみにログアウトされてなかったので、メッセもスカイプもIN状態。

メールも見放題。

ああ。証拠が山のように出てくる。

妹のスペックだが、身長150くらい

体重普通くらい?痩せては居ない。ぽっちゃりって程ではない。

バレー部所属。勉強は天才。

中学2年。

まず目に入るのは虹絵検索エンジンで、うんこ。とか尿って書いてあるのが、全部文字の色が変わっていること。

さらに出てくるのは会員制らしき虹絵サイト。

ついでに2ちゃんの、フェチ板。グーグルにいたっては解除をはずしてまで、失禁とか、便とかで検索してる。

そして、一番ダメージがでかかったのはメール。

趣味。と言うフォルダが出来ている。

さすがにそこまで覗くのは気が引けたが、ここまで来たら行くしかない。

メール1 「お風呂の中とかでおしっこすると、オネショとかしやすくなるらしいよー(笑う顔文字)」

メール2 「やってみたんだ(笑)一歩前進だ↑↑」

まて。ちょっとまて。

うん。なんつうか、ひできって男からのメールってあたりが非常に気になるが。

問題はそこじゃねぇ。

ふざけんな。色々とふざけんな。

とりあえず。その日はそこで終了。

調べれば山ほど裏が取れそうだが、俺の精神はそのメールでノックアウトされた。

俺、最近風呂で息止めとかやってたんだよ。

まじ。本当に死にたくなった。

次の日、俺は変化球とか、牽制とか関係なく、部屋にいる妹に本を差し出した。

「これ、何?」

光の速さで奪い取られた。

「みた?」

「いや、見たけど」

「どこまで?」

「全部」

ここまで慌てる妹を見るのは初めてだ。

顔が爆発するんじゃないかってくらい赤くなってる。

そして、ここで妹が何か俯き加減で何か考えている。

「要求を言って」

はい?

「お金!?いくら?いくらなの!?」

ここで妹半泣き。てか、声がでかい。

とりあえず親はこなそうだが、すこし静かにしろ。

スッと無言でなんかATMみたいな貯金箱を差し出される。

「なにこれ?」

「2万くらい入ってる。もってって良い。母さんに言ったら死んでやる」

ちょっとまて。

とりあえず落ち着かせる。

どうやってこんな本を買ったのか聞いてみると、予想通り楽天さんだそうです。

ちなみに、金にも、体にも興味が無いので馬鹿でかい貯金箱は返しておく。

勉強中だったのか、手にシャーペンを持って振りかざしてるから、あまりきつくはいえない。

10分の説得のかいあって、なんとかなだめることに成功。

「っで、趣味なんか?」

「・・・・・はい」

なぜ敬語?

釣りとか、妹萌えとか。ごめん。違うんだ。

「で、これのほかに何か、こういった物はあるの?」

「PCの中にちょっと」

おまwwwwちょっとじゃねぇだろwwww

「ふーん。そういった友達は?」

「居ない」

「そっか。じゃあメールとか、見てもいい?」

「・・・・・もう、殺して」

「いやー、まさか妹がこういった性癖持ってるとはな」

「・・・・」

「まぁ、性癖なんて人それぞれだし、さ。俺も性癖とか無いわけでは無いし」

と、本当にこのままだと自殺しそうなので、なだめる。

さらになだめること10分。

やっと妹にも笑いが戻ってきた。

釣りじゃない証明するの難しいんだよな。

妹の部屋でも写真とって来る?

「でもさ。こういうの。だめ?」

「いや、駄目じゃないけど。正直。なぁ」

「でも、ほら。この写真とか見て」

はいはい、スカトロ耽美館、スカトロ耽美館。

そして、かなりきつい写真を見させられる。

「どお?興奮とか、しない?」

「残念ながら」

この後、写真付き、スカトロのすばらしさ講座が淡々と妹によって話される。

恥ずかしがっている女性の表情、限界点における、排泄の気持ちよさ。

吐き気を催す。

だが、ここでこれを聞かないと、マジで、この世間を軽視してる天才は自殺しかねない。

うん。とかおお。とか、適当に返事をする。

「ね?どう。すごいっしょ?やってみたいとか?おもわん?」

「ん~俺はいいや。お前はあるのか?やりたいと思ったこと」

「うん。あるよ」

・・・・。

えっと、何?その自信に満ち溢れた顔。

「ちなみに、いったことはあるんでしょうか?」

「それは、無い。」

あるのか?

話を聞いてみると、こういったフェチに目覚める人は、過去にそういったトラブルがあった人間らしい。

妹の場合は小学校3年の時に、学校の帰り道小便漏らしたことがきっかけだったらしい。

それにしても、はずかしがらずに、よくもまぁ、ぺらぺラと。

母「妹~。洗濯たたんだ時に、ママのタオルどこやった~」

また妹が光のスピードで本を隠すテクを見れた。

そして、その時に、なんかわけのわからないフラグがたった。

「夜、お兄もこっちに引き込んでやるから、母親寝たら、ちょっと来て」

・・・・・。

なんなんだ?わけが解らん。

ちなみに親父は夜はいつも自室で酒飲んでるからPCのある部屋には居ない。

正直、行きたくない。

あのメールを見た時の精神的ショックを越えるものを見せ付けられるに決まっている。

だが、何で俺は。

「ん。んじゃあ、冷やかし程度に見てやるよ」

とか、言っちまったんだ。

10時半くらいになって、母親が寝る。

それにしても早寝だな。おい。空気読んだか?

そして11時くらい。

「おにい。いいよ~」

行くのを躊躇っていた俺のメッセが起動した。

ああ。メッセで呼び出しを食らったか。

そこには、わけのわからない名前の方々が、妹を含め、4人俺を待っていた。

どっかに貼られてたやつ

性癖レベル分ランキング(決定版)

10 死姦 人外 カニバ スカル 興味無(悟り) 何でもイケる
9 ペド スカ大 Z武系 老人
8 ショタ 近親相姦 盗撮(撮) 重度SM(首絞め,切断他)
7 ロリ 強姦 ふたなり 触手 スカ小 フィギュア
6 二次 ホモ 痴漢 露出 体液 熟女 妊婦 起こりえないシチュ萌
5 胸(一般外) パイパン アナル 体臭 特殊体型萌(チビ、筋肉他)
4 コスプレ 軽度SM レズ 起こりうるシチュ萌
3 特殊な性格萌 特筆無の体の部位
2 髪 手 尻
1 脚 胸(一般)
0 下着

性癖ランキング8だった。

ちなみに、居た方々の中には、普通にハーブ系の名前をつけてる人が居れば、スカ好き王子とか。わけのわからん奴まで居る。

「どうもー」

「こんばんわー」

「妹さんの、お兄さんですね。初めまして」

と、挨拶があった後。

スカ好き王子「いやー妹さん、自分の性癖に兄を引き込むとはやるねぇ」

妹「いやいやーそれほどでも」

ミント「家族に言うことすら、絶対むりやって」

スカ「そうそう」

え?お前ら何言って?

「あの、まだ、別に・・・好きになったわけではないんですが」

いきなり妹が部屋のドア開けて入ってきた。

「空気読め」

と、それだけ言って、ドアを思いっきり閉める。うるせぇ。

ミント「え?あーそうなんだ。でも、んじゃ、王子。講座の時間と行きますか」

スカ「お?俺行く?」

妹「GOGO!」

妹。復活早すぎるだろ。常識的に考えて。

「時にお兄さん。セックスご経験は?」

「いや。ありませんが」

「そうですか。ん~では、これを見てください」

そして、繰り出される、スカ画像。

だが、虹だ。しかも漫画。

「我慢してる表情とか、かわいくないですか?」

・・・・。

そういわれると、そんな気も。

洗脳されかかった。

淡々と続くスカトロ講座。

小学校の時にあるお漏らしの思い出を聞かれたり、ちょっと変化球で、俺の趣味の面から持ってかれたり。

こいつ。なかなかの策士だな。

そして、妹。時たまやる

wwwwwwwwwwwwwww

ってのやめてくれ。中二丸出しすぐる。

まぁ、本題に戻る。

スカの話は続く続く。

ヤフオクとかみながら、適当に相槌うちながら聞く。

そして、話はとんでもない方向へ。

スカ「妹さん、実際家族にばれたんなら、もっとばらして後戻りできないようにさせちゃえばどうです?」

妹「え~でもぉ~wwwwwww」

どんなおそろしい含みがあるんだ?

ミント「んじゃ、カミングアウトタイムって事で」

ミント自重。

しんじ「お、なんか凄いことになっております」

ここで、ずっとROMってた奴が怒涛の勢いで参戦。

「私も、趣味で何回か漏らしたこと。ある」

帰りたくなった。自分の家なのに帰りたくなった

そして、妹がまた部屋に乗り込んでくる。

でも、扉思いっきり音立てて空けて、何も言わずに出てく。

ああ。うん。黒歴史だよね。

スカ「オーッとここで、カミーングアウト」

ミント「wwwwwwwww」

しんじ「さて、ここでお兄さんをプレイに誘え。ほら。今しかない」

お前ら。もうやめてくれ。もう無理だ。

俺のライフは0よ。

あ、あれ虫。無視しておいて。

「いや、それはちょっとwwwwwwww」

とかいいつつも、なんかもう妹ノリノリ。

このままだと、わけのわからん祭りに参加させられそうだ。

と、言うわけで、俺は逃げた。

「すいません。明日早いんで、俺は今日この辺で」

その日は、俺の去り際をみんなで惜しみつつ、終了だ。

そして三日目。事体は急変する。

俺が学校から家に帰ると、なんとなく空気が重い。

何が起こったかと思えば。

「あんたは知ってたの?妹のコト」

ああ。なるほど

母親にばれたそうです。

経緯的には、わーお兄ちゃんに趣味話しちゃったー。

どうしようどうしよう。グー(寝る)

スカトロ耽美館だしっぱ。

\(^o^)/

そして。笑えることに。

母「どうも、妹のパンツ良く汚れてることがあると思ったら。育て方間違ったかな」

良くwwwww

でも。ああ、なんつうか。俺が謝りたい。

ごめん。まじ。ごめんなさい。

そして、妹の部屋に行ってみる。

ベッドに包まって出てきません。

「おい」

グッと掛け布団引っ張るが、中かに思いっきり引き込まれてて出てこない。

「おいって」

グググッっていう力の掛け合いが続く。

「そうやってるとおしっこ漏らすぞ?」

「漏らしてやる!!」

ああ。末期症状。

昨日のコトだ。

とりあえず。妹のヒステリー的なものは昔からだから、結構こういうのは慣れてる。

「とりあえず、今は俺だけだ顔だけでいいから出してみ」

すこしまつと、頭だけ布団の上に出る。

「性癖つうのは誰にでもある。俺だって、もちろんあまり口に出せないのノだってあるし。な」

「ただ、お前の場合はちょっと変わってて、人にうけ」

「変わってなんか無い!!」

・・・おおうっ

「そ・・・そっか。そうだな。スカ王子の出してきた掲示板とか、結構パート数多かったしな」

「み。・・・たの?」

「おう。まぁ正直、最初はキモイってしか思えなかったけど、虹絵が出てきたあたりで、正直食いついた」

「まずは、そっちから入る人。結構多いもんね」

「そうなのか?まぁ、さ。とりあえず俺が母さんには言っておいてやるから、ベッドから出てきて、コレクション片付けなおせ」

そこで、ようやく這い出てきた。

そして、コレクション。と思しき本、CGをファイリングした奴なんかがドサドサ出てくる。

一冊じゃ、なかったとですか?

俺は17。2月10日誕生日で18。

誕生日プレゼントなんて期待して無いんだからねっ!!

母親「妹!!。ちょっときなさっ・・・」

空気が凍る。

そりゃスカ本とか大量に抱えた妹が立ってれば凍るわ。

つか、母親自重汁。頼むぜ。マジで。

「・・・っ!!!」

妹逃走。

本、持ったまま。

母親、鳴く。

スカトロの鳴くころに。母殺し編。

とか、そんなこと言ってる場合じゃねーぞ。

とりあえず妹をおう

妹。逃走。

そして、廊下に点々と落ちてるスカ本。

一冊ずつ拾ってくと、なんとなヘンデルとグレーテルになった気分だ。

そんなことも言ってられないので、追う。

なぜか今度は一階のトイレに立てこもりやがった。

「本落としたぞ~」

と、扉のこちら側から言ってみる。

「・・・拾ってきてくれた?」

「おう」

「下の隙間から渡して」

本は、大切なんですね

「とりあえず、母親を説得言ってくるから待っとけ。死ぬなよ」

「・・・・。うん」

「トイレに入ったんだから、排泄はパンツを脱ぐように」

「・・・。それは保障できません」

嘘かと思うだろ?本当に会話だ。

ここで妹が笑ったので、とりあえず今度は母親を説得に向かう。

「ちょっとお話が」

母「・・・・何?」

「誰でも口に出していえない趣味の一つくらいありません?」

「妹は、まだ中二よ。あんな。あんな!!」

「でも、それを言うなら、親父が袋とじをきちんとカッターで切ったエロ雑誌をトイレに置いておくのも、俺はどうかと思うが」

「それと、これとは。話が別!!」

でたよ。大人特有のそれとこれ、話は別。

「でもさ、許してやれよ。頭もいいし、スポーツもできる。礼儀も正しい。普段は-が無いだろ?それをチョコッと補っただけだ」

「それと、これは、話が別!!」

えー

「すこし落ち着けって」

「でも、でも。でもっ」

「ん~なんつうかな。母さんだって、中学の時からタバコ吸ってたとか言ってたろ?要するに背伸びしたい年頃なんだよ」

「・・・・」

「そんなもんだっつうの。な。とりあえず俺がなだめてくるから、母さんは落ち着け。後、親父には言うな。こじれるから」

「・・・・。解った」

「ん。何か伝言は?」

「無い。けど、私も譲歩するから、これ以上隠し事はなし。って言っておいて」

「あいよ」

トイレに向かう。

遅くなった。

「だって」

「・・・・ん。そう」

「まぁ、とりあえずだ。出て来い」

「・・・・一つ、良い?」

「私だけ、秘密を教えた。お兄は秘密を教えてない。ずるい」

「は?」

「私の弱点は教えた。私の前でおしっこするか、漏らすかするか、人に言えない秘密を言え。じゃなきゃ出ない」

えー。

「えっと。それは絶対?」

「絶対。でなきゃ、出ない。お漏らしして死んでやる」

もう。こいつだめだ。終わってやがる。

「えっと、じゃあ、性癖の方で」

「・・・えー」

えー。

「とりあえず、俺の趣味、ってのは。○○が。○○つけて、な。そういうのに萌える」

「・・・・それだけ?」

「は?」

「つまんない。面白くない。そんなんじゃ駄目」

こいつ、もう駄目だ。

俺は万が一妹が自殺しそうになったときの最終手段を出した。

ほら、家庭用のトイレとか、鍵すぐ空くじゃん。

だから、ね。

「そろそろ出て・・・」

妹、本を見ながら、オナニー中。

もういいよ。お前死ねよ。小便漏らしながらさ。

この後、妹の自慰行為を中断させ、とりあえず一緒にまず本を隠す。

あ、じいちゃんの仏壇の奥の引き出しな。

じいちゃん。本当にゴメン。

そして、辛い夕食がやってきました。

残念ながらカレーではなかった。鍋だった。

おいおい、最後くらい母親空気読んでくれよ。

とか、考えてる俺をよそに、冷たい空気が流れる、母と妹。

親父「おい、なんだ。この空気。俺耐えられないから逃げて良い?」

親父、理由を聞かないのはいいんだが。

逃げないでくれ。一家の長として。

ちょっwwおまwwww。親父有言実行。逃げやがった。ヘタレめ。

「と、言うことで。仲直り」

「あんたは黙ってなさい」

「お兄うるさい」

サーセン

ちなみに、そこで、何とか俺が仲裁し、話は終了へ。

後日談として、昨日の夜、俺はまたそのメッセに呼び出され、昨日会ったことを事細かに説明させられた。

What do you think of this post?
  • エロくない (2)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!