【獣姦体験談】私が小学生だった時の愛犬とのオナニーライフ

131209b_as027
私は玲子といいます私が小学生の時の体験です。

私は3歳のころからピアノを習っていて入学式の日にピアノと一匹の犬を買ってもらい、7月のある時私は親が出掛けていたので、パンツだけになってピアノを弾いていました。

するとアソコがこしょぐったいことに気がついた。

下を見ると犬のピースがアソコを舐めていたのだ。

私は振り払ったが逆に興奮してしまい、おっぱいまで舐められてしまった。



それからというものの私はそれが気持良すぎてピースとのオナニーライフが始まってしまった。

毎日ピアノを弾くとき服を脱ぎパンツだけになってピアノを弾いた小学2年のあるとき、ピースがパンツの中に顔をいれてきた。

私はパンツを脱いだほうが気持がいいことに気がついた。

それから毎日全裸になってピアノを弾き、小4のときには生理が始まってしまった。

生理の日にはパンツを脱げないし、どうしようと考えていた。

そのときペットシーツに目がついた。

そうだこれを使えば生理の日も舐めてもらえる。

それからペットシーツを弾き生理の日も毎日舐めてもらった。

そのおかげか市のピアノコンクールで一位になった。

賞金のことで親と相談し30万円のうち10万円を分けてもらえることになった。

10万円は中学生の時まで貯金することにした。

そのころからHに興味がわいてきて犬ともやれることに気がついた。

犬とHするビデオを見ながらピースとHした。

ピースとHしたことによってフェラも覚えた。

それからピースに舐めてもらって、ピースのチンチンでフェラしてピースとバックと騎乗でせめた。

毎日中に出して中学生になっても彼氏を作らず毎日ピースとやっていました。

中3になると受験勉強はピースとやりながらしていました。

ピースは私とやるたびにチンチンが大きくなっていって高校生になり彼氏ができるとコンドームを付けていてもアソコがゆるゆるでした。

彼氏が可哀そうでしが私は気にしませんでした。

それから彼氏とピースと毎日やっていました。

そんなある日彼氏が私がピースとやっていると彼氏が入ってきました。

最初は悶絶していましたが、私がピースについて話すと納得したようでした。

それから彼氏の前でもピースとやるようになりました。

それからピースは死にましたがピアノのコンクールの10万円でまた子犬を買いました。

彼氏とは結婚し子供が二人出来ましたが構わず犬とやりまくりました 

end

What do you think of this post?
  • エロくない (95)
  • エロいいね (62)

厳選記事PICKUP!