妻と先生とのとんでもない変態行為 長編④

006110
妻と先生とのとんでもない変態行為 長編①
妻と先生とのとんでもない変態行為 長編②
妻と先生とのとんでもない変態行為 長編③
妻と先生とのとんでもない変態行為 長編④
妻と先生とのとんでもない変態行為 長編⑤
妻と先生とのとんでもない変態行為 長編⑥
妻と先生とのとんでもない変態行為 長編⑦

その日以来、なにもかも急激に変わっていきました。

妻は私のことを完全に妻を抱かせて喜ぶ変態だと思い込んだようで、たぶん先生にもまたいろいろ吹き込まれたのだと思います。

みるみる大胆になっていきました。

完全に私たちの生活はA先生のペースに引き込まれてしまいました。

妻は携帯を買いました。



たぶん先生との連絡用にです。

私が在宅中でもかかってくるときがあります。

そんなときは妻は別室に行って長時間話したりしてます。

聞き耳を立てると楽しそうな笑い声や「いや~ん」などという甘えた声が聞こえたり、急にまじめになって、ボソボソ話したりしています。

ある夜、布団に入ろうとすると、妻の携帯に電話がかかってきました。

(また先生からか・・・)と思っていると突然妻がこっちにやってきて、携帯を私に手渡しました。

「先生、SYUちゃんと話したいんだって。出て。」

「え・・・」

私は突然のことに動転して、手を振るジェスチャーで拒否しました。

先生のことはもっとよく知りたいという思いももちろんあったのですが、どこかで逢いたくない、直接話すのはあまりに生々しすぎるという思いがあったのです。

それに突然電話に出てなにを話せばいいのでしょうか。

妻がいつもお世話になってますなどと、とぼけたことを話せばいいんでしょうか。

とにかく、話すのは嫌な気がして拒否しました。

「先生、うちの人、出たくないっていってるんですけど。はい・・。はい・・・。イヤです。そんな・・!それだけは許してください。はい・・・わかりました」

妻の声が急に電話に訴えるような口調になりました。

「SYUちゃん、お願い。SYUちゃんが出てくれないと私、困る。一生のお願い」

泣きそうな・・ただならぬ妻の口調につい私は携帯を受け取りました。

「もしもし・・」

「もしもし。初めまして。Aと申します。」

その声は太く低く礼儀正しく落ち着いた紳士の口調でした。

私の妻は夫である私公認の元、A先生とつきあっていました。

その際の経緯は、書きました。

さて、ある日、先生から妻の携帯に電話がかかってきました。

妻は私が出るように言いました。

私はなんとなくイヤだったのですが妻の願いに根負けして、電話機を受け取ったのです。

長い間空きましたが、話はここから再開します。

******************************************
「もしもし、初めまして。Aと申します。御存知とは思いますが、奥さんとは長いつきあいで、今も割り切ったおつきあいをさせていただいています。」

「は、はい。どうも。どうも。」

相手の落ち着きにくらべ、私の態度はしどろもどろで小心に聞こえたかもしれません。

妻が横でクスっと笑うのが聞こえました。

「真紀・・奥さんは御主人からも許されてると言っていましたが間違いありませんよね」

「はい。どうも。間違いないです。」

「それはよかった。女っていうのは快楽のためにウソをつくこともありますから(笑)御主人の許しが出たんなら、これから遠慮なしに調教していきますが、よろしいですか。」

「はい。よろしいです。」

「御理解のある方で安心しました。今日はですね、御主人の前でテレホンプレイさせてみたいんですよ。いつもどういう声で泣かれるのか知りたく有りませんか」

「知りたいです。」

「じゃ、お聞かせしましょう。真紀と代わってください」

私は妻に電話を渡しました。

「もしもし。はい。します。がんばります。どうぞ命令してください」

妻はタンスの中を何かごそごそと探し、あるものをふたつ取りだしました。

それを見た途端、私ははっと驚きました。

明らかにひとつは男性器をかたどった極太のバイブです。

そして普通の電動マッサージ器。

いつ買ったのかもらったのかまるで知りません。

こんなものを隠していたなんて・・。

これでいつも妻はオナニーを?

「SYUちゃん、これから先生の命令でSYUちゃんの前でオナニーします。」

先生と再会してから時々オナニーさせられたり、禁止させられたりしてることは告白してもらい聞いていましたが見たことはありません。

何度か見せて欲しいといったことはありますが当然拒否されてたのです。

それが、先生の命令なら、いとも簡単に私に見せられるとは。

妻は全て服を脱ぎ、布団に仰向けになりました。

毛はありません。

最初は綺麗にツルツルだったのですが近ごろは度重なる剃毛で荒れ気味の丘になっています。

そこにいつものように卑猥な字が書かれてあります。

再会するまでマジックで書かれた字を消さないように命令されてるそうで、そのためにお風呂の時も、そこだけあまり洗わないようにしてるのかもしれません。

おまんこから以前よりむっとするような女の匂いが漂ってきました。

「SYUちゃん・・・私がどんないやらしい女になっちゃったのか、先生の前でどんな声を出すのか、オナニーの時どんなことを叫ぶのかちゃんと見てね」

私の心臓はもう爆発しそうでした。

妻は電動マッサージ器のスイッチを入れ、あそこにあてがいました。

「もしもし。はい。言います。真紀は先生の性処理のお道具です。命令されたことは、どんなことでもします。今日は電話で命令されながら、いっぱいいきます。いってもやめないで、命令があるまでバイブで刺激します」

何度もオーガズムにいく?

そんなことは小説やAVの世界のことだと思っていました。

妻にも聞いたことがありますが、オーガズムは男と同じく1回きりで、いったあとは敏感になりすぎ、かえって続けてさわられたら不快だといってたのです。

妻の息が荒くなってきました。

足を盛んに広げたり閉じたりし始めました。

「はい。入れます。ああ・・」

巨大なバイブ。

もちろん私のものより大きいものです。

こんなものが入るのかと思ってると、こともなげに、妻のおまんこは飲み込んでいきました。

妻の声が高くなっていきます。

「はい。告白します。真紀は・・・オナニー女です。先生と再会する前でも夫に隠れてオナニーしてました。先生とのこと思い出しながらオナニーしてました。」

「!!!?」

「夫のセックスでは一度もいったことがありません。全部演技です。私がいくのは、オナニーと先生とのセックスだけです。はい。言います。真紀のおまんこは先生の大きいおちんちんで形を変えられて、もう夫のでは満足できません。夫のはちっちゃい!先生のは大きい。いっぱい。だから感じる!夫のはイヤ!イヤ!オナニーのほうがまし。はい。そう。もっと、もっと先生のおちんちんにピッタリ合うおまんこにして!もっと夫のおちんちんでは感じないおまんこにして!先生のおまんこ女にして!あ・・」

急に妻の声が止まり、足がぴーんと伸ばし、続いてビクビクっと体を痙攣させました。

「は・・・い。今いってます。おまんこ! そうおまんこ!先生のおまんこ、今、オーガズム! はい。ずっと当ててます。SYUちゃん・・・見て。私、覚えたの。一度いってもこうやって我慢して・・・ずっと当ててるとね。あ。あ!また来る!」

妻はあ~~~あ~~~という、奇妙な声を上げながら今度は激しく巨大バイブを出し入れし始めました。

マッサージ器の震動音に混ざって、ぴちゃぴちゃといういやらしい音が聞こえます。

「あ~~あ~~~下がらない・ずっといってる!あ~~~、あ~~~~」

妻のオーガズムの光景はAVビデオ女優のように色っぽいものではありませんでした。

口を大きくだらしなくあけ、脳が溶けたかのような、本当にバカになったかのような表情なのです。

これが本当の妻がいくときの表情?声?とショックを受けました。

全然違う・・。

これを見て、本当に私とのセックスのときのオーガズムは全て演技だったのかもしれないと思い知らされたのです。

「許して、許して、許して」

今度は一転して妻は甘く泣きじゃくりはじめました。

「もう限界。もういいの。許して、許して、許して、許して!はい。」

妻はマッサージ器のスイッチを消しました。

そして、ぞっとするような色っぽい声で、私に深々と突き刺さってるバイブを抜くよう言ったのです。

たぶん先生の指示でしょう。

私は言われるまま、バイブを抜くと、妻はうっとうめき、体をのけぞらしました。

おまんこは数秒、ぽっかりと大きな穴が空いたままになっていました。

こんな形のおまんこを見たのは初めてで、激しく私は欲情しました。

よくみると、愛液が肛門のほうまで垂れて、シーツまで塗らしていました。

こんなに愛液を吐き出しているおまんこを見たのもその時が初めてだったと思います。

私は余韻に時折ビクッビクッと体を震わせながら、再び先生と電話で甘えるように
時折クスクス笑いながら話す妻を見て思いました。

私の力では限界がある。私では妻を満足させられない。

私とのオーガズムは妻の演技だったんだ。

そのことに怒ってはいない。

感謝しているくらいだ。

私を失望させないため、喜ばせるための演技だったんだから。

しかし、私はアナルだって指を1本入れて不快な気持ちにさせることしかできなかった。

先生は違う。

妻の体のすみずみまで知り尽くしている。

妻の快楽のボタンがどこにあるのか知ってる。

本当に満足させてくれる。

私はもうなにもかもふっきれていました。

もっと見たい。

今日のような妻を。

先生の力でもっと淫乱な女になった妻を見てみたいと。

調教は更にエスカレートしていきました。

数日後には妻は先生についにアナル処女を捧げました。

その日は家に帰ってくるなり、まだ私が聞かないうちに妻から、

「今日、先生に処女を捧げちゃったよ!」と嬉しそうに告げました。

アナルバイブではなく、先生の巨根がしっかりと根元まで飲み込めたとき、快感よりなにより、自分をこういう体にしてもらえ、先生とお尻でひとつにつながれたこと。

おまんこの処女をあげるのは無理だけど、その代わりお尻の処女をあげることができたことに本当に幸せを感じたそうです。

私は激しくせつない嫉妬に包まれながら、それでも素直に「よかったね、がんばったんだね」と祝うことができました。

その時妻が私に求めてることがわかったのです。

それは一緒に喜んでほしいということ。

その日、その日の先生との行為がどんなに素晴らしかったか聞いてもらいたいということ。

どんなに感激しても近所の人や友人に話すわけにはいきません。

しかし、今、私という聞き役がいるのです。

なにもできない私にも役目はありました。

それ以来、妻は安全日はおまんこに、

危険日はアナルに中出しされるようになりました。

妻が肛門性交ができるようになってから、夫婦のセックスも時々許してもらえるようになりました。

「でも、アナルは先生専用だからね。私、アナルはずっと一人の人のために守リ通したいの。SYUちゃんは先生が許したときにおまんこだけ。もちろん中出しは今まで通り禁止よ。コンドームにしてね。SYUちゃんの液が入った汚いおまんこ、先生になめさせるわけにいかないでしょ(笑)」

「ひどいな。ぼくの液は汚いのか?」

「そうよ。先生のは綺麗で興奮するけど、SYUちゃんのはイヤ(笑)でも、こう言われるとSYUちゃん、立ってくるでしょ?」

「うん」

「素直になったね。いい子ちゃんにはまた、おまんこに中出ししてもらったら、なめさせてあげるから、楽しみにしてね。それともたっぷり嗅ぎながらオナニーしたい?SYUちゃん、やった日のおまんこの匂いにも興奮するんだよね」

私たち夫婦は平気でこんな話までできるようになっていたのです。

更に数日後のことです。

その日は珍しく妻は非常に暗く、ふさぎ込んでいました。

「ケンカでもしたの?なにかされた?」

「ううん。先生ね。。。しようって」

「なにを・・・?」

もうどんなことされても、私は動じないつもりでしたが、これは本当に予想外のことで、動転しました。

真紀は思い切ったように私に告げました。

「同棲プレイ」

「同棲って・・??」

「先生ね。今度の夏休み、1ヶ月ずっと私といたいんだって。どうしよう」

「どうしようって、そんなの無理じゃない。1ヶ月ずっとホテルで過ごすわけ?先生の家族は?」

「家族・・・先生、もう家族いないの」

「え?!だって結婚してるんじゃなかったっけ」

「・・・離婚したの。だから・・・」

私は頭の中で全てが理解できました。

田舎にいたはずの先生がなんでわざわざ、こっちに来ることになったのか。

それはたぶん離婚のせいじゃないのか?

そう考えると割り切っていたはずなのに猛然と恐怖心、不安、嫉妬がごちゃまぜになったような言い様もない感情が私にわきあがってきたのです。

先生は・・・本当は妻を盗るつもりなんじゃないのか。

私と別れさせ、妻と再婚しようと考えてるんじゃないのか?

その時はあまりの不安に震えと吐き気さえ起きたように記憶しています。

私はきっぱり言いました。

「そんなのダメだ!」

妻は私の気持ちを察したらしく、こういいました。

「SYUちゃん、私を愛してるよね」

「うん?・・・」

「私もSYUちゃんのこと愛してるよ。誰よりも。信じて。もちろん先生よりもだよ。先生もそれはわかってくれてるの。真紀と、どうのこうのなりたい訳じゃないって
はっきり言ってたし年齢も開きすぎてるし、とにかく、先生とはプレイなの。それもSYUちゃんに認めてもらってしてるプレイ。体だけのおつきあい。幸せだよ。他の人にはきっとわからないけど先生に抱かれてるときだって、私はSYUちゃんの優しい心を感じてるんだよ。私ね・・・ああ。。。恥ずかしいな。こんなこと面と向かって言うの。どんなことがあってもSYUちゃんについていくんだから。ね。だからSYUちゃんも私を信じて」

「・・・同棲プレイってどんなことするの?もっと詳しく聞かせて」

「あ。じゃあSYUちゃん、裸になって、寝てください。ちっちゃいおちんちんしごきながら、話してあげる。先生と打ち合わせしたこと」

私たちは寝室に行って、私はベッドに仰向けになりました。

妻は私のパンツに手をかけました。

「ほら~、SYUちゃん、やっぱり立ってるじゃない(笑)ね、嫉妬すると興奮するでしょ。同棲プレイだってきっと想像しまくって興奮しちゃうよ」

妻は私のペニスをつかみ、慣れたような手つきで前後に動かしました。

私はかすれた声でもう一度聞きました。

「具体的にどんなことするの?」

「夏休みの間1ヶ月。夏休みでも教師はよく登校するけど先生は今年、そんなにも学校出なくていいんだって。だから、先生の家でずっと二人で過ごすの」

「二人で・・・・。じゃあ、僕は?」

「SYUちゃんは想像しながら留守番(笑)いじわる?先生ね、私を奥さんにして一日中裸エプロン着せて家事させたり、ほら、前に話したでしょ。学生の頃先生に犬調教されたって。今度は本格的にやりたいんだって。だから、真紀が来たらペット用の檻を買ってくれるらしいよ。その中でね一日中調教されたり、それから、夜は・・・なんかよくわからないんだけど、とってもすごいとこに連れていってくれるらしいよ」

「僕を捨てない?」

私はペニスをしごかれながら、弱々しく情けない声で問いました。

「安心して。捨てないよ。でも、裸エプロンで家事なんて先生の奥さんになったみたいでしょ。SYUちゃん耐えられるかなあ?(笑)」

どんどん手の動きが速くなっていきます。

「ね。見たくない?ホントは見たいんでしょ。」

「何?」

「先生と私のプレイを実際に。」

ほらテレホンプレイ見せたとき、SYUちゃんすごく興奮してたもんね。

私も興奮したんだよ。あのね。先生、SYUちゃんが1ヶ月間いい子で留守番してくれたら、御褒美に・・実際はダメだけど、ビデオなら少しみせてもいいって」

「ビデオ???」

「同棲プレイできたら、調教記録としてたくさんビデオや写真を撮ってくれるんだって」

「ああ!真紀!顔に乗って」

私はいつものようにせがみました。最近では、妻が私の顔の上で汚れたおまんこを押し付け、ぬるぬる動かしながら、私のペニスをしごくのです。

「いいよ。ほら。今日もきっとSYUちゃんの好きな匂いになってると思うよ。きれいにして」

私は必死で舌を這わせます。

もう、以前の妻の味や匂いじゃないのがはっきりとわかります。

妻の分泌物で顔がべとべとに汚れてきます。

その分泌物は妻と他の男が一緒に作ったものなのです。

そういう事実に私はまた興奮し・・・。

「ほら!先生の大っきくて立派なちんぽがここに入ったの。もうSYUちゃんの可愛いおちんちんじゃ感じないかもしれないよ。」

妻はお尻と、手を激く動かしながら私を責めました。

「言って。もっと!」

「SYUちゃんのは短小!仮性包茎。先生のがいい!マゾ男!いい?同棲?いいよね?SYUちゃんも興奮するよね?ダメっていったら動かすのやめま~す。いや、許すんじゃなくってSYUちゃんからお願いして」」

私はついにたまらず、「いい!同棲してほしい。1ヶ月先生に愛されて、いい女になってきて」

と言わされながら射精したのでした。

妻と先生とのとんでもない変態行為 長編⑤へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (3)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!