【スワッピング体験談】ベロチューと舌フェラだけで妻をエロく見せる隣のご主人

1db9ebad
俺 30歳 サラリーマン ケン
妻 25歳 主婦 ミキ

隣人のご主人 25歳 経産省官僚 トオル
隣人の奥さん 28歳 アパレル勤務 アキ

俺と嫁のミキとの出会いは3年前。



大学を卒業したミキが俺の働いていた会社に新入社員として入社してきたことがはじまりだった。

当時入社してきた女性社員の中でもミキは群を抜いて可愛く、社内のほとんどの男がミキのことを狙っていた。

大袈裟だと思われるかも知れないがミキは本当にモテて、当時、俺も嫁を狙っていた者の中の一人だった。

幸運にも神が味方してくれたのか、入社してすぐミキのデスクが俺のデスクの真横になり俺の積極的なアプローチもあってかミキとは日を重ねるごとに親しくなり、数か月の交際を経て2年前に結婚までもちこんだ。

早く結婚にもちこんだのはミキを嫁としてどうしても自分のものにしたかったからだ。

仕事もすぐに辞めさせた。

結婚と同時にローンを組み、そこそこいい家も買い、順調に夫婦生活を送っていた。

家を買い、慣れない土地に越して来た自分達夫婦に一番親切にしてくれたのが隣人夫婦のトオルさんとアキさんだった。

彼らが、周りの人達と私たちの関係を取り持ってくれたおかげで幸せな生活が送れている。

それからお隣さんともさらに仲良くなり隣のご主人のトオルさんと俺はよく飲みに行く仲になっていた。

お隣のご主人は俺よりも年下だが、信じられないくらいしっかりしており恥ずかしながらいつも俺のほうが相談を聞いてもらっていた。

さらにトオルさんは官僚として働いているため年下とはいえ給料は俺の倍近くあり、おごってもらうことも多々あってトオルさんとは友達のような関係になり、年の差関係なくタメ口で語り合う関係になっていた。

むしろ俺のほうがたまに彼に敬語を使っていた。

飲みの席ではお互いにいい歳なこともあり、気がつけばいつも下の話で盛り上がっていた。

驚くことにトオルさんはしっかりしている見た目とは裏腹に過去にやることはやっていたみたいで、今までの女性経験は二桁後半に届きそうなくらいだそうで、アブノーマルなプレイ体験などもよく聞かされた。

トオルさんは俺からみてもイケメンで、そのうえ官僚勤めというハイパースペック、さらに学生時代、数々の女を斬ってきたという男で、どうあがいても俺の勝てない男だった。

ちなみに俺は嫁が2人目の女性で、夜のテクニックにはもっぱら自信がなく、そのことについてもよく相談にのってもらっていた。

いつものようにお隣のご主人と飲んでいたある日、珍しくいつも俺の相談を聞いてくれる側に回ってくれていたご主人から相談をされた。

ご主人がどうも奥さんのアキさんと、そうとうひどい喧嘩をしてしまったそうで、今回ばかりは本当に修復が難しく困っているという内容の話だった。

トオルさんは別れたくなくいろいろな手を尽くしたそうだが関係は悪化するばかりだそうで、最後の手段として一つ試したいことがあるとお願いされた。

その手段こそがスワッピングだった。

俺は驚きすぎて一瞬頭が真っ白になった。

お互いの嫁を交換するなど、今までの生活で考えたこともなかったからだ。

いつもトオルさんにお世話になっているため、その場ではしっかりと断ることができず、とりあえず嫁に相談するということで、その場は終わった。

翌日の夜、寝室のベッドのなかで、ダメもとで嫁にスワッピングの件について話してみた。

嫁は案の定、絶対に嫌だと言い首を縦にはふらなかった。

俺は期待通りの嫁の反応に内心、すごく安心した。

翌日、飲み屋でトオルさんに昨晩ミキがスワッピングを頑なに断ったことを話すと、どうもトオルさんの奥さんであるアキさんはスワッピングを了承したそうで、時間はかかってもいいから私達夫婦の存続のために一肌脱いでくれないかとのことだった。

あまりにも真剣な目のトオルさんに押されて思わず「はい」という二文字を口からもらしてしまった。

改めて嫁にスワッピングの件について、お隣さんが離婚の危機にあることなどを考慮し、どうにかならないか毎日、毎日、相談をした。

一週間ほどたったある日、とうとうミキがお隣さんとのスワッピングを了承した。

お世話になったお隣さんが別れることはミキにとってもつらく感じるようで渋々OKサインをだした。

このことをお隣のご主人に話すとご主人は大喜びし、すぐにでも始めたいと、初スワッピングが次の土曜日に決まった。

時が流れるのは早いものですぐに約束の土曜日がやってきた。

スワッピングはお隣さんの家ですることになった。

初めはお互い緊張するだろうということで別々の部屋でスワッピングしようということになった。

私達夫婦がお隣の家に着くとトオルさんとアキさんが心地よく迎えてくれた。

お隣の嫁は改めてみると、ミキに負けないぐらいの美人で、尚且つEカップはあるであろう巨乳の持ち主で、俺は興奮と緊張に押しつぶされそうになった。

実をいうと前から少しアキさんのことをエロい目でみてしまうことが多くあった。

我にかえり、ふと横を見るとミキは緊張で、目でわかるほど震えていた。

無理もないと思った。

嫁も俺と同じで今までの経験人数は一人しかいなく、尚且つその彼も性に関しては疎かったそうで、性に関してはすごく奥手なのだ。

俺との性行為の際もバックなどは嫌だと言い、いまだにしたことがない。もちろんコンドームなしで一度も行為をさせてもらったこともない。

嫁の震えを察したのか、とりあえず4人で談笑でもしようかという話になり、私達夫婦はリビングに招かれた。

ミキとトオルさんは年齢が同じということでうちとけるまでそう時間はかからなかった。

俺とアキさんも割と年が近かったためすぐにうちとけることができた。お酒がはいってたことがさらに良かったのかもしれない。

場が和んできたところで突然アキさんが酔っぱらってしまったのか俺の唇にキスをした。

一応覚悟はしていたものの、あまりにも突然すぎて頭が真っ白になってしまった。

その間にアキさんは俺のアソコを素早くズボンから取り出ししごきはじめた。

しばらくしてやばいと思い、腰を引こうとしたが、時すでに遅く、俺はアキさんの手の中で逝ってしまっていた。

しばらく放心状態に陥ってしまっていたが、ふと妻の存在を思い出しミキの方に顔を向けると、ミキは今にも泣きだしそうな顔でこちらを軽蔑した目で見ていた。

それを見たアキさんはミキを挑発するように自らもズボンとパンツを脱ぎ捨て、はやくも俺のアソコにのっかってきてしまった。

抵抗することもできたが、そういう行為をするためにここに来たことを思い出し、とうとう俺とアキさんは結合してしまった。

アキさんが俺の上で激しく腰を振り始め、俺も初めのうちはミキがみていることもあり何もせず我慢していたが、あまりの快感にアキさんの腰振りに応えてしまい自らも思いっきり腰を振ってしまった。

ミキがどんな顔をしてるいるか確かめると案の定、顔を真っ赤にして呆れた顔をしていた。

やはりミキは心の中でもしかしたら俺が自分のことをきずかい、スワッピングをギリギリで断ってくれるかもしれないと期待していたのだろう。

それが俺がいきなり目の前でアキさんとおっぱじめたもんだからそうとう呆れたのかさらに今にも泣きだしそうな顔になっていた。

そうこうしているうちにミキがトオルさんの「お風呂にいこっか」という誘いに二つ返事で了承してしまった。

俺がアキさんとおっぱじめてしまったせいでミキは「はい」というしかなかったのだろう。

俺がアキさんとのSEXに夢中になっている間にミキはトオルさんと部屋からでていってしまった。

ミキが部屋から出て行ってしまった後も俺とアキさんの情事は続いたが、俺は少々早漏れ気味なこともあり、20分ほどで情事を終えてしまった。

20分の間に3回も逝ってしまった。

途中何度もアキさんがフェラチオをしてくれ俺のアソコは元気になったが、さすがに5回目は俺の体力では不可能だった。

アキさんが物足りなさそうにしているのをみて自分の不甲斐なさに落ち込んでいると、アキさんが「ここで何もしてない状態もあれだから、トオルたちがどんなことしてるか、こっそり見に行ってみない?」と俺に言ってきた。

俺もミキがどうなっているか、いてもたってもいられなくなり、こっそりアキさんとお風呂場に向かうことにした。

脱衣所につくとわざとトオルさんがそうしたのか、中が見れるように少しドアが開けられていた。

俺は息を殺してミキにばれないようにこっそり風呂の中を覗き込んだ。

その瞬間、頭が真っ白になった。

ミキとトオルさんが裸でお互いの顔を見つめあいながら結合はせず対面座位の状態で抱き合っていた。

トオルさんの余裕ですました顔に対し、ミキは俺以外と裸で抱き合うなんて考えたこともなかったのだろう、照れで死ぬほど顔が赤くなっていた。

俺もこういうことになることは仕方のないことだとは思ってはいたけれども実際に嫁が他人と裸で密着している姿を見ると、脳にすごいショックを受けてしまった。

嫁は恥ずかしさからであろうトオルさんから何度も目をそむけるが、トオルさんはそのたびにミキの顔をやさしく自分と見つめあえるようににロックし見つめあっている間にもトオルさんは「かわいいね」「俺たち夫婦じゃないのに裸でだきあっちゃってるね」「ミキちゃんみたいな子とこんなことできるなんて幸せ」などと甘い言葉をささやき、ミキの顔は今まで俺がみたことないくらいに蕩けきっていた。

数分見つめあった後、トオルさんがロックしているミキの顔を自分の顔に近つずけ、「舌だして」とミキの耳もとでつぶやいた。

ミキが躊躇していると、トオルさんの手がミキの顔から胸に移った。

キスはあきらめたのか、トオルさんがミキの乳首をやさしくほぐしはじめた。

ミキはトオルさんにギュッと乳首をつままれるたびに「あっ・・ん・・」と声をもらした。

次第にトオルさんはミキの乳首を上下に引っ張ったり、思いっきり摘んだりして、自分の所有物が如く扱った。

ミキはしだいに「んっ~あっあっあっ」と声を絶え間なくだすようになり、完全に体をトオルさんにあずけてしまった。

このときを待っていたかのようにもう一度トオルさんはミキの顔をロックしもう一度ミキの耳もとで「舌出して」とつぶやいた。

ミキは先ほどと同様に少し躊躇したが、今度は数秒後、舌をトオルさんに向けてべろ~と出してしまった。

トオルさんの「もっとだして」というささやきにこれでもかというぐらい舌をだすミキ。

トオルさんもそれに応えるように舌をべろ~と突き出し、ミキの舌にこすりつけた。

風呂場には舌をこすり合わせる音だけが響いており、ミキとトオルさんが舌をこすり合わせてベロチューをしている。

俺は何ともいえない感覚におちいった。

あのミキがベロチューをするなんてとてもじゃないがしんじられなかった。

普段俺がキスをする際も舌を入れようとすると気持ち悪いといい拒絶するミキが。

今、目の前で気持ちよさそうに頬を赤らめながらトオルさんとベロチューをしている。

この一連の行為をみることにより俺のアソコは知らぬまに元気を取り戻していた。

ミキとトオルさんは、まだ舌と舌を絡ませあっていた。

もう完全にお風呂場はミキとトオルさんとの2人だけの世界になっているようだった。

しばらく様子を見ていると、トオルさんがミキの舌を「ペロペロ、チュパチュパ」と吸いだした。

いわゆる舌フェラというやつなのだろう。

舌フェラなんて漫画の世界でだけのキスだと思っていた。

こんなキス、やっぱりミキが好きなはずがないと彼女の顔に目を向けると、先ほどと同様、いやそれ以上に頬を赤らめ今まで俺に見せたことのないようなエロイ顔で体をよがらせて、この行為を受け入れていた。

そして驚いたことにトオルさんが焦らすように顎を引くとミキもそれにあわせるように顔をトオルさんに近ずけ舌を突き出した。

俺はキスと乳首への愛撫だけでこんなにミキをエロくさせられるなんて思ってもなく、とてつもない敗北感に襲われた。

俺のSEXがトオルさんのキスだけに負けた気がした。

俺はSEXでもミキをこんな顔にできたことがない。

こんなやりとりが数分間続いた後に、ふとトオルさんがキスを辞めミキにつぶやいた。

「もっと気持ちよくしてほしい?」と。

ミキはその質問に対し、あれだけ感じていたにも関わらず、やはりまだスワッピングを受け入れられてはいないのか黙り込んでしまった。

俺的にはもうここらへんで嫁を返してほしかった。

キスだけでミキをこんなにさせられたのに、これ以上のことをされると本当にミキがどうにかなってしまうのではないかという恐怖に襲われた。

ミキが答えをだしきれず黙っていると、トオルさんはしびれを切らしたのか、またミキの乳首をいじくりだした。

ミキはどうも乳首への攻めに弱いみたいで、すぐに快感の喘ぎ声をあげてしまっていた。

ミキの喘ぎ声が響く中、トオルさんがもういちど「もっと気持ちよくしてほしい?」とミキにささやいた。

ミキは「んっ・・・でもケンちゃんにわるいからっ」と喘ぎ声をあげながらも俺のことをきずかってくれ躊躇していたのだが、トオルさんに、

「でもケンさんもうちのアキと今頃よろしくやってるよ。」と乳首を思いっきり引っ張られると快感に負けてしまったのか、ミキは「んあ・・ん お願いします。」と返事をしてしまった。

するとトオルさんは「仰向けになって」といいミキをやさしく押し倒し両足を押し広げた。

ミキはトオルさんによって仰向けになったカエルのような体勢にされてしまった。

そしてトオルさんはミキの両足を押し広げたまま、その大きなイチモツをミキのアソコに押し付けた。

そのまま挿入するのか?と驚いたが、さすがにそこはミキも「絶対ダメ」と拒否してくれた。

そこでトオルさんが「コンドームはあっちの部屋においてきちゃったしな~」と困っていたので、そろそろ風呂から出てくるはずだと、俺とアキさんは慌てた。

ところがトオルさんは風呂場からは出てこず、ミキとコソコソ話し出したかと思うと、ミキの両足首をもち、挿入はせず、アソコとアソコが擦れるように腰を振り始めた。

トオルさんは自分の腰と連動するようにミキのM字に開いた両足を上下にさせた。

挿入もせず、なにをしているんだと俺は思っていたが。

しばらくするとミキの口から「あっ・・あっ・・ん」という喘ぎ声が漏れだした。

トオルさんは「これならOKでしょ」と腰の振りを激しくし、「太ももで俺のモノ挟んでみ、もっと気持ちよくなるから」とミキの耳元でささやいた。

ミキも気持ちよかったのか素直にトオルさんのイチモツを太ももではさみ、トオルさんの腰の振りに身体をあずけているようだった

「はっ・・・はっ・・んあ・」とミキの呼吸はしだいにあらくなり挿入はされてなくてもはたから見れば本当にSEXしているようでやばいくらいにエロく感じた

アソコが擦れるだけであんなに気持ちよくなるものかと疑問に思っていると横からアキさんが「あ~トオルの素股攻撃くらっちゃったか~。あれやられるとどうしても、もう挿れて~ってなっちゃうんだよね~」

「ミキさんも絶対やばいよ 私も初め、あれで生ゆるしちゃったから」と俺の横でつぶやいた。

ミキの喘ぎ声は激しくなり、えっ生?と何とも言えない感じが俺の脳をかけめぐった。

そしてトオルさんが「ミキちゃん気持ちいい?もう挿れちゃっていいんじゃない」と言った瞬間、俺は無意識にお風呂場のドアを開けてしまっていた。

ミキと目があった瞬間、「嫌っ、えっ、なんでこっちにいるの」とミキは驚き、トオルさんから遠のいた。

俺がドアを開けてしまったせいで場の雰囲気が壊れてしまった。

トオルさんは俺の前でもまだ続けようとしてたけど、ミキが恥ずかしいと泣き出し、気持ちが不安定になっていたので、その日は続きをせず自分たちの家に帰らせてもらった。

数日後、ミキの気持ちも安定し、続きはまた来週の土曜日にしようということになった。

ミキがトオルさんのことを好きになったりしたらどうしよう。とあの後、何度も俺はミキを求めた。

毎晩、毎晩愛を確かめ合い、ミキの「絶対トオルさんを好きになったりなんかすることはない。死ぬまで私が好きなのはケンちゃん」という言葉に安心させられた。

ダメもとで生での行為も求めてみたが、ミキは「それは子供つくる時だけだから今は駄目、でもいずれケンちゃんと」と言い、結局今はやらしてくれなかった。でもちゃんと考えてくれてるんだなと俺は安心した。

あの時、正直俺はスワッピングを中断できてよかったと思っている。

あのまま続けていたらどうなっていたか怖くてしかたなかったからだ。

だから次のスワッピングからはある程度のルールを決めて行えるようにしてもらった

What do you think of this post?
  • エロくない (6)
  • エロいいね (6)

厳選記事PICKUP!