【援交体験談】オカズになってくれる女子高生「さわらせ屋」

87f3155f
俺の住む、関東地方の某県の某女子校は、円光の多いので地元でも有名なのだが、そこで今までと違う、円光が出てきた。

本番はなしで、オカズになってくれる「さわらせ屋」というのが出ている。

おやじ相手の円光だと、金にはなるが、本番までやられてしまうし、ビデオとかで流されるのが怖い。

だから、若い、彼女いなそうな会社員や大学生を逆ナンして体を見せたり触らせたりするだけで、自分で抜いてもらおう、というもの。

それだけで5000円、そこに手コキがプラスで10000円だった。



俺は、営業の仕事をしてるのだが、ちょいと上手くいかず、いつものデパートの前で一服し、サボっていた。ここは地元の女子校生が多い若者スポットで、ミニスカが多く拝めて、目の保養になる。

彼女のいない俺は、ちょくちょく来て視姦していた。

ふと、ショーウィンドに、バイクのハーレーが飾ってあった。

バイク好きでもある俺は何気なく見ていた。

すると、そばでバイクを見ていた二人の女子校生が話しかけて来た。

「かっこいいですよねー、バイク好きなんですか?」

「ああ、好きだよ、、」

何気なく話が少し盛り上がり、すぐ隣のファーストフードでお茶しながら喋る事になった。

一人は、髪がセミロングで目が大きい子、もう一人はショートで少しだけポチャっとした子。

同じ制服で、円光で有名な某女子校だ。

二人とも、スカートは超短く、白くておいしそうな太もも。

紺のハイソックスを履いていた。

しばらく、話した後、セミロングの子が小声で話し始めた。

「ところで、彼女と待ち合わせなんですか?」

「違うけど、仕事がつまんなくてね。彼女いないし、暇してたんだ」

セミロングの子は、少しクスッと笑って言った。

「暇だったら、ちょっと遊びません?お兄さん話も合うし、格好いいんだもん」

「えっ、暇だからいいけど、、、」

俺は、この学校の円光の噂は聞いていたので、少し期待で、心と股間が膨らんだ。

俺は、女の子二人と、何故か自然に、デパートの一番上の階へ向かっていた。

一番上の階は、マイナーな映画館でいつも閑散としている。

そこまで来ると、セミロングの子が小声で話し始めた。

「、、もし、おこづかいくれたら、、いいもの見せてあげるよ」

「えっ、、でも、円光みたいで、ヤバくない?」

「ううん、、お兄さんの、オカズになってあげるだけだよ、、ホテルとかはいかないよ」

俺はドキドキしながら、何気なく、映画館奥のトイレへ3人で向かった。

この階はトイレが2ケ所あり、皆んな入り口近くのトイレを使う為、奥のトイレはほとんど誰も来ない。

しかも、今日は平日と言うこともあり、閑散としてる。

俺は、トイレの中に、セミロングの子と2人で入った。

もう一人の子は、外で一応見張りをするらしい。

一番奥の個室へ入ると、セミロングの子が話し始めた。

「お兄さん、彼女いないから、いつもビデオとか見て、一人でしてるの、、?」

「そ、そりゃ、男だからね。仕方ないだろ」

「今日はビデオなんかじゃなくて、本物見せてあげるから、抜いていいよ、、」

そんなセリフを聞いただけで、俺の股間はムクムクと膨らんできた。

俺は、たまらずぎゅっと抱きしめた。

女の子の甘い香りがして、興奮した。

「君の名前はなんてゆうの?、、、」

「愛だよ、、。お兄さん、もう膨らんで、なんか私に当たってるよ、、、」

「愛ちゃん、、」

俺は、ミニスカの中に手を入れ、パンティーの上から、ヒップを撫で回した。

もうビンビンだ。

愛ちゃんが、俺の肩を押して、「お兄さん、しゃがんで、、」と言った。

漏れは、言われるがままにしゃがむと、俺の目の前は、丁度、愛ちゃんのおまんこのあたりの位置だった。

愛ちゃんは壁に背中を寄りかかり、腰を前に突き出すようにのけぞって、ミニスカートを思いっきりめくり上げた。

ピンクと白の横縞のパンティーで、腰を突き出しているので、おまんこのあたりがふっくらと膨らんで、たまらなくセクシーだった。

俺は、チャックを下ろし、視姦しながら自分でしごきはじめた。

「すごいセクシー、、たまらないよ、、愛ちゃん、食べちゃいたいよ、、」

俺は、パンティーの上から、おまんこの膨らみに、鼻を埋めた。

「やだ、、、汚いから、恥ずかしいよ、、、」

ちょっと汗っぽい香りと、オシッコの匂いがまざって、とてもセクシーな香りだ。

俺の右手は、あまり速くしごくと、もうイキそうなので、止めたりしごいたりを繰り返していた。

「愛ちゃん、、、見たくなっちゃったよ、、」

俺は、パンティーに両手を掛けて、太ももまで下ろした。

「やだ、恥ずかしいよー、、」

愛ちゃんのおまんこは、毛が上の方だけ生えていて、その下はピッタリと、

縦の割れ目が、子供のように閉じていた。

割れ目の周りが少し黒くなっていたが形は綺麗なタテスジで、たまらなく興奮した。

俺は、チュッと口づけた後、割れ目に舌を埋めて、舐め回した。

少しだけオシッコの味がしたが、臭くも無く、たまらなくおいしく感じた。

愛ちゃんはピクピク体を動かして、目を閉じている。

俺があまりにもハアハアしていたのか、愛ちゃんが「もうイキそう?他に見たい所ある?」と聞くので、漏れは、「後ろ向いてくれる?」とお願いした。

愛ちゃんが後ろを向くと、俺はスカートをめくり、かわゆい白いヒップに顔を埋めた。

お尻の穴を舐めたいが、足を閉じているので、穴まで舌が届かず、周辺を仕方なく舐め回した。汗っぽい味がたまらなかった。

愛ちゃんが「お金、、少し多めにくれたら、私が手伝ってあげるよ、、」と言うので、俺は興奮絶頂で、即OKした。

今度は俺も立ち上がり、愛ちゃんを抱きしめると、やさしく俺の棒をしごきはぎめた。

柔らかい手で包みこみ、少しぎこちない感じではあったが、上下にマッサージをしてくれた。

俺は、もうすでにイキそうで、時々止めたり、コントロールをしないと発射してしまいそうだったので、愛ちゃんのシコシコは、一気に登りつめる感じだった。

もう、精液が、根本まで爆発寸前で、来ている感じだ。

「も、もう出ちゃいそうだよ、、」

「いいよ、、思い切り出して」

愛ちゃんが強く握りしめると、俺は全身に電気のような痙攣が走り、棒に一気に血液があつまったように熱く堅くなり、腰を前に突き出した。

「で、出ちゃう。ううっ!」

根本で爆発寸前だった熱い精液は、一気に棒の中を駆け上り、トイレの壁に向かって発射した。

愛ちゃんはその瞬間も激しくしごいてくれて、最後の一滴まで、強い快感で残らず発射した。

愛ちゃんは、「気持ちよかった?内緒にしといて下さいね」といい、1万円を受け取ると、外で待っていた子と二人で、その場を急ぎ気味に去っていった。

その後、愛ちゃんたちを何度か見かけたが、恥ずかしい&トラブルが何か起きる事が怖いという事で、声は掛けていない。

ただし、オナヌィーのオカズには、何回も思い出して、使い抜きました。

What do you think of this post?
  • エロいいね (27)
  • エロくない (7)

厳選記事PICKUP!