【JCとの体験談】援交で13歳中学生の処女を頂いた。あの時の興奮は、もうニ度とない

f5f1e68e
10年くらい前、10時くらいから援助交際目的でテレクラへ行きました。

目的が援助交際なので最初の会話は単純。

「何歳?」、「いくら?」、「いまどこ?」の三つだけ。

土曜日の午前中だったのでお客さんが少ないためか、電話は比較的とれていました。

10代とやりたかったので、それ以上の女は「何歳?」の会話だけでガチャ切り。



待つ事約三十分。

「何歳?」と聞くと

「X7歳!」

ソッコウOKだったんですが、

「処女なのでフェラだけ」とのこと。

いいかげん待つのも飽きていたので、とりあえず待ち合わせ場所の近くの公衆電話へ行く事に。

着いたら、「おいおい!どう見ても、その年令には見えねーぞ!小○生かな?」みたいな「女の子」がいました。

身長150センチあるかないか。しかも、かわいいマゴギャル系。

食わなきゃ損、損!

どうせ、「フェラだけ」なんて約束守る訳ないし。

でも、念のため、いつものラブホは避けて、車で直接入れるモーテル系にいきました。

私が童顔で当時は、そこそこ見れる方だったので、相手も気に入ってくれて会話ははずみました。

名前は「絵美」。

年は「X3歳、中○生」と白状しました。

援助は3回目で私のような若者(当時 二十七才)は、初めてで嬉しいと行ってくれました。

「援助しているのに、なんで処女なの?」と聞いたら、

「前に援助したときに入れられそうになったけど、ちっちゃくて入らなかった」

とのこと。

前のおっさんに心の中で感謝してから、部屋に入るなり椅子に座り、

「チャック下ろして、チンチン出して舐めな!」

というと、少し恥ずかしがりながら小さい手で、まだ洗ってない息子を取り出し、小さい口で舐めはじめました。

フェラ自体が3回目なのか、慣れていないようでした。

でも、お金がほしいから、一生懸命舐めています。

でも私の息子は平均以上なので、くわえても3分の1くらいしか口に入りません。

それでもなんとか射精してもらおうと、がんばっています。

カリ舐め、茎舐め、玉舐め、玉転がし、くわえさせて強引に頭をつかみピストン運動。

しまいには、洗ってないアナル舐め。

一通りのことを教えて楽しんだ後、中断。

「お風呂入ろうか?」と優しく声をかけ、いっしょに入浴することにしました。

服を脱がせてパイパンに近い陰毛を見て興奮!

目的は「ハメる事」なので優しく体を洗ってやり、いろいろな会話をして、リラックスさせました。

ベッドに行き「さっきの復習をして」とフェラを促すと絵美は、私が教えた通りに私の感じるツボを舐めはじめました。

2、30分フェラをさせた後、

「疲れた?」

と声をかけると、チンチンをくわえたまま、コクリと頷きました。

「じゃあ、一回中断して、オナニー見せてよ!」

というと、以外に素直に始めました。

自分でアソコを開かせると、フェラで少し感じていたのか、あきらかに愛液とわかる液体が確認できました。

絵美は少し恥ずかしがっていましたが、しばらくすると声を上げはじめました。

目の前でオナニーを始める小○生のような女の子。

そのシチュエーションに、もう限界だったので、

「オレも手伝ってやるよ!」

と強引にシックスナインの体勢に持ち込みフェラ再開です。

アソコを舐めてやると感じやすいのかオナニー慣れしているせいか、喘いできました。

体勢を変え、絵美に私の指で愛撫しているアソコを見せてやりました。

「すっごく濡れてるよ」と耳元で囁くと恥ずかしそうに「うん」と言いました。

ここまで来たら行くしかない!と、正常位の形に持ち込み、

「おまえのフェラじゃ行きそうもないから、絵美のアソコに入れるよ!」

と言い、絵美も半分あきらめたように、

「優しくして下さい」と恥ずかし気に返答しました。

「和姦成立、計画通りっ!」と頭の中でファンファーレがなるのと同時に亀頭をめり込ませました。

さすがに、かなり濡れているとは言え、前のおっさんが入れようとしてもダメだった絵美のアソコは、亀頭を入れた辺りから極端に狭くなってます。

でも、ここであきらめたら今までの仮面紳士の苦労が水の泡になる。

ローションを使う事も考えましたが、絵美の苦痛に歪む顔を見て、

「このまま、ジワジワと貫通しよう」と思い直し、少しずつ、少しずつ絵美のアソコに息子を埋めはじめました。

動くたびに小○生のような絵美の歯を食いしばる顔。

時折、漏れる悲鳴にも喘ぎ声にも聞こえる声。

和姦とは言え、レイプに似た感覚でした。

挿入してから3分ほどかけて見事に貫通!

「絵美、入ったか?」と聞くと黙ってうなずきました。

絵美の左手を結合部に持っていき確認させ、

「今からが本番だからね!」と有無を言わさずピストン開始!

「痛い、抜いてよ!」と絵美は叫び始めました。

私は、それに対して「年上に向かって命令するなよ!」と本性発揮!

入れたまま絵美に結合部が見える体勢に変更。

息子には少し血が付いてました。

顔を背けながら絵美は、

「ごめんなさい!ダメ!」と頼みましたが当然、無視。

少し疲れたので騎上位に体位を変え、

「許してお願い」となんとか抜こうとする絵美に「今やめてもいいけどお金払わないよ。」と言いながら、絵美の腰をしっかりつかみ下から突き上げました。

絵美はあきらめたのか、抜こうとするのをやめ、私に全てを委ねるように起き上がった私の背中に手を回しました。

もう一度、正常位になり、優しくキスをしながら、

「まだ、痛い?」と聞くと絵美は、

「少し気持ち良くなってきた。」と喘ぎながら言いました。

もう、私の息子はフェラの時から爆発寸前だったので最後のピストンラッシュ!

絵美の口からは明らかに喘ぎ声が!「こんな子でも感じるのかー?」と感心しながら頂点に達しました。

「絵美の中に出すぞ!」と絵美の返答を待たずに中出し!!

それと同時に絵美はグッタリしてました。

多分、イッタのではなく、やっと終わったという緊張感から解放されたためでしょう。

私は、最後の1滴が注がれるまで、X3歳、処女だった絵美のアソコの感覚を楽しみました。

絵美の耳もとで「気持ちよかったよ。ありがとう。」と言いながら息子を抜き、絵美の膣から流れる赤い精液を眺めました。

そのあと、絵美にプリケーを買い与え、また会う約束をし、別れました。

今でも関係続いているけど、あの時の興奮は、もうニ度とないんだよなー!

厳選記事PICKUP!